カテゴリー別アーカイブ: 配線関係

【ポップギターズのリペア事例紹介】 ボディだけの状態からネック取り付け&超マニアック配線カスタム。

今回は、お客様がお持ちのボディ(ストラトタイプ)を元にネックを組み込み&ちょっと特殊なコントロールの組み込みを行いましたので、紹介させて頂きます(^_^)※長いです。

そもそもは、とある事情で、数本のギターを譲り受けたお客様が、そのギターの一本を使ってブライアン・メイ風のピックアップコントロールを搭載したギターにカスタムしたいって事でご相談を頂いたのですが、色々と検討しているうちに、STタイプのボディだけあるので、それをギターとして組み上げるって事になりまして、ネックも手配して、コントロール部も特注で組み込みさせて頂きました(^_^)

と言うわけで、お客様からのご要望は・・・

・ストラトボディにネック組み込み&仕上げ
・お客様ご指定の特殊なピックアップコントロール(とあるホームページにある回路)制作&組み込み
・ピックガード新調(コントロールスイッチ特殊レイアウト)&取り付け
・それら組み込みに必要な加工、調整

と言う感じになります。

とあるホームページで紹介されているブライアン・メイ風のコントロールって言うのが、非常に興味深いもので、スイッチを6個使って「ピックアップのオン/オフ、フェイズ切り替え」「各ピックアップのパラレル/シリーズ切り替え」が可能で、その組み合わせは、なんと!30種類以上!
今から音出しが楽しみでしょうがないっす!

お預かりしましたストラトタイプのボディは、おそらくスクワイヤ製のものとのことですが、トップはトラ目の入ったチェリーサンバースト!非常に美しい!(が、写真撮ってなかった。。)
※ボディの画像は後ほど登場します。

と言うわけで、ボディのみ手元にある状態から部品の手配を始めました。
まず入荷したのが、ピックアップ切り替え用のミニトグルスイッチとピックガード。

実際に部品を並べてみて配置のイメージをお客様に伝えて了解頂きました。
通常のストラトのボリュームは無しにしてトーン部分に1ボリューム1トーンと言う仕様にします。

ボディに元々ついていたスプリングハンガー用のスクリューが歪んでしまってましたので、こちらも新調します。

写真右側がGOTOHから手配しましたスプリングハンガー用スクリュー。
なんとなく凛々しい感じがします笑

新調したピックガードをボディに合わせてみますと・・・

こちらも・・・

いくつか元々のネジ穴を使えますが・・・

今回はお客様のご要望もあり、今後交換する可能性もあるので、ピックガードは、あえてスタンダードなものをチョイスし、ネジ穴の修正を行います。

今一度、スイッチを並べて完成をイメージ。

スイッチ部分が収まるスペースがありませんので、ざくり加工を行います。
マスキングテープを貼って、ざくり箇所のマーキング。

ざくりに合わせて、テンプレートを作成。

テンプレートをボディに両面テープでしっかりと固定。

そして、ルーターでざくっていきます!

と言うわけでざくり完了しました(^_^)

テンプレートを外し削りかすを取り除きました。
ざくった所だけ生地が出てしまってますので、他の箇所と同じように導電塗料を塗ります。

完了。
これでノイズ対策もバッチリっす。

続きまして、先にお話ししておりました、ピックガードの取り付けネジ穴の修正を行います。
ネジ穴の大きさに合わせた丸木を穴に入れて接着します。
丸木埋めて、ボディ表面と面一に処理します。

ボディの加工とほぼ同時進行でコントロール部分も組み込んで行きます。
↑ご覧の様に複雑な回路になっております。

1ボリューム1トーン仕様。
ちなみにピックアップは、お客様が持ち込みされたダンカンです。

ピックアップ&コントロールを組み込んだピックガードを取り付けてみます。
おおー、良い感じですね(^_^)
ついに全貌が見えてきました。

今回ネックも新調されたので、ナットも作ります。

もちろんペグも取り付けます。
ペグはGOTOHのMG-T(マグナムロック・トラッド)!

あっという間にペグ取り付けが完了し(写真取り忘れてました)ナットをつくってます。
フレット上に塗装が乗ってますので、塗装を剥がし?磨き上げて仕上げます。

各弦の溝を調整し、表面を美しく仕上げまして・・・

最終仕上げに追いオイル笑を塗って染み込み待ち。

そして再度チューニングを合わせて、ネックの状態を確認&調整。

そして、ついに完成しました!
ボリュームノブはまだついていませんが、ギターとして完成しましたー(^_^)
ので、お客様にお渡しいたしました。

・・・早速ですが後日談。
お客様にお返ししていきなりスイッチの不具合が発覚し、再度お預かり&不良スイッチ交換。と言う失態がございましたが、スイッチ交換後、改めてお客様のお手元に納品させて頂きました祝

今回は以上です!

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

あなたのギターのリペア、カスタム、何なりとご相談下さい!
「ピックガードの交換」や「ピックガード複製」とか「お気に入りのギターを復活させたい」など、ギターの事でお悩みの場合はお気軽に相談して下さいね。
いつでもお待ちしてますよー。
お問合せフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

ストラト(SSH配列)のオートマチックコイルタップ(スプリット)回路について

今回はお客様から特注頂いたアッセンブリについて書いてみます(^_^)

SSH(シングル/シングル/ハムバッカー)レイアウトのストラトのピックアップを交換するついでにコントロール部も交換したいとの事で特別仕様のアッセンブリのオーダーを頂きました。

そのアッセンブリの仕様ですが、ブリッジピックアップ(ハムバッカー)とセンターピックアップ(シングル)のハーフトーンの時にブリッジピックアップが、ハムバッカーのままではなく、自動でコイルタップ(スプリット)させて、SSS(スリーシングル)のストラトのようなハーフトーンのサウンドになるようにしたものなんです。

文章ではややこしいので、下の図をご覧下さい。
ストラト相関図
図の⚪︎が縦に並んでいるものが、5WAYのセレクタースイッチのポジションを表しています。
セレクタースイッチの動きと、どのピックアップが出力されるかを表しています。

要するにこれは一般的なストラトのコントロールと一緒ですね(^_^)
ちなみにこのコントロールのストラトの配線は以下の図のように接続されています。
ノーマル回路図※厳密に言いますと、現物とは少し違うのですが、トーンコントロールなどをカットしてシンプルに表記しています。

そして、今回のオーダーの仕様にしますと・・・
一般的なストラトのコントロールと感覚的にはほぼ変わりませんが、センターピックアップとブリッジピックアップのハーフトーンを選んだ際に、ブリッジピックアップ(ハムバッカー)が、自動的にタップ(スプリット)されてハーフトーンがシングル+シングル(風)になると言うわけなんです。
以下の図をご参照下さい。
オートマチックタップ相関図図の左から4個目の部分が変わっていますね(^_^)

ハードなブリッジピックアップのサウンドも好きだが、SSS(スリーシングル)のストラトのハーフトーンも捨てがたい!って場合は、この仕様がオススメかも知れないですね〜。

この仕様にするには、以下の図のようにピックアップを(スイッチに)接続すると実現可能です。(図のスイッチはOAK製のものを使った場合)
オートマチックタップ回路 今回、ご利用頂きましたお客様の場合、ダンカンのピックアップとディマジオのピックアップを混載されたので、位相の組み合わせに少し苦労をされたようですが、4芯(+裸線)のハムバッカーであれば、位相を合わせて組み込むことが可能です。

ちなみに今回ご紹介しております仕様のアッセンブリは、通常のラインナップにはありませんが、ご希望の場合は、制作致しますので、お気軽にリクエスト下さい(^_^)
例えば、上記仕様の場合、販売価格は変わりません。
※ご希望の仕様によってお値段は変わる可能性がございますので、お気軽にご相談下さい。

配線済みアッセンブリのページはこちらです。

今回は以上です!
最後までご覧頂きましてありがとうございました。

あなたのギターのリペア、カスタム、何なりとご相談下さい!
「アッセンブリの交換」や「あなただけの配線カスタム」とか「ピックアップ交換したい」など、ギターの事でお悩みの場合はお気軽に相談して下さいね。
いつでもお待ちしてますよー。
お問合せフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

【ポップギターズの配線カスタム】 テレキャスター4WAYスイッチ回路のリバース仕様

今回は、お客さんからオーダー頂きましたテレキャスターの4WAYスイッチを使った回路のリバース仕様のご紹介です(^_^)

通常テレキャスターは、3WAYのセレクタースイッチで「ネックピックアップ」「ミックス(パラレル接続)」「ブリッジピックアップ」の3つを切り替えるコントロールになってますが、4WAYのスイッチを使うことで、通常は出せない「シリーズ接続のミックス」が出せるようになります!

この回路に関しましては、ポップギターズの配線済みアッセンブリのラインナップにありますので、ご興味ある方は以下のリンクからご覧ください。

TLタイプ配線済みアッセンブリ/4WAY仕様のページ

今回は、この4WAYのアッセンブリのリバース仕様のオーダーを頂きました。

リバース仕様と言うのは、何かって言うと・・・

通常のテレキャスターは、コントロール部のレイアウト(配置)がネック側から

セレクタースイッチ/ボリューム/トーン

になってますが、これを

ボリューム/トーン/セレクター

の順に配置する仕様の事なんです。

通常の配置ですと、セレクタースイッチが、ストロークの時に若干干渉するのと、ボリュームの位置がネック側にある方が、コントロールしやすい(と感じる方がいる)ので、このカスタムが生まれたみたいですねー。

で、その配線ですが、以下の図のようになります。テレキャスター4WAYのリバース仕様の配線図あ、アウトプットジャックへの配線を書き忘れてますね。。
アウトプットはボリュームポット(図の一番左側)の真ん中の端子からジャックへ配線します。

ちなみにスタンダードは配置の4WAY仕様の配線図は、以下の図のようになります。

テレキャスター4WAYの配線図

今回、ご注文頂きました4WAYのアッセンブリは、リバース仕様でしたので、現物は、以下の写真のようになりましたー。

TL配線済みアッセンブリ_02

という訳で、今回は以上です(^_^)

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

あなたのギターのリペア、カスタム、何なりとご相談下さい!
「アッセンブリの交換」や「あなただけの配線カスタム」とか「ピックアップ交換したい」など、ギターの事でお悩みの場合はお気軽に相談して下さいね。
いつでもお待ちしてますよー。
お問合せフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

【ポップギターズの配線カスタム】 ストラト(3S)でネックPU+ブリッジPU/センターPUを切り替える回路

今回は、先日、お客さんからオーダー頂きました特別なアッセンブリについてご紹介致します(^_^)

お客さんのご希望は

「ストラトキャスターで
マスターボリューム、マスタートーンにして、一番下のトーンノブをミニスイッチに交換して、
ONでセンターピックアップのみ出力
OFFのときは、フロント、フロント+リア、リア

と言うサーキットにしたいです 」

との事でしたので、早速考えて見ました。NB_S切り替え回路図↑で、こちらがその回路図。
お客さんのご希望は、簡単に言うと

「テレキャスター的コントロール」

「センターピックアップのみ」

の切り替えと言う事になりますので、ミニスイッチでその2つの回路をスイッチで切り替える回路という事になります。

余談ですが、問い合わせを頂きましたお客さんのお話では、この回路は、有名バンドのギタリストが使われているコントロールらしいです。

テレキャスター的なピックアップの組み合わせ(要するにネックPUとブリッジPUのミックス)は、人気高いですね。

それと、ストラトのセンターピックアップ単体ってのも人気あるんですよね!

この回路は、良いとこ取りと言うか、なかなか使える回路なのかも知れませんね(^_^)
ネック+ブリッジ_センター切り替え回路↑で、実際に組み込んだアッセンブリがこちら。

お客様にはお届け済みで、すでに組み込まれた模様。

取り付け時にピックアップの位相の件で、少し手間取っていらっしゃいましたが、その件についてはいずれご紹介しようと思います。

今回は以上です(^_^)

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

あなたのギターのリペア、カスタム、何なりとご相談下さい!
「アッセンブリの交換」や「あなただけの配線カスタム」とか「ピックアップ交換したい」など、ギターの事でお悩みの場合はお気軽に相談して下さいね。
いつでもお待ちしてますよー。
お問合せフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

【ポップギターズの配線カスタム】 ストラトでテレキャスター風のサウンドを出せる様にするカスタム。

ずーーっと前にも紹介したことがあるのですが、今回は、ストラトの配線を変えて通常出すことのできないテレキャスター風(ネックPUとブリッジPUのミックス)のサウンドを出せる様にできるカスタムをご紹介したいと思います。

この配線カスタムでは、見た目は変わりません。ですから改造したぜっ!って言う派手さはないですw

しかし、元々オールマイティなストラトが、さらにオールマイティなギターに生まれ変わるナイスな配線カスタムだと思いますよー。

テレキャスター風サウンドだけでなく、ストラトの3つのピックアップの音を全部同時に出力もできたりします。

では、配線カスタムを順を追ってご紹介したいと思います。

ストラト配線カスタム00↑上の図が一般的なストラトの配線。
いわゆる1ボリューム2トーン仕様のものです。
(図を見やすくするためにアースやコールド線は省いております)
ストラト配線カスタム01↑ストラトの基本的な回路を少しずつ変えていきましょう。
まずはネックPU用のトーンポットをマスタートーンにするべく、配線を付け替えます。
元々は、セレクタースイッチにつながっていた、配線をボリュームの端子につなぎなおします。※図の赤い線の部分です。
ストラト配線カスタム02↑続きまして、センターPU用のトーンとネックPU用のトーンを切り離します。
多くの場合、トーン用のコンデンサーの足部分でポット同士がつながっているので、そこをカットします。※図の赤い部分
コンデンサーの足でなく、配線材でつながっている場合もあります」が、要するに上の図の赤い線部分に当てはまる部分をカット。
ストラト配線カスタム03↑ここまでで、トーンがマスタートーンに生まれ変わりました。
続いて元々センターPUのトーンだったポットをネックPUとブリッジPUのブレンダーボリュームとして再接続します。
図の赤い部分の様にポットからの配線をスイッチの隣の端子に接続しなおします。
ストラト配線カスタム04↑そして、スイッチとポットをつなぐ配線を追加します。※図の赤い部分ストラト配線カスタム05↑これで作業完了です!
この様に配線を変更することで、元々センターPU用だったボリュームが、ネックPUとブリッジPUのブレンダーボリュームになりました。

このブレンダーボリュームが「10」の場合、一般的なストラトとほぼ同じコントロール。
でも、ブレンダーボリュームを「0」に絞るとネックPUとブリッジPUが同時に出力される様になります。
これで、ストラトなのにテレキャスター風のサウンドも出せる様になりますし、3つのPUの同時出力も可能になります。
ネックPUとブリッジPUのブレンドは、ボリューム調整が可能ですので、お好みのサウンドを見つける楽しみも増えますね(^_^)

T-SOUND相関図↑上の図が、ブレンダー調整とセレクタースイッチの相関図。
図の左側が、ブレンダー「10」の状態。
図の右側がブレンダー「0」の状態。
ピックアップの出力の違いが確認できますねー
ストラト配線カスタム06↑ちなみに上の図の様に配線に一手間加えますとブレンダーの「10」と「0」の状態を逆にすることができます。
図の赤丸部分の様に端子の配線を逆にするとコントロールが逆になります
ブレンダーの向きはどっちが正解ってのはありませんので、お好みで使い分けたら良いと思います。

ちなみにこの回路を採用したポップギターズの配線済みアッセンブリ「STタイプ配線ずみアッセンブリ/T-SOUND」はこちらのページで販売中です。

今回は、久々に配線カスタムのご紹介でした。
ストラトはちょっとした配線カスタムで通常では出せないサウンドバリエーションを増やせるので面白いですねー。

T-SOUNDの他にもストラト用の配線ずみアッセンブリもこちらのページで販売中でーす。

こちらもよろしくお願いします(^_^)

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

あなたのギターのリペア、カスタム、何なりとご相談下さい!
「アッセンブリの交換」や「配線カスタム」とか「ピックアップ交換したい」など、ギターの事でお悩みの場合はお気軽に相談して下さいね。
いつでもお待ちしてますよー。
お問合せフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

【ポップギターズのリペア事例紹介】 ピックガード交換&内部配線の交換。

今回は、ピックガードの交換と同時に内部配線の交換を依頼頂いた事例について書いてみます(^_^)

お預かりしたギターは、スクワイヤーのシンラインで、もう長いこと使っていなかったと言うサブ的なギターだそうです。
が、今回、当店を知って頂いたお客様から内部配線の交換とピックガードの交換でリニューアルさせて欲しいと言うリクエストを頂きました。

元々のピックガードはホワイト3プライのものでしたが、新たにチョイスされたピックガードは、ブラック1プライ。
ブラック&ブラックの組み合わせでクールなギターに仕上がりそうですね!!

では、作業内容の紹介に入ります。
シンラインのアッセンブリ

↑オーダーしていたピックガードが入荷したので、アッセンブリを取り付けます。
元々の配線も決して悪くないものだと思いましたが、新たに組み込むポップギターズの配線済みアッセンブリは、ギター本来の音を引き出してくれますので、オススメですよー。(広告w)
元のピックガードとネジ穴が合わない↑今回のピックガード交換は、ピックガードの取り付けネジ穴の調整が必要ですので、ネジ穴の位置の確認作業に入ります。
まずは、ピックガードをギターに合わせてみます。
・・・見事に合わないですね。。(^_^;
今回の場合、ネジ穴11箇所中10箇所が合いませんでした。。トホ。
元のピックガードとネジ穴が合わない
↑画像の左下、ブリッジピックアップ横のネジ穴だけ流用出来そうです。
元々のネジ穴に埋木処理↑そして、合わないネジ穴は、埋木処理します。
ネジ穴に合わせたサイズの材を埋め込んで接着します。
11箇所中10箇所のネジ穴を埋めました↑10箇所全てのネジ穴に埋木処理できました。
接着剤が固まるのを待つ事にします。
接着剤が固まったら出っ張り部分をカット↑接着剤が固まったら埋木の出っ張り部分をカットします。
余計な出っ張り部分をカット↑全ての埋木の出っ張り部分を美しくカットします。
新たな穴を開けるための位置決め↑改めてピックガードを当てて、新たなネジ穴の位置決めを行います。
唯一使えるネジ穴とネックポケットの位置を合わせてピックガードを固定します。
新たな穴を開けるための位置決め↑ネジ穴の位置決めの為、マスキングテープで固定。
ピックガードの位置が決まりました。↑位置決め完了の図。
この位置で各ネジ穴をマーキングしていきます。ちょっと分かりにくいですが、新たなネジ穴の位置と元のネジ穴の位置の違い↑新たなネジ穴の位置に小さく印しているのですが、分かりますか?
元のネジ穴の位置と微妙に違うんですよねー。
こっちの角度の方がわかりやすい↑ここも微妙に違うんですー。
設計する時に合わして作ってくれたらいいのにねー。
慎重に下穴を開けます↑マーキングした位置に下穴をあけます。
微妙な違いなんですが、違うんですねー↑ネジを締めこんだ時に塗装が割れないように、新たなネジ穴の表面を軽く面取りします。
埋木にタッチアップして少しでもわかりにくくします↑埋木した部分は軽くタッチアップしておきます。
ねじ止めして最終確認↑アッセンブリを搭載したピックガードとピックアップなどを接続し新たなネジ穴でピックガードを固定。
これでピックガード交換&内部配線の交換は完了。
そして弦も張って作業完了!↑音出しチェック後、弦を張り、各部の調整を行い完了です(^_^)

と言うわけで、シンラインのピックガード交換とアッセンブリの交換事例のご紹介でした。

お客様からリペア完了したギターを鳴らしてみた印象を頂いておりますので、少しご紹介しますと・・・

「前までのペラッとした感じがなくなり、フロントからリアまでどこで鳴らしても音の輪郭がくっきり出て気持ちよいです。
ボリューム10にして思い切り弾くと、右手のアタックをしっかり拾ってくれてガツンとした強い音になります。
ボリューム、トーンともに絞りも滑らかでストレスがなく、これも重宝しそうです。」

ともかく、第一印象は気に入って頂けたみたいで、喜んでます(^_^)
長く使ってなかったと話されていたので、これから出番が多くなったらポップギターズ的には(お役に立てた感があって)嬉しいです。

今回は、以上です。

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

あなたのギターのリペア、カスタム、何なりとご相談下さい!
「ピックガードの交換」や「ピックガード複製」とか「お気に入りのギターを復活させたい」など、ギターの事でお悩みの場合はお気軽に相談して下さいね。
いつでもお待ちしてますよー。
お問合せフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

【ポップギターズの配線カスタム】 ハムバッカーのコイルの接続を切り替えるミニスイッチの設置

今回は、ハムバッカーをフル活用?するミニスイッチの設置方法と信号の流れについて書いてみます(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはこちらです。
http://www.pop-guitars.com

エレキギターのピックアップには、一般的に「シングルコイル」と「ハムバッカー」ってのがありますよね。

「シングルコイル」ってのは、名前の通りですが、コイルが一つで出来ています。
「ハムバッカー」は(見た目の通りなんですが)ごくごく簡単に言うとコイルが2つ並んで設置されたものなんです。

で、コイルが二つあれば、組み合わせを変えて音のキャラクターを変えることが可能になるんです!!

そんな訳で、今回は、ハムバッカーの2つのコイルの組み合わせを変えて音のキャラクターを楽しむためのミニスイッチの設置方法とスイッチを切り替えた時の信号の流れを図示してみます(^_^)

ハムバッカーの2つのコイルを切り替えるためのスイッチは、以下の画像のようなミニスイッチ(6P ON-ON-ON)を使います。

6p on-onスイッチの端子

6p on-onスイッチの端子

このミニスイッチ(6P ON-ON-ON)を使うと、

・シリーズ接続
・パラレル接続
・コイルスプリット(タップ)

上記のような3つ接続方法を切り替えることが可能になります。

シリーズ接続っていうのは、一般的なハムバッカーの接続方法で、力強い中低音が特徴的なサウンドが得られます。

次に、パラレル接続って言うのは、ごく簡単に言うとストラトのハーフトーンのサウンド的なものになります。

そして、コイルスプリット(俗にタップとも言われる)は、コイル一つだけが鳴るもので、限りなくシングルコイルのサウンドに近いものになります。

6p on-on-on 接続

スイッチとピックアップの接続方法は、上の図の様になります。
スイッチ側の準備としては、右側の上の端子と左側の真ん中の端子を結線しておく。
そして、左側の下の端子はアース、右側の下の端子は出力になります。
接続方法は以上です。

6p on-on-on シリーズ接続の流れ

6p on-on-on シリーズ接続の流れ

ここからは、スイッチを切り替えた時の信号の流れになります。
スイッチのレバーを下側にした場合、「シリーズ接続」いわゆる通常のハムバッカーのサウンドになります。

6p on-on-onパラレルの流れ

6p on-on-onパラレル

続きまして、スイッチのレバーを上側にした場合、「パラレル接続」シングルコイルが2つ同時に鳴らした感じ、ストラトのハーフトーンのサウンドに近いものになります。

6p on-on-onタップ/スプリット

そして、スイッチのレバーを真ん中にした場合、(図の上側の)コイルを一つだけ使う「コイルスプリット(コイルタップ)」になり、限りなくシングルコイルに近いサウンドになります。

電池と電気の図

電池と電気の図

ハムバッカーのコイルの接続を切り替えた時の信号の流れを電池と電球で表してみますと、上の図の様になります。
理科の時間にこんな感じの勉強しましたよねー??(笑)

この切り替えスイッチですが、例えば、シンプルなハムバッカーが一つだけ搭載されているギターの場合、そのままだとボリュームとトーンの調整くらいしか音色を変える手立てがありませんが、この切り替えスイッチを設置すれば、3つの音色を切り替えて使うことが可能になりますね!

他にもレスポールの様に2ハムバッカーのギターにもこのスイッチを設置すれば、いきなり音のバリエーションが増えたります。

H-S-Hの様なレイアウトのギターにも、このスイッチを設置すれば、今まで以上の音色が得られる様になりますね!!

ちょっと面白そうですよねー(^_^)

あ、最後になりましたが、このスイッチを設置するには、ハムバッカーからの配線が4本出ているタイプでないと出来ません。
ビンテージ仕様の1芯(網線)のタイプや、配線が2本だけのタイプのピックアップでは設置出来ませんのでご了承下さい。

今回は、以上です。

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

あなたのギターのリペア、カスタム、何なりとご相談下さい!
「今回の様なスイッチの設置」や「こんな仕様にできないかなー?」とか「こんな機能を組み込みたい」など、お考えでしたらお気軽に相談して下さいね。
いつでもお待ちしてますよー。
お問合せフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

【ポップギターズの配線カスタム/基本編?】 よく見かけるギターの配線の(回路)パターン

今回は、ピックアップ交換を計画中のお客様からご相談を頂いた時に気が付いた事を書いてみます(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはこちらです。
http://www.pop-guitars.com

ピックアップを交換したいって言うお客様からハンダ付けなど心配だと相談を頂きました。

相談内容によりますと、ご愛用のギターのピックアップを変えるに当たって、

どの部分?
何ヶ所?
どうやって?

と、とにかく色々な不安を感じているご様子でした。

ですので、ピックアップをご購入頂いた際に、手書きになりますが、配線の図を書いて一緒にお送りしますよー(^_^)ってお話をしました。

その話の中でお客様のギターの仕様を伺いまして、

2ピックアップ・1ボリューム・1トーン・1スイッチ

と言う仕様だと分かりましたので、その場合、ピックアップからの配線はセレクタースイッチに接続することになりますよー。なーんて話をしたら、

「ボリュームなどのポットに接続すると思っていたので、気が楽になりました。」

と話されていました。

そして、ピックアップ交換、配線カスタムが初めて、あるいはギターの配線にあまり触れた事のない方からすれば、回路がどうなっているか?配線がどこに繋がっているのか?分かる訳がないし心配が多い事をちょっと忘れてしまっていた自分に気がつきました。。

そんな訳で、今回は、エレキギターに採用されている基本的な回路のパターンをいくつか紹介しようと思います。

では、1つ目

↑ピックアップが1個、ボリューム1個、トーン1個と言うパターン。
基本と言う訳でもないですが、シンプルなのでこの回路をはじめに紹介します。
信号の流れを辿ってみますと、ピックアップからボリュームに入りアウトプットへ出力されていきます。
トーン(一般的な高音をカットするもの)は、回路の中にあると言うよりも並列に設置されている感じになるんです。
ですので、もしトーンをカットして、1ボリューム仕様にしたい!って場合は、ボリュームからトーンに繋がっている線を切断すれば、見事1ボリュームの回路になります。
余分な回路をなくす事で音の劣化が抑えられますので、よりリアルな音を求めるツワモノはトーンカットを試してみるのも良いかも知れませんね。

ちなみに僕は、ほとんどトーンは使いません(使えません)が、ヨワモノ?なので、トーンカット出来ません。。

採用されているギター例:レスポールジュニアなど

↑続きましてこの回路。
ピックアップが2個、ボリュームが1個、トーンが1個、そしてセレクタースイッチという仕様。
ちなみに今回お客様からご相談頂いたのはこのパターンです。
こちらも信号の流れを見ていきますと、ピックアップから信号が、最初のものと違って、まずはスイッチに入ってからボリューム、そしてアウトプットとなってます。
2つのピックアップの信号をスイッチで切り替えたり、ミックスしたり出来るようになってるんですねー。
このパターンの場合、ピックアップを交換する際の配線はスイッチへの接続という事になります。
1ボリュームなので、「マスターボリューム」となり、ボリュームを調整すると全体の音量が変化する事になります。

採用されているギター例:テレキャスターなど
↑そして、ピックアップが2個、ボリュームが2個、トーンが1個、そしてセレクタースイッチという仕様。
この回路の場合、ピックアップからの信号がまず各ボリュームに入りますので、接続方法によっては、(ジャズベースの様に)各ピックアップの音量バランスを調整して使うことも可能になります。
それぞれのピックアップの音量を調整出来る代わりにと言うか、全体の音量調整は1つのボリュームでは出来ない回路です。
この回路にもう一つボリュームを追加してマスターボリュームも設置するなんてことも可能です。
このパターンの場合、ピックアップを交換する際の配線はボリュームの端子への接続という事になります。

採用されているギター例:特に見つからず。マスターボリュームを追加するとグレッチのギターにありますね。

↑次は、ピックアップが2個、ボリュームが2個、トーンが2個、そしてセレクタースイッチという仕様。
これはみなさんご存知のレスポールの回路です。
各ピックアップからの信号は各ボリュームに入りスイッチでピックアップ切り替えを選択、そしてアウトプットへ出力されます。
気がつけば、回路に使われている部品が大幅に増えてきてますね!!
回路が複雑になれば、エレキギターの貧弱な電気信号は、劣化してしまい、本来の「リアル」な音が出せなくなってしまいます。
さらに量産型?のギターの場合、見えない内部の部品は、少しチープ気味なものが使われている場合もあります。。
ですので、内部に使うポットや配線材など、品質の良いものに見直してみるだけでも、あなたの相棒(ギターのカッコつけた呼び方?)の音を本来の音に近づける事になるかも?知れませんよー。

採用されているギター例:レスポールなど
↑最後にちょっとおまけ的な回路ですが、ピックアップ3個ボリューム1個トーン2個の回路です。
これは一般的なストラトに採用されている回路ですね。
ストラトの場合少し特殊でセレクタースイッチで各ピックアップの信号を切り替えて出力すると同時に、トーンの作用するピックアップの切り替えも行なっています。
ストラトはそのままでも、非常に使いやすいギターですが、回路をカスタムして使う事でもっと色々な音が出せたり、自分だけのプライベート仕様に出来たり、すごく楽しいギターですね(^_^)
ストラト用の配線ずみアッセンブリもいくつか用意してますので、是非、見ていってくださいね。

ポップギターズの配線済みアッセンブリのコーナー

ここで紹介した回路のパターンは、ほんの一部と言っても過言ではありません。
エレキギターの回路には、様々なパターンがありますので、いろんなアイディアを追加して回路を組んで(楽しんで)も良いと思います!

今回は、以上です。
エレキギターに採用されている基本的な回路をざっと見てみました。
これを知ったからと言って何もありませんが、あなたの何らかの足しになったら嬉しいです!

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

あなたの理想のギターにするためのリペア、カスタム、何なりとご相談下さい!
「こんな仕様にできないかなー?」とか「こんな機能を組み込みたい」など、お考えでしたらお気軽に相談して下さいね。
いつでもお待ちしてますよー。
お問合せフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

とあるシグネイチャーモデルの回路の再現

今回は、お客様から頂いた問い合わせについて書いて見ます(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

問い合わせを頂いたお客様のご希望は、とあるギタリストのシグネイチャーモデルのコントロールの再現でした(^_^)

そのシグネイチャーモデルは、どのような仕様なのかと言いますと、、、

(カタログの情報では)ストラトタイプのギターで、ピックアップはH-S-H(ハム・シングル・ハム)です。

5WAYのピックアップセレクタースイッチ、マスターボリューム、ミドルピックアップの独立したボリューム、マスタートーンそして、ネックピックアップのオン/オフスイッチとなっています。

実際に、そのシグネイチャーギターを触ったことがなく、ちょっと疑問が残る部分もあるのですが、カタログの情報を元に回路を考えてみました(^_^)

m.hシグネイチャーモデル回路(推測)
↑こうかな〜

さっきも書きましたが、実際に触ったことがないギターなので確かではないのですが、この回路ですと、コントロールの組み合わせによっては音が出ないポジションがあるんです。(ミドルの独立ボリュームを「0」にした状態で、ピックアップセレクターを真ん中(ミドルピックアップ)のポジションにすると音が出ない)

しかし、音が出ないポジションも使い方によっては有効な場合もありますので、一旦良しとしますw

それにしても、このコントロールは、ストラトでありながらネックピックアップ+ブリッジピックアップのミックスが出せたり、ネックピックアップ+ミドルピックアップ+ブリッジピックアップのフル出力が出来たり・・・

色んなスタイルの演奏に対応したとても優れたコントロールですね!

ちなみに・・・

ミドルボリューム「10」でネックピックアップのスイッチ「OFF」の時、一般的なH-S-Hのコントロール。

ミドルボリュームを調整すると、ハーフトーン時の音色変化

ネックピックアップスイッチ「ON」の時、通常では出来ない「ネックピックアップ+ブリッジピックアップの組み合わせ」や「ネックピックアップ+ミドルピックアップ+ブリッジピックアップ」の同時出力可能

などが可能になります。

でも、カタログの情報だけで考えたコントロールなので正確ではないかも知れません。。

あくまでも参考にして頂ければと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました(^_^)

あなたのギターのリペアお任せください!
「こんな仕様にできないかなー?」とか「こんな機能を組み込みたい」など、お考えでしたらお気軽に相談して下さいね。
いつでもお待ちしてますよー。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

【ポップギターズのリペア/カスタム事例ご紹介】 ムスタングのコントロール部、ピックアップ交換&ノイズ処理

今回は、フェンダー・ムスタングのピックアップとコントロール部の交換&ノイズ処理リペアのご紹介です(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

今回は、僕のすごく大好きなギターの一つ「Fender ムスタング」のコントロール部の総入れ替え/カスタム&ピックアップの交換、そして、キャビティ内部のノイズ処理のリペアをご紹介します(^_^)

お客さんからご依頼頂いたのは、大きく分けて3つのリペア/カスタムでした。

一つ目は、ムスタングのピックアップセレクター部の交換&カスタム。

これは、ポップギターズの配線済みアッセンブリのラインナップにあるもので、2つのピックアップをシリーズ接続して、ハムバッキングの力強い音にすることが出来る「MGタイプ配線済みPUスイッチ/スペシャル」へ交換で、ムスタングにもっともマッチしたコントロールと言っても過言ではない配線のカスタムなんですよー。

続きまして、二つ目、ボリューム部のポットとジャック、コンデンサーも交換。
こちらもポップギターズの配線済みアッセンブリのムスタングタイプのものにリニューアル。
ギターの内部の配線や部品の品質って、すごく大事な割に、見えない部分だからチープなものが使われている事が少なくない!(特に国産ギター)ので、愛用のギターの潜在能力の引き出すためにも内部アッセンブリの見直しがオススメです。

そして、三つ目、ピックアップの交換もご依頼頂きました。
お客さんのご希望は「ムスタングらしさを残しつつ、もう少しパワーアップ」と言うことでしたので、非常に悩みましたが、ビンテージトーンを元にしてパワーアップしたKentArmstrong Texas Vintageモデル(ストラト用のピックアップ)をオススメし、それに交換することになりました。

では、リペアの様子をご紹介して参ります(^_^)

65年スタイルのFender JAPAN MUSTANG
↑元々は、いわゆるビンテージスタイルのめっちゃかっこいいムスタング。
すでにムスタングにPTB500Rを取り付けています
↑ブリッジはすでにポップギターズのPTB500Rに交換して頂いてます!嬉しい(^_^)
ムスタングのリペアスタート
↑では、コントロール部などなど、外していきましょう。
元々のコントロール部分
↑これが元々のボリューム部分の内部。
このモデルは、多くの国産ムスタングと違って、元々CTSのポットとスイッチクラフトのジャックが使われています。
元のムスタングのセレクタースイッチ内部
↑ピックアップ&セレクター内部。
ムスタング、キャビティ内部の金属プレートを外して
↑今回は、キャビティ部に導電塗料を塗ってノイズ対策をするので、キャビティ底の金属プレートも外しました。
ムスタングボディ、キャビティ部分にマスキング
↑キャビティ部にマスキングして・・・

ムスタングのキャビティないに導電塗料塗りました
↑キャビティ内部に導電塗料を塗りました。
導電塗料は、その名の通り電気を通す塗料で、組み込む回路のアースと繋ぐことでシールド効果を発揮します。
ボリューム部分のビフォー/アフター
↑写真左側が元々のアッセンブリ、そして右側がポップギターズで組んだアッセンブリ。
配線材の質はギターのトーンに少なからず影響を及ぼします。
ムスタングのスイッチ部分ビフォー/アフター
↑スイッチ部分。下側が元々のスイッチ。上側がポップギターズで組んだスイッチの回路。
スイッチの配線を変える事で今までにないピックアップの(シリーズ)接続が可能になります。
金属プレート再設置
↑導電塗料が乾いたので、金属プレートを元どおり設置。
取り付け完了
↑そして、ピックアップ取り付け時の写真撮ってませんでしたが、取り付け完了!
ポールピースのでたピックアップがムスタングにちょっと新鮮
ポールピースがでたピックアップのルックスもいい感じに似合ってますね(^_^)
ムスタングに取り付けたPTB500Rも美しい
↑ちょっと近代的な雰囲気と言うか、スタングの持つちょっとビザールな感じと洗練された感じのバランスが超ナイスですね!!

と言う感じで、今回はムスタングの見た目はほとんど変わりませんが、ムスタング本来の潜在能力以上の音が出せるようになる!ゲキ渋のリペア/カスタムをご紹介しました!

最後まで読んで頂いてありがとうございました(^_^)

あなたのギターのリペアお任せください!
「こんな仕様にできないかなー?」とか「こんな機能を組み込みたい」など、お考えでしたらお気軽に相談して下さいね。
いつでもお待ちしてますよー。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)