月別アーカイブ: 2018年2月

*ストラトをグレコ ブギー風回路にカスタム

今回は、お客様から頂きました配線カスタムの問い合わせをご紹介します。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

お客さんから

「グレコ ブギーの「コイルタップバランサーコントロール」みたいな感じでリアピックアップとフロントピックアップをブレンドさせることは可能ですか?」

と言う感じの問い合わせメールを頂きました。

Greco Boogie

↑Greco Boogieと言うギターのコントロールに「コイルタップバランサー」と言う特殊なコントロールが装備されていまして、リアの(離れたコイルを持つ)ハムバッカー(上の図参照)のコイルの一つをポットを使ってコイルタップさせることが出来る回路なんですねー。

コイルタップバランサーの回路はこんな感じ

コイルタップバランサー回路

この回路を使えば、バランサーポットが全開の時は、「2つのコイルが直列に接続」されて力強いサウンドが期待できます。
そして、バランサーを絞っていけば、図の左側のコイルの出力は、小さくなっていき、「右側のコイルのみが(シングルコイルとして)出力」されるようになります。

ハムバッカー的サウンドとシングルコイル的サウンドと、その中間的なサウンドをプレイヤーの好みでブレンドして使うことが出来るめちゃナイスな回路ですね(^_^)

仮にこの回路図の左側のコイルをフロントピックアップ、右側のコイルをリアピックアップと考えますと、お問い合わせ頂いた「リアピックアップとフロントピックアップをブレンド」して使うことが可能になりますね!

で、今回は、

もしも「このコイルタップバランサーをストラトに組み込んで見たら」

と言うことで書いてみます(ドリフのもしもシリーズ風w)。

まず、通常ストラトは5WAYのスイッチで、リア、センター、フロント、各ピックアップ単体の音とリア&センター、そしてセンター&フロントのピックアップを(並列)組み合わせた音を使うことが出来ます。

が、コイルタップバランサーを組むに当たって、3WAYのスイッチを使って、フロント、リアのピックアップを切り替えて使う、テレキャスター風の回路にして、そこにセンターのピックアップとリアのピックアップを「コイルタップバランサー回路」で直列に接続する回路にしようと思います。

では、回路図ですが・・・

コイルタップブレンダー風ストラト回路

こうなります。

「コイルタップブレンダー」回路を組み込んだストラトは、3WAYのスイッチを使うことで、テレキャスター風のフロント&リアピックアップのミックスのおいしい音が出せるようになりますし、コイルタップブレンダーを全開にすることで、センターピックアップとリアピックアップの力強い直列サウンドを楽しむことが出来るようになります(^_^)

ストラトキャスター

そんな訳で、ストラトに組み込めるグレコのブギー風な配線カスタムのご紹介でしたー。

あなただけのスペシャルなギター作りの為に、ポップギターズがお役に立てるかも知れませんので、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*3シングルギターにシリーズ/パラレル切り替えブレンダー回路追加事例ご紹介

今回も、お客様から頂きました配線カスタムの事例をご紹介します。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

当店のホームページをご覧いただきましたお客様から

「3シングル(要するにストラトタイプ)のギターに「BM-SOUNDの(シリーズ/パラレルの切り替えができる)回路」にしてほしい」

とご依頼頂きまして、早速、配線のカスタムを行いました。
いつもは、当店で部品を組んで、お客様にお送りすることが多いのですが、今回は、新品のギターをお持ち込み頂きまして、元のパーツを流用してカスタムしてほしいということで、パーツは変えずに配線を変えるのみのカスタムを行いました(^_^)

そんな訳で、ここでは、その手順を簡単にですが、ご紹介したいと思います。

では、まずはじめに「BM-SOUND」ってナニ???ってことなんですが、以下のページにもご紹介しているストラト用のスペシャル回路なんです。

STタイプ配線済みアッセンブリ/BM-SOUNDのページ

で、この回路の効果はどんなか?と言うと、、、
通常ストラトのハーフトーン(ネック&センターPU、又はセンター&ブリッジPUの組み合わせ)は並列で接続された音が出るのですが、BM-SOUNDの回路では、ブレンダーを絞っていきますと、ノーマルのストラトでは出すことの出来ない!「ネックxブリッジPU」又「センターxブリッジPU」のシリーズ接続の音が出せるようになるんです。
シリーズ接続の音は、通常のストラトでは出せなかった中低音の力強い音が特徴で、電池を使わない「無添加のブースター」的な頼もしい回路なんですよー(^_^)

では、カスタム手順ですが、まずはノーマルのストラトの回路はこうなってます。
ノーマルストラト回路

ノーマルの回路から以下の図の配線を取り外します。
カスタム手順1

ネックPU、センターPUのコールドをまとめて、ブレンダーに接続。
セレクターからボリュームへの配線も変更。
マスタートーンにするための配線を追加します。
カスタム手順2

最後にセレクタースイッチの端子を図のように配線し、ブレンダーからの配線をセレクターに接続すれば・・・
カスタム手順3

カスタム完了です(^_^)
カスタム完了

実際にカスタム作業中の画像。
実際にカスタム中の図

*今回、BM-SOUND回路にカスタムしたのは、美しいこちらのギター。

カスタム前は、ノーマルなストラトサウンドのみのギターでしたが、カスタム後は、ここぞと言う時に使えるシリーズ接続の力強いサウンドを秘めた懐の深いギターに生まれ変わりました!
見た目はそのままですが(^_^;

と言うことで、今回は、元のパーツを流用した配線カスタム事例のご紹介でした。

あなただけのスペシャルなギター作りの為に、ポップギターズがお役に立てるかも知れませんので、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?