カテゴリー別アーカイブ: 配線関係

*ジャズベースのピックアップ(シングルx2)を活用して直列のハムバッカーにする方法

今回は、お客さんから頂いたジャズベースのカスタムのご質問を元に書いてみます。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

ジャズベースは、通常「ネックピックアップ」と「ブリッジピックアップ」が、パラレル(並列)接続されており、各ピックアップがハムバッカーになるようにコイルの巻き方向、磁極が逆になるように組み合わされております。
この組み合わせにより、ミックス時のサウンドは、ハムノイズ(ジーっていうノイズ)がキャンセルされるようになっています。
これはいわゆる(LPなどに使われているギターの)ハムバッカーと同じコイルの組み合わせになります。
この組み合わせが、ジャズベースの独特なサウンドを生み出している要因の一つでもあるのですが、このピックアップの特性を活かして、ジャズベースをシリーズ(直列)接続に組み直す事で、パワフル&ノイズレスなジャズベースに覚醒させることが可能になります!
ジャズベース
通常のジャズベースは、ネックピックアップとブリッジピックアップが、パラレル(並列)に接続されており、軽快なジャズベースを生み出しています。(下の図、左側)
ジャズベースのピックアップの特性を活用して、シリーズ(直列)に接続しますと、ジャズベースなのに、プレベの様な力強い中低音が出せる様にんるんです。
ジャズベースは、ピックアップの組み合わせが元々ハムバッキングになっていますので、パラレルでもシリーズでもハムノイズはキャンセルされます。
回路を変更しただけのジャズベース
切り替えとかややこしい。。って場合は、どちらかの配線カスタムで良いと思いますが、ジャズベースの音も好きだし、もーちょっと中低音出したい!なんてお考えの方には、切り替えスイッチを装備して、「パラレル⇄シリーズ」を切り替えて使える様にする事をオススメします。
スイッチを装備した場合
ミニトグルなどで切り替えスイッチを装備すると、上の図の様に「パラレル⇄シリーズ」を瞬時に切り替えて使える様になります。
ジャズベースなのに、プレベ的に力強い音も出せるなんて面白そうじゃないですか?

そんな訳でここからは、ジャズベースの「パラレル」接続、「シリーズ」接続の配線カスタムについてシェアします(^_^)

まずは一般的なジャズベースのノーマルの回路。

一般的なジャズベース回路(パラレル)
各ピックアップからの出力がそれぞれに独立してアウトプットされます。
これが並列接続。

次にシリーズ接続バージョン。
ハムバッカーのジャズベース回路(シリーズ)
ブリッジピックアップからの出力がネックピックアップに入力され、ネックピックアップの出力も合わさってアウトプットされます。
これがシリーズ接続。

上の2つの回路を採用すると、いずれかの接続方法のみの出力になりますが、実は、切り替えスイッチを追加する事で、2つのサウンドを切り替えて使うことができる様になります。

それが下の図。
スイッチを装備したジャズベース回路
ミニトグルなどのスイッチを組み込むことで、上記2つの回路を切り替えて使えるんですねー(^_^)
ミニトグルってめっちゃ便利。

ジャズベースなのにプレベっぽいパワフルサウンド!
バンドで、もうちょいパワー欲しいなーとかいう場合に、こんな無添加(エフェクターとか使わず)のパワーアップ、ちょっと面白そうじゃないですか??
あなたのジャズベースにも、ぜひ無添加の配線カスタムをお試しください。

あなただけの回路も考えてお作りしますので、お気軽にご相談下さいねー(^_^)

今回は以上です!

ポップギターズは、ギターのメンテやリペアも承ります!
ご愛用のギターやベースの調子が悪い、とか、こんな症状で困ってる、など困ったことがあったら、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*ストラトでハムバッカーサウンドを出す回路(のスイッチ仕様)

今回は、お客さんから頂いた問い合わせについてです。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

今回も非常にマニアックですのでご注意下さい(笑)

ポップギターズの配線済みアッセンブリのストラト用のシリーズに「HSH仕様」ってのがあります。
このストラト用HSH仕様の配線済みアッセンブリは、ストラトのセンターピックアップをブレンダーポットを使って、(ネックPU又はブリッジPUに)シリーズ(直列)で接続させて(ノーマルのストラトはパラレル(並列)接続)、通常のストラトでは出せない力強いサウンドを出せるようにできるスペシャルな回路です。
HSHの回路については以下のページでも紹介しております。

STタイプ配線済みアッセンブリ/HSH仕様のページ

このSTタイプ配線済みアッセンブリ/HSH仕様は「ブレンダーポット」を使って、ストラトのセンターピックアップの「シリーズ」「パラレル」を切り替えしているのですが、この切り替えを「スイッチ」を使ってできませんか?

と問い合わせを頂きました。

結論から申しますと、スイッチでも切り替えできます!!

と言うわけで、今回は、HSH仕様の切り替えをスイッチで行う場合の回路をシェアしたいと思います。
ストラト

まず、スタンダードなストラトの回路ですが、、、
スタンダードストラト回路
こうなってます。

各ピックアップが、並列に接続される回路ですが、ここにスイッチ(6P ON-ONなど)を追加して、センターPUの接続を「パラレル(並列)」と「シリーズ(直列)」に切り替えできるようにします。

それがこちら。。

ストラトHSH回路
上の図の太線の部分が、スタンダードな回路との違う部分です。

要するにネックPUとブリッジPUのコールド線を追加するスイッチ(図の右上)に接続し、スイッチ部分でアースに落とすか、セレクタースイッチのセンターPUに接続するかを切り替えると言うわけです。

こうすることで、スイッチ切り替え前は、スタンダードなストラトのコントロール。
スイッチ切り替え後は、センターPUをシリーズで接続した通常のストラトでは出すことの出来なかったサウンドが出せるようになるんですよー。
コントロール相関図
一応、コントロールの相関図を追加しておきます。
上の図は、ブレンダーポットの場合のコントロール図ですが、スイッチの場合もコントロールは、ほぼ同じです。
ただブレンダーポットと違って「オン」か「オフ」の切り替えのみとなってます。

ちなみに、こちらのページをみてお問い合わせ頂いたみたいです。

見た目はストラトそのまま!でもちょっと太くてヘビーなサウンド出してみたくないですか〜?のページ

今回もマニアックでしたねー(^_^;
最後までご覧頂いてありがとうございました。

ポップギターズは、ギターのメンテやリペアも承ります!
ご愛用のギターやベースの調子が悪い、とか、こんな症状で困ってる、など困ったことがあったら、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*テレキャスターにシリーズ接続回路(ブレンダー仕様)

今回は、お問合せ&オーダー頂いたテレキャスター用のスペシャル回路についてです。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

テレキャスターをお使いのお客さんから

「・ネックピックアップ単体
 ・ネックピックアップ+ブリッジピックアップ(並列)

 ・ネックピックアップ+ブリッジピックアップ(直列)
 直列接続時にトーンポットをブレンダーポットとして使う
 みたいな回路はできますか?」

と問い合わせを頂きました。

(問い合わせを頂いた直後のポップギターズ米澤の頭の中は・・・)
「ネックピックアップ/ネック+ブリッジ/ネック+ブリッジのシリーズか。そこにブレンダーポット・・・ちょっと無理っぽい感じするなー」

と直感的に思ったんですが、いや、ちょっと待てよ。
なんかええ方法があるかも。。

と思いまして、お客さんにはちょっとお時間をもらいまして、一日寝てからもう一回改めて考えて見たら

「おっ!100%ご希望添えるものではないけど、近いものやったらできるかも!?」

ってのを思いついて、すぐにサンプルの回路組んで試して見たら、以下のような回路ができました。

・ネックピックアップ(単体)
・ネックピックアップ+ブリッジピックアップ(並列)

・ネックピックアップ+ブリッジピックアップ(直列) ※ブレンダーオン時

一見希望の通りできている風に見えるのですが、実は、ブレンダーをオンのままネック+ブリッジピックアップ(並列)の位置にすると「ネックピックアップの単体」になってしまいます。
逆にブレンダーをオフのままネック+ブリッジピックアップ(直列)の位置にすると「ブリッジピックアップ単体」になります。

文面ではちょっと分かりにくいので図にして見ました。
以下、ご参照下さい。

まずは、ブレンダー「オフ」時
ブレンダーポットオフ
いわゆる一般的なテレキャスターのコントロールですね。
ブレンダーを「オン」にしますと・・・
ブレンダーポットオン
セレクターをブリッジ側にした時には、ネック+ブリッジピックアップの直列接続が出力されます。
しかも、ブリッジピックアップの音にネックピックアップを直列にブレンドしていけると言う強者仕様。
これは前にもご紹介しましたGreco ブギーの回路と似ているかも。
ブレンダーオン時のネック+ブリッジピックアップ(並列)ポジションがネックピックアップ単体になってしまうのが心残りではありますが、ご希望に近い回路ができました!って問い合わせ頂いたお客さんに連絡しましたところ、ご検討頂きましたの後、オーダー頂きました。
イエイ!一生懸命考えた甲斐がありました。
ありがとうございます(^_^)

トーンポットをブレンダーにしたスペシャル回路は以下の通り。

TLブレンダースペシャル回路
実際に組み込んだ回路はこんな感じです。
高い状態

気に入って頂けたら嬉しいなー(^_^)と思いながら梱包して発送しましたー。

今回も非常にマニアックな内容でしたねー。

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズは、ギターのメンテやリペアも承ります!
ご愛用のギターやベースの調子が悪い、とか、こんな症状で困ってる、など困ったことがあったら、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*S-S-HレイアウトのギターをH-H-H+タップスイッチにカスタム

今回は、問い合わせ頂いた配線カスタムについてです。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

先日、お客さんから

「S-S-H(シングル/シングル/ハム)のギターのネックPUとセンターPUをシングルサイズのハムバッカーに変えて(要するにハムーハムーハムのレイアウト)、タップスイッチを追加して、ネックPUとセンターPUをシングルとして使うようにしたいのですが、可能ですか?」

と問い合わせを頂きました。

そこで、以前にこのブログでシェアさせて頂きました「ハムバッカーなのにシングルコイルの音も出せるコイルタップ」のページを参考にして頂ければ、ご希望の配線カスタムができると思います(^_^)
とお返事差し上げました。
そして、その後、ブログの内容を元にお客さんが作った配線図を送ってもらったのですが、、、
お客さんから頂いた配線図
ブログの記事を参考に、苦労して配線を考えられた跡が随所にみられるのですが、残念ながら、このままではうまく機能しないと思います。。(※僕が作ったものではないので、画像は少しぼかしてます)

頂いたこの図を見て、ギターの配線などのカスタムに興味を持ち出した当初の事を思い出しました(^_^;
僕もギターのカスタムや配線に興味を持ってやり始めた頃は、意味が分からなくて、頭が爆発するんちゃうかなと思うことも多々ありましたのでw
そんな僕のブログをみて、ギターの配線に興味を持ってもらったって事に感動しました。

で、頂いた配線図では、うまく機能しないので、ご希望のコントロールになるように、配線図を書いてみました。
返答した配線図
こうやって見ますと、意外とシンプル。。
タップスイッチは、ミニトグルなどで単体で追加してもいいですし、スイッチポットなどで追加してもオッケーです。
これで、ハムーハムーハムの強力なギターとしても使えますし、タップすればシングルーシングルーハムの(要するに元々のレイアウト)ギターとしても使えるようになりますね。
スイッチとピックアップの相関図
コントロールは上の図の通りです。

もしあなたの愛用のギターのピックアップが「シングルーシングルーハム」のレイアウトの場合、ネックピックアップとセンターピックアップをシングルサイズのハムバッカーに交換し、コイルタップスイッチも追加すれば、そもそも「シングルーシングルーハム」のオールラウンドギターな面に追加して、「ハムーハムーハム」のハイパワーギターのキャラも手に入れることが可能になります!!
ネックポジションのハムバッカーの音って、いいですよねー。

今回は以上です!

ポップギターズは、あなただけのスペシャルなギター作りの為に、お役に立てる!・・・かも知れませんのでw、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*現行レスポールSTD風のコントロール回路

今回は、現行のGibsonレスポールのコントロールと同じ配線カスタムのご紹介です。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

先日、

「現行のレスポールスタンダードのアッセンブリ(基板に組み込まれたもの)を手に入れたのですが、これに〇〇(ブランド名)の4芯のピックアップを取り付け出来ますか?」

と問い合わせを頂きました。
この現行のレスポールの基板に組み込まれたアッセンブリは、少し曲者で、ピックアップやスイッチ類の取り付けが、従来のハンダではなく「コネクタ」で簡単に脱着が出来るようになっているんです。
これは、もちろん良かれと思っての仕様なんですが、他社製品やコネクタ仕様になっていないピックアップなんかを取り付けるとなると、ちょっと大変。。
専用のコネクターを使うか、基板を改造するか、で接続することは可能になります。。

・・・なんですが、今回は、そのお話ではなく、現行のレスポールのコントロールについてのお話です(^_^)
レスポールのコントロールは、基本的に

「ネックPUボリューム」
「ブリッジPUボリューム」
「ネックPUトーン」
「ブリッジPUトーン」

の4つのポットによるコントロールになっています。

しかし!現行のレスポールには、この基本のコントロールに追加して

「ネックPUのコイルタップスイッチ」
「ブリッジPUのコイルタップスイッチ」
「フェイズ切り替えスイッチ」
「ブリッジPUのダイレクト出力スイッチ」

が、装備されています。
これらのスイッチは、各ボリューム/トーンのポットがスイッチポットになっておりまして、ノブを引き上げる事で切り替えが出来るようになっているんですよー
図にしますとこんな感じ。
現行のレスポールコントロール図

それぞれの機能に関しましては、このブログで今までにも紹介しておりますが、ここではそれらを組み合わせて現行のレスポール風のコントロールにしていきたいと思います(^_^)

まずは「タップスイッチ」
タップと言うのは、ハムバッカーの2つあるコイルの1つだけ使うようにする事です。(「コイルスプリット」とも言う)
シングルコイル的なサウンドが出せるようになるカスタムです。
ハムバッカーのどちら側のコイルを使うかで接続方法が違うので、今回は、2パターンご紹介します。
コイルタップ回路パターン1
パターン1は、コイル1側を活かす方法。
コイルタップ回路パターン2
パターン2は、コイル2側を活かすパターン。
今回は、パターン1をネックピックアップ側に、パターン2をブリッジピックアップ側に設置する事にします。

次に「フェイズ切り替えスイッチ」
フェイズイン/アウトは、2つのピックアップを組み合わせた際に作り出せます。
つまりフェイズ切り替えのスイッチは、2つのピックアップのうちどちらか一つに設置すれば効果を発揮ましす。
フェイズ切り替えスイッチ
ピックアップからの出力を上の図の+とーの端子に接続します。
これで瞬時にホットとコールドを切り替える事が出来るようになります。
今回は、このフェイズ切り替えスイッチをネックピックアップ側に設置します。

そして最後に「ダイレクトスイッチ」。
ダイレクトスイッチは、スイッチ単体で見ても分かりにくいので、必要最低限(ブリッジピックアップ側のみ)の回路を書いております。
ブリッジPUダイレクトスイッチ
この図のように接続するとノーマル時の出力とブリッジピックアップのみのダイレクトな出力とを瞬時に切り替えが可能になります。
これらの機能を全て組み込みますと・・・
現行レスポール風の回路
こうなります!
各ピックアップのコイルタップスイッチ、ネックピックアップのフェイズ切り替えスイッチ、ブリッジピックアップのダイレクトスイッチ、をぎっしり詰め込んだ大盛り状態。

そんな現行レスポール風の配線カスタムのご紹介でした。

今回は以上です!

ポップギターズは、あなただけのスペシャルなギター作りの為に、お役に立てる!・・・かも知れませんのでw、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*2つの「シリーズ/パラレル」切り替えスイッチ

今回は、2ハムバッカーのギターに使える!?配線カスタムのご紹介です。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

アッセンブリの特注をいくつかいただく中でお客様からジミー・ペイジモデル仕様のアッセンブリのご依頼を頂きました。
そのジミー・ペイジモデルのコントロールに

「各ピックアップ毎のシリーズ/パラレルの切り替え」スイッチ

「ブリッジPUとネックPUのシリーズ/パラレルの切り替え」スイッチ

があるのは、どう違うのか?とご質問を頂きましたので、今回はその違いを図示して見たいと思います。

「シリーズ」「パラレル」ってなに?って言いますと、、、

「2つのコイルの接続方法」

の事なんですが、「シリーズ」は「直列」、「パラレル」は「並列」の事で、
「シリーズ」は、2つのコイルが回路の中で連続して接続されたもの。
「パラレル」は、2つのコイルが回路の中で並列に接続されたもの。
になります。

接続の違いで音色が変わるのですが、簡単に言いますと
「シリーズ」は、中低音が力強い傾向、逆に高音は出にくい。
「パラレル」は、中高音がよく出る傾向、シリーズほどの低音は出ない。
となります。

言葉では表現が難しいので、興味を持たれた場合は、実際にお試しいただくのがおすすめですが、極簡単に言うとこんな感じです。

今回ご紹介します2つの「シリーズ/パラレル」切り替えの1つ目は

「ピックアップ(ハムバッカー)のコイルの接続

そして、もう1つは、

ピックアップとピックアップの接続

の切り替えになります。

まず、ピックアップ(ハムバッカー)のシリーズ/パラレルの切り替えスイッチですが、4芯のハムバッカーを以下のようにミニトグル(6p on-on)などに接続する事で切り替えが可能になります。

シリーズ/パラレルの切り替えスイッチ

4芯のハムバッカーを上の図のように接続すると「シリーズ/パラレル」の切り替えが出来るんですねー(^_^)
一般的なハムバッカーは、シリーズ接続されているのですが、、、
シリーズの信号の流れ
(切り替えスイッチを)シリーズ接続にした場合、信号の流れは上の図のようになります。
簡単に言うと2つのコイルを信号が一筆書きで通っていける状態です。
パラレルの信号の流れ
そして、スイッチを切り替えますと、パラレル接続になります。
2つのコイルにそれぞれに信号が流れると言いますか、ストラトのハーフトーンなどのような感じと言えるかも知れませんねー。

この「シリーズ/パラレル」切り替えを各ピックアップに設置した上に、更にそれらの接続方法を「シリーズ/パラレル」と切り替える為のスイッチを設置すると・・・
2つのピックアップをシリーズ/パラレル
こうなります。

「シリーズ」「パラレル」の切り替えは、コイルが2つあれば出来るので、レスポールなどの2ハムのギターの場合、

1、各ピックアップの「コイル1」と「コイル2」の「シリーズ/パラレル」切り替え
2、「ネックPU」と「ブリッジPU」の「シリーズ/パラレル」切り替え

が、可能で、更にそれらを組み合わせて使う!なんてことも出来るんですねー(^_^)

例えば、「ネックPU」は「シリーズ」、「ブリッジPU」は「パラレル」、そしてそれらを「シリーズ」にする。なーんてことも出来るワケです。

どの組み合わせが、良い/悪いってのはないのですが、、、

音のバリエーションが増える!→表現の厚み大幅アップ!→可能性無限大!!

ま、無限大は言い過ぎですが(^_^;
今までにない表現も出来るようになる!かも。。

って言う2ハムバッカーギターの為の配線カスタムでした(^_^)

今回は以上です!

ポップギターズは、あなただけのスペシャルなギター作りの為に、お役に立てる!・・・かも知れませんのでw、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*テレキャスターに4WAYスイッチを使った配線カスタム

今回は、4WAYのスイッチを使ったテレキャスターの配線カスタムをご紹介します。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

テレキャスターは、通常3WAYのスイッチで「ネックピックアップ」「ミックス(パラレル接続)」「ブリッジピックアップ」を切り替えて使えるようになっているのですが、今回は、4WAYのスイッチで通常のテレキャスターでは出せない「ミックス(シリーズ接続)」の音も出せるようになる配線カスタムをご紹介します。
さらにポジション毎に組み合わせの違う3パターンの回路をシェアしたいと思います(^_^)

4WAYのスイッチはこちらのページで販売中!

ちなみに4WAYのスイッチってこんなのです。
oak 4way スイッチ
4WAYスイッチて言うのは、4段のポジションがあって、通常の3WAYよりも1段多いので(当たり前!)その分、接続方法の選択肢も増えるんですよー。
先ほども書きましたが、この4WAYスイッチを使いますと、通常出す事のできない「ミックス(シリーズ接続)」の音が使えるようになります。

この「ミックス(シリーズ接続)」の音の特徴は、いわゆるハムバッカーに近い感じになると言うか、中低音の力強いサウンドが出せるようになります。
とは言っても、一般的なハムバッカーとはコイルの位置も違いますので、シングルコイルっぽい響きを持った感じではあります。

そして、当店では、この4WAYのスイッチを組み込んだ配線済みアッセンブリを販売中!
こちらもよろしくお願いします(^_^)

TLタイプ配線済みアッセンブリ/4WAY仕様

では、4WAYスイッチを使った回路をご紹介していきます。
まず、はじめのは、先ほど紹介しました「TLタイプ配線済みアッセンブリ/4WAY仕様」にも採用しております回路です。
TL4WAY回路その1
上の図のように、ポジション1は「ミックス(シリーズ接続)」ポジション2は「ネックピックアップ」ポジション3は「ミックス(パラレル接続)」ポジション4は「ブリッジピックアップ」となってます。

続きまして・・・
TL4WAY回路その2
この回路では、ポジション1は「ネックピックアップ」ポジション2は「ミックス(シリーズ接続)」ポジション3は「ミックス(パラレル接続)」ポジション4は「ブリッジピックアップ」となってます。

そして、、
TL4WAY回路その3
最後のこの回路では、ポジション1は「ネックピックアップ」ポジション2は「ミックス(パラレル接続)」ポジション3は「ミックス(シリーズ接続)」ポジション4は「ブリッジピックアップ」となってます。
要するに「その2」の回路と比べますとミックスのシリーズかパラレルかの位置が逆になったパターンなんです。

この4WAYスイッチと上のいずれかの回路を組み合わせて使えば、通常のテレキャスターでは出せなかった、力強いシリーズ接続サウンドが楽しめると言う訳なんです!

ただし・・・
ネックピックアップのアース追加
このカスタムを行う場合、(ビンテージスタイルのテレキャスターでは)上の図のようにネックピックアップのカバーのアース線を分けて追加する必要がありますのでご注意ください。

今回は以上です!

ポップギターズは、あなただけのスペシャルなギター作りの為に、お役に立てる!・・・かも知れませんのでw、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*ハムバッカー活用法 その1

今回は、スイッチを使ったハムバッカーの活用法をご紹介します。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

ハムバッカーは、2つのコイルを組み合わせたものですが、接続の方法を変えたり1つのコイルだけを使ったりすることで、キャラクターを変えることが出来るんです。

ここでは、6P on-on-onのミニトグルを使って切り替える方法をシェアしたいと思います。

6P on-on-onのスイッチはこちらのページで販売中!

6P on-on-onのミニトグルスイッチと言うのは、スイッチ裏面の端子が6個ありまして、スイッチを切り替えることで接点を3パターンに切り替えることが出来るタイプです。
6p on-on-on横
6P on-on-on正面
6p on-on-on端子
スイッチの裏面にはこのように端子が並んでいます。
6p on-on-on dia
6P on-on-onのスイッチの接点とレバーの関係は上の図のようになってます。

これを・・・
シリーズ/タップ/パラレル切り替えて接続方法
上の図のように接続します。

こう接続することで、ハムバッカーの2つのコイルをシリーズ/パラレル、そして、片方のコイルだけを使うタップの切り替えを行うことが可能になります!!
シリーズ/タップ/パラレル切り替え
ちょっとややこしいので飛ばしてもらってもいいのですが、スイッチを切り替えると信号がどう流れるのか図示してみました。※ピックアップからの配線のスイッチへの接続を変えることで、タップのコイルをもう一方(図の右側)に変えることも可能です。
トグルスイッチ増設レスポール
↑このスイッチの設置を特注頂きましたのでお客様のレスポールに設置しましたー(^_^)の図

シリーズ接続は、いわゆるハムバッカーの中低音の力強いサウンド、タップした時は、シングルコイルのサウンド、そして、パラレル接続は、シングルコイルが2つ同時になっている爽やかな?サウンドになりますw

スイッチを一つ追加するだけで、元々のサウンドにプラス2つのバリエーションを増やすことが出来る配線カスタムでした。

あ、念のため書いておきますと、この配線カスタムを行うには、ピックアップからの配線が4本(+アース線)出ているものでないと出来ませんので、ご注意下さい。

今回は以上です!

ポップギターズは、あなただけのスペシャルなギター作りの為に、お役に立てる!・・・かも知れませんのでw、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*2ピックアップのストラトを使った超プライベートな回路

今回は、お客様から頂きました配線カスタムの問い合わせをご紹介します。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

お客さんから

「P90サイズのピックアップX2(ネック側とブリッジ側に各1個)のストラトを作っています。

そこで、コントロールを3WAYのスライドスイッチを使ってネック側から

「ブリッジピックアップーネックピックアップーミックス(シリーズ接続)」

にして

「1ボリューム/1トーンで余ったトーンノブをミックス(シリーズ接続)のブレンダー」

にしたくて考えていたのですが難しく難航していた為質問させて頂きました。

もし可能でしたらご教授願えないでしょうか?」

と問い合わせメールを頂きました。

なるほど。
了解です。

コントロールを図で表すとこんな感じですね。

コントロール相関図
スイッチのコントロールは、通常とは逆の感覚で、しかもミックスはシリーズ接続(しかもブレンダー装備)って訳ですね。

これは超プライベートな回路ですね!!

で、早速考えて見ました。

(ちなみにお問合せ頂きましたお客さんは、以前のブログをみてお問合せ頂いたそうです。)

プライベートスペシャル回路図

配線は、上の図の通りでいけると思います。
各ポジションの信号の流れを見て見ますと・・・

ポジション1(ブリッジピックアップ)
ポジション1は、ブリッジ側のピックアップ単体が出力されます。

続きまして・・・
ポジション2(ネックピックアップのみ)
ポジション2は、ネック側のピックアップ単体

そして・・・
ポジション3(ブレンダーオフ)
ポジション3は、この時点では、ポジション2と同じですが、ブレンダーを絞っていきますと・・・
ポジション3(ブレンダーオン)
ポジション3+ブレンダーで、ネックピックアップとブリッジピックアップのシリーズ接続のミックスサウンドが出力されます!
この時のブレンダーは、ネックピックアップ単体に、ブリッジピックアップをシリーズ接続でブレンドしていけると言うなんともマニアックな仕様になってますw

てな訳で、お客さんからのお問合せについて書いて見ました。
今回は以上です!

ポップギターズは、あなただけのスペシャルなギター作りの為に、お役に立てる!・・・かも知れませんのでw、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*ストラトをグレコ ブギー風回路にカスタム

今回は、お客様から頂きました配線カスタムの問い合わせをご紹介します。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

お客さんから

「グレコ ブギーの「コイルタップバランサーコントロール」みたいな感じでリアピックアップとフロントピックアップをブレンドさせることは可能ですか?」

と言う感じの問い合わせメールを頂きました。

Greco Boogie

↑Greco Boogieと言うギターのコントロールに「コイルタップバランサー」と言う特殊なコントロールが装備されていまして、リアの(離れたコイルを持つ)ハムバッカー(上の図参照)のコイルの一つをポットを使ってコイルタップさせることが出来る回路なんですねー。

コイルタップバランサーの回路はこんな感じ

コイルタップバランサー回路

この回路を使えば、バランサーポットが全開の時は、「2つのコイルが直列に接続」されて力強いサウンドが期待できます。
そして、バランサーを絞っていけば、図の左側のコイルの出力は、小さくなっていき、「右側のコイルのみが(シングルコイルとして)出力」されるようになります。

ハムバッカー的サウンドとシングルコイル的サウンドと、その中間的なサウンドをプレイヤーの好みでブレンドして使うことが出来るめちゃナイスな回路ですね(^_^)

仮にこの回路図の左側のコイルをフロントピックアップ、右側のコイルをリアピックアップと考えますと、お問い合わせ頂いた「リアピックアップとフロントピックアップをブレンド」して使うことが可能になりますね!

で、今回は、

もしも「このコイルタップバランサーをストラトに組み込んで見たら」

と言うことで書いてみます(ドリフのもしもシリーズ風w)。

まず、通常ストラトは5WAYのスイッチで、リア、センター、フロント、各ピックアップ単体の音とリア&センター、そしてセンター&フロントのピックアップを(並列)組み合わせた音を使うことが出来ます。

が、コイルタップバランサーを組むに当たって、3WAYのスイッチを使って、フロント、リアのピックアップを切り替えて使う、テレキャスター風の回路にして、そこにセンターのピックアップとリアのピックアップを「コイルタップバランサー回路」で直列に接続する回路にしようと思います。

では、回路図ですが・・・

コイルタップブレンダー風ストラト回路

こうなります。

「コイルタップブレンダー」回路を組み込んだストラトは、3WAYのスイッチを使うことで、テレキャスター風のフロント&リアピックアップのミックスのおいしい音が出せるようになりますし、コイルタップブレンダーを全開にすることで、センターピックアップとリアピックアップの力強い直列サウンドを楽しむことが出来るようになります(^_^)

ストラトキャスター

そんな訳で、ストラトに組み込めるグレコのブギー風な配線カスタムのご紹介でしたー。

あなただけのスペシャルなギター作りの為に、ポップギターズがお役に立てるかも知れませんので、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?