月別アーカイブ: 2018年1月

*3シングルギターをハムバッカー風なピックアップの組み合わせにするスペシャル配線カスタム事例ご紹介

今回も、お客様から頂きました特注アッセンブリの事例をご紹介します。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

3シングルのギター(要するにストラトキャスターの様な)ゼマティスタイプのギターの内部配線とピックアップの総入れ替えのご依頼を頂きました(^_^)

ご依頼頂きましたギターは、以下のページにあるゼマティスのギターのコピーモデル。。

*ゼマティスギターのページ
http://www.zemaitis-guitars.jp/superior/custom_shop/cs22su_3s_bp_dia.html

上記ページのゼマティスのコントロールは、切り替えスイッチで、パラレル接続とシリーズ接続が切り替えできるスペシャルな仕様になっています。
ご依頼頂きましたギターは、お預かりした時点では、改造が施されておりまして、オリジナルの状態でなかったので、上記ページの仕様にしたいとのことでした。

ご希望のゼマティスのコントロールは以下の通りです。
LP スタンダード回路
要するにストラトキャスターと同じコントロールですが、そこにミニトグルを使った切り替えスイッチが追加で設置されているんですねー。
その切り替えスイッチを切り替えますと・・・
雛形になるアクリル板

切り替えスイッチのレバーが下側の場合、ストラトキャスターと同じコントロール。
そして・・・
雛形になるアクリル板

この回路は、ポップギターズの配線済みアッセンブリのストラト用HSH仕様の回路とほぼ同じ回路になってまして、ST用の回路では「ブレンダーボリューム」でパラレル/シリーズを切り替えますが、今回の場合は「ミニトグルスイッチ」で切り替える様になってるんですねー。

で、回路図はこうなります。

そして、この回路を実際にお預かりしたギターに組み込んでお届けしましたー。
まだご感想は頂いていませんが、気に入っていただけたら嬉しいなーと思ってます(^_^)

*上記回路を実際に組み込んだ図


ミニトグルは特別にレバーの短めのもの使いました。
シリーズ接続の音は、パラレルの音に比べますと、力強く、出力も大きくなるので、ここぞという時に役に立つかもしれませんよー。

と言うことで、今回もプライベートな回路の制作事例のご紹介でした。

あなただけのスペシャルなギター作りの為に、ポップギターズがお役に立てるかも知れませんので、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*ピート・タウンゼントのLP-DLX(改)回路ご紹介

今回も、特注で頂きましたマニアックな回路のご紹介です。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

ピート・タンゼントのレスポールデラックス(改)を再現したモデルがあるのですが、それと同じ仕様の回路を特注で頂きましたので、今回はその回路について書いて見ます。

まず、ピート・タウンゼントのレスポール・デラックス(改)ってどんなのか?って言うと・・・

これです。
ネックがボキッといってしまってる過激な画像ですが、どうやらライブで折られてしまった悲劇のギターのようです。。(画像はネットから拝借しました)

要するに通常のレスポール・デラックスのセンター部分にハムバッカーが追加されていて、ボリュームなどのコントロール付近にトグルスイッチが増設されています。
増設されたトグルは、センターピックアップのオン/オフとタップスイッチになっておりまして、通常ネックトーンのポットが、センターピックアップのボリュームになっています。
そして、ブリッジトーンのポットがマスタートーンになっていると言うわけです。

今回は、この回路のご依頼を頂きまして、制作致しました。

ノーマルの2ピックアップのスタンダードな回路は以下の図のようになってます。
LP スタンダード回路
この回路にセンターのピックアップとトグルスイッチを追加するのですが、その前に、追加のトグルスイッチは、ピックアップの「オン/オフ/タップ」の切り替えができなければならないので、6P ON-ON-ONのトグルスイッチを使います。

6P ON-ON-ONのスイッチは、こんなものです。
雛形になるアクリル板

この6P ON-ON-ONのスイッチは、少し変わったスイッチになってまして、レバーの動きとスイッチの動きが以下の図のようになっています。
雛形になるアクリル板

このスイッチを使って、ピックアップの「オフ/オン/タップ」を切り替えます。

*まずは、オフ状態の信号の流れ。
ピックアップからの信号は、どこにも繋がらないので、音は出ない状態。

*次に、オン状態(フル)の信号の流れ。
ピックアップからの信号は、両方のコイルを通って出力されるので、フルのハムバッカーサウンドになります。

*最後に、タップ状態の信号の流れ。
ピックアップからの信号は、コイル1のみ出力されます。

このスイッチ回路をギターの回路に組み込みますと、、、

こうなります。

ネック用トーンポットをセンターピックアップ用ボリュームに変更し、ブリッジ用のトーンポットをマスタートーンに変更しています。

てな感じで、回路自体は個々に見ると複雑と言うほどでもないのですが、実際にギターに組み込む場合は、トグルスイッチの取り付け穴やセンターピックアップの取り付け穴のざくり加工が必要になりますので、そこそこ大規模なリペアが必要になりますね(^_^;

と言うことで、今回もマニアックでプライベートな回路の制作事例のご紹介でした。

あなただけのスペシャルなギター作りの為に、ポップギターズがお役に立てるかも知れませんので、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*プライベートなギター回路の事例ご紹介(パート1)

今回は、特注で頂きましたお客様のお好みに合わせたプライベートな回路をご紹介してみます。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

2ハム(2Vol / 2Tone)のギター(要するにLPスタイル)をお使いのお客様から「コイルタップスイッチ」と「ダイレクトスイッチ」を追加した回路の制作をご依頼頂きました。

・お客様のリクエストは・・・

1、コイルタップスイッチ・・・ブリッジピックアップのトーン部分にスイッチポットを組み込んで、ネック&ブリッジピックアップのコイルタップを行う

2、ダイレクトスイッチ・・・ネックピックアップのトーン部分にスイッチポットを組み込んで、ネックピックアップのみのダイレクト出力への切り替え

の2点でした。

ごく一般的な2ハム(2Vol / 2Tone)の回路は・・・
Fender Japan MG69-65 YWH
こうなってます。

この回路のトーンポット部に、スイッチポットを組み込んでご希望の「コイルタップスイッチ」と「(ネックピックアップの)ダイレクトスイッチ」を追加しますと・・・
雛形になるアクリル板

こーなります。。
ごく一般的な2ハム(2Vol / 2Tone)の回路と比べると、線がどこ行ってるのかわからなくなりますね(*_*)

しかし、この回路を組み込めば、ご依頼頂いたお客様のプレイスタイルにマッチした、スペシャルなギターに生まれ変わるんですよねー。

この回路を組み込んでお客様にお届けしました。

そして、オーダー頂いたお客様からは

「(アッセンブリ交換して)音を出してみて、サーキットが増えているにも関わらず、劣化はほぼなしでした。とても満足です。」

と評価頂きました!!
お客様が満足して頂けたと言うことは、僕の仕事が成功したって事ですので、めっちゃ嬉しいです(^_^)

と言うことで、今回はプライベートな回路の制作事例のご紹介でした。

あなただけのスペシャルなギター作りの為に、ポップギターズがお役に立てるかも知れませんので、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?