月別アーカイブ: 2018年5月

*テレキャスターにシリーズ接続回路(ブレンダー仕様)

今回は、お問合せ&オーダー頂いたテレキャスター用のスペシャル回路についてです。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

テレキャスターをお使いのお客さんから

「・ネックピックアップ単体
 ・ネックピックアップ+ブリッジピックアップ(並列)

 ・ネックピックアップ+ブリッジピックアップ(直列)
 直列接続時にトーンポットをブレンダーポットとして使う
 みたいな回路はできますか?」

と問い合わせを頂きました。

(問い合わせを頂いた直後のポップギターズ米澤の頭の中は・・・)
「ネックピックアップ/ネック+ブリッジ/ネック+ブリッジのシリーズか。そこにブレンダーポット・・・ちょっと無理っぽい感じするなー」

と直感的に思ったんですが、いや、ちょっと待てよ。
なんかええ方法があるかも。。

と思いまして、お客さんにはちょっとお時間をもらいまして、一日寝てからもう一回改めて考えて見たら

「おっ!100%ご希望添えるものではないけど、近いものやったらできるかも!?」

ってのを思いついて、すぐにサンプルの回路組んで試して見たら、以下のような回路ができました。

・ネックピックアップ(単体)
・ネックピックアップ+ブリッジピックアップ(並列)

・ネックピックアップ+ブリッジピックアップ(直列) ※ブレンダーオン時

一見希望の通りできている風に見えるのですが、実は、ブレンダーをオンのままネック+ブリッジピックアップ(並列)の位置にすると「ネックピックアップの単体」になってしまいます。
逆にブレンダーをオフのままネック+ブリッジピックアップ(直列)の位置にすると「ブリッジピックアップ単体」になります。

文面ではちょっと分かりにくいので図にして見ました。
以下、ご参照下さい。

まずは、ブレンダー「オフ」時
ブレンダーポットオフ
いわゆる一般的なテレキャスターのコントロールですね。
ブレンダーを「オン」にしますと・・・
ブレンダーポットオン
セレクターをブリッジ側にした時には、ネック+ブリッジピックアップの直列接続が出力されます。
しかも、ブリッジピックアップの音にネックピックアップを直列にブレンドしていけると言う強者仕様。
これは前にもご紹介しましたGreco ブギーの回路と似ているかも。
ブレンダーオン時のネック+ブリッジピックアップ(並列)ポジションがネックピックアップ単体になってしまうのが心残りではありますが、ご希望に近い回路ができました!って問い合わせ頂いたお客さんに連絡しましたところ、ご検討頂きましたの後、オーダー頂きました。
イエイ!一生懸命考えた甲斐がありました。
ありがとうございます(^_^)

トーンポットをブレンダーにしたスペシャル回路は以下の通り。

TLブレンダースペシャル回路
実際に組み込んだ回路はこんな感じです。
高い状態

気に入って頂けたら嬉しいなー(^_^)と思いながら梱包して発送しましたー。

今回も非常にマニアックな内容でしたねー。

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズは、ギターのメンテやリペアも承ります!
ご愛用のギターやベースの調子が悪い、とか、こんな症状で困ってる、など困ったことがあったら、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*オクターブピッチ、合わせてますかー?

今回は、カスタムではなく、メンテについてです。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

「オクターブピッチ合わせてますか?」

オクターブピッチって言うのは、エレキギター(あるいはベース)のブリッジのサドル部分を前後させることで調整出来るんですが、頻繁に行う調整ではないので、「あれ?やり方って・・・どうやったっけ?」てこともあるかも知れないので、今回は、「オクターブピッチ」の調整方法について書いてみます。

そもそも、オクターブピッチの調整って、なんのこと?って言うと、簡単に言うと、弦を押さえてない状態(要するに解放弦)と(何フレットでもいいので)押さえた状態で、発生する音程の差を補正する調整のことなんです。
どう言う事かって言うと、フレットを押さえた時には、解放弦の時と比べると指板側に弦が(少しだけなんですが)引っ張られて、音程が高く(チョーキングしているのと同じ原理)なります。
その音程の差をサドルの位置を動かして調整するのが、オクターブピッチの調整という事になります。

ま、難しい理屈は、ともかく。

オクターブピッチの調整をしておけば、気持ち良い音(音程)が出せるって事なので、調整しておきましょう(^_^)

では、その手順をご紹介します。

1、まずオクターブピッチを調整する前の準備として、ネックのそりの調整、弦高の調整など、終わらせておきます。
この工程を怠ると、二度手間になり、面倒ですので。。
(ちなみに、弦の太さを変えたりするとピッチも変わりますので、調整する方が良いです。でも、実際のピッチは弦を押さえる力具合なんかでも変わりますので、それほど神経質になることもないとは思います(^_^;)

2、オクターブピッチを調整する際に、ハーモニクスと実音の差を確認しますので、ハーモニクスの音を拾いやすいブリッジ側のピックアップを選択しておくと良いです。
全ての弦のチューニングを合わせます。

(ここからの手順は、6弦共に行います。どの弦からスタートしてもオッケーです。)

3、12フレットのハーモニクスを鳴らして、チューニングを合わせます。
チューニングオッケー
上の図のようにチューナーの針を真ん中に合った状態にします。
12フレット上のハーモニクスでチューナーの針を真ん中に合わせたら、次は12フレットを実際に押さえて、チューナーを確認します。
この時に先ほどのハーモニクスと同じく針が真ん中に来ていたら、オクターブピッチは合っている状態ですので、そのまま次の弦に進みます。

でもでも、もしも12フレットを実際に押さえてチューナーの針が、下の図のように真ん中より左側になった場合は、
低い状態
サドルの位置を前(ネック側)に移動させます。
その後、再度、3の項目を繰り返し調整を行い、実音とハーモニクスともにチューナーの針を真ん中に持ってくるようにします。
どのくらいサドルを移動させるかは、感覚的な部分もありますので、何度かトライして見てくださいねー。

で、今のは実音を確認した時のチューナーの針が真ん中より左側の場合、要するに実音がハーモニクスより低い場合。
逆に、12フレットの実音が、ハーモニクスより高い場合、チューナーの針が、真ん中よりも右側にくる場合は
高い状態
サドルの位置を後ろ(ボディエンド側)に移動させます。
その後、再度、3の項目を繰り返し調整を行い、実音とハーモニクスともにチューナーの針を真ん中に持ってくるようにします。
チューニングオッケー
この作業を全ての弦で繰り返しますと、調整完了です(^_^)

先ほども書きましたが、音程は、弦を抑える力具合でも変わったりしますので、シビアに考えなくても良いのかも知れませんが、ま、合ってる方が気持ちいいですよねw
愛機のメンテしてみようかな!って思い立ったらやって見てくださいね。

ちなみに今回は12フレットのハーモニクスと実音で合わせましたが、実は19フレットのハーモニクスと実音でも合わせることが出来ます。
ギターソロで、バリバリにハイフレット使いまくります!って方は、19フレットで合わせるのも良いかも知れないですね。

今回は以上です!

ポップギターズは、ギターのメンテやリペアも承ります!
ご愛用のギターやベースの調子が悪い、とか、こんな症状で困ってる、など困ったことがあったら、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*S-S-HレイアウトのギターをH-H-H+タップスイッチにカスタム

今回は、問い合わせ頂いた配線カスタムについてです。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

先日、お客さんから

「S-S-H(シングル/シングル/ハム)のギターのネックPUとセンターPUをシングルサイズのハムバッカーに変えて(要するにハムーハムーハムのレイアウト)、タップスイッチを追加して、ネックPUとセンターPUをシングルとして使うようにしたいのですが、可能ですか?」

と問い合わせを頂きました。

そこで、以前にこのブログでシェアさせて頂きました「ハムバッカーなのにシングルコイルの音も出せるコイルタップ」のページを参考にして頂ければ、ご希望の配線カスタムができると思います(^_^)
とお返事差し上げました。
そして、その後、ブログの内容を元にお客さんが作った配線図を送ってもらったのですが、、、
お客さんから頂いた配線図
ブログの記事を参考に、苦労して配線を考えられた跡が随所にみられるのですが、残念ながら、このままではうまく機能しないと思います。。(※僕が作ったものではないので、画像は少しぼかしてます)

頂いたこの図を見て、ギターの配線などのカスタムに興味を持ち出した当初の事を思い出しました(^_^;
僕もギターのカスタムや配線に興味を持ってやり始めた頃は、意味が分からなくて、頭が爆発するんちゃうかなと思うことも多々ありましたのでw
そんな僕のブログをみて、ギターの配線に興味を持ってもらったって事に感動しました。

で、頂いた配線図では、うまく機能しないので、ご希望のコントロールになるように、配線図を書いてみました。
返答した配線図
こうやって見ますと、意外とシンプル。。
タップスイッチは、ミニトグルなどで単体で追加してもいいですし、スイッチポットなどで追加してもオッケーです。
これで、ハムーハムーハムの強力なギターとしても使えますし、タップすればシングルーシングルーハムの(要するに元々のレイアウト)ギターとしても使えるようになりますね。
スイッチとピックアップの相関図
コントロールは上の図の通りです。

もしあなたの愛用のギターのピックアップが「シングルーシングルーハム」のレイアウトの場合、ネックピックアップとセンターピックアップをシングルサイズのハムバッカーに交換し、コイルタップスイッチも追加すれば、そもそも「シングルーシングルーハム」のオールラウンドギターな面に追加して、「ハムーハムーハム」のハイパワーギターのキャラも手に入れることが可能になります!!
ネックポジションのハムバッカーの音って、いいですよねー。

今回は以上です!

ポップギターズは、あなただけのスペシャルなギター作りの為に、お役に立てる!・・・かも知れませんのでw、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?