カテゴリー別アーカイブ: パーツについて

ポップ☆ギターズで取り扱っているおすすめパーツについて書いてみます。

【ポップギターズのリペア/カスタム事例ご紹介】ピックガード交換/オリジナルピックガードの製作。

以前、当店で行ったリペア/カスタム(ピックガードの複製)の事例をご紹介したいと思います。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

Fender JAPAN製のジャガー(カートコバーン仕様)のピックガードの複製のご依頼を頂きました。

一般的なジャガーのピックガードは市販されているものもあるのですが、特殊なモデルと言うか、要するに交換用ピックガードがないモデルの場合、元々ついているピックガードを元型として、複製することが可能です!

今回の場合も、交換用のピックガードの販売されていないモデルでしたので、元々のピックガード原型にして複製しました。
元々のピックガード
元々は、この茶べっ甲タイプのピックガードが装備されていました。
このままでも、かっこいい!ですが・・・

元のピックガードを取り外した図
元の茶べっ甲素材のピックガードを外してみました。

ピックガードを外した図
ピックガードを取り外したレアな?画像w
元の茶べっ甲のピックガード
こちらが取り外した元の茶べっ甲のピックガード。
新たに製作したエイジドパールのピックガード
そして、こちらが、新たに製作した「エイジドパール」素材のピックガード。
これは、元の茶べっ甲のピックガードを原型に複製したものです。
パール素材のピックガード装着
元のピックガードを原型にしているので、当然ですが、形状、ネジ穴の位置など、ぴったり一致しますので、余計な加工な不要です。
べっ甲の渋い感じも良いですが、パールの明るい感じもいいですよねー(^_^)
元に戻せばこんな感じ
ちなみに、もしも飽きたり、気分転換したくなったら、手軽に元に戻せますよー。
テレキャスターのネックピックアップのアースフレットの表面を研磨増設
最後にフレットの表面を磨いてフレッシュアップして作業完了しました。

ポップギターズでは、USA Cusutom Pickguard製の豊富なラインナップのピックガードを取り扱っておりますが、それとは別にオリジナルのピックガードや、元のピックガードを原型にして同じ形状のピックガードを製作することが可能です!
あなただけの夢のピックガードお作りしますよー。

分からない事や、悩んだら、お気軽にご相談下さいねー。
いつでもお待ちしてますよー。
問い合わせフォーム

ご覧頂きましてありがとうございました。

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

*ピックガードについてのご質問とその答え

今回は、ピックガードについて時々頂くお問い合わせを少しだけですがご紹介します(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

ピックガードってギターのドレスアップやカスタムにとても有効なんですが、自分のギターに対応するかどうか分かりにくかったり、オリジナルで仕様変更のオーダーが出来るのか?など、色々と疑問に思う事が多いかもしれないですねー。

今回は、そんなピックガードについて、頂いたいくつかのご質問をご紹介したいと思います。
では、早速いってみましょう(^_^)

*一つ目は、H.Aさんからのご質問です。
「教えてくださいピックガードなんですが3プライ(3P)と5プライ(5P)では厚さは違いますか?」

と頂きました。

(ちなみにここでご紹介するお問い合わせに関しましては、すでにご質問頂きましたお客様にお返事をしております。)


※上の画像の様にカラーの違う素材を重ねたものを「プライ」と言います。

3プライ(3P)と5プライ(5P)のピックガードでは、厚みが異なります。
例えば、ブラックの3プライは0.9インチ(2.286mm)で、ブラックの5プライは、0.11インチ(2.79mm)となっておりまして、僅かですが厚みの違いはあります。(約0.5mmの差です。)

ギタリストは、ピックガードの厚みについてそこまでシビアに気にされる方は少ないと思いますが、ベーシストはスラップする際の指の入り具合などの微妙な感覚が重要になってきますので、ピックガードの素材の厚みもきになる所ですよね。

ホームページにご紹介出来ていない情報もあったりしますので、もしも気になる事があればお気軽にお問い合わせ下さい(^_^)
問い合わせフォーム

*続きまして、K.Sさんからのご質問です。
「フェンダーメキシコのジャガーベースモダンプレイヤーと言うモデルのピックガードを探してます?ない場合オーダーを考えてますが、いくらぐらいで作れますか?」

と頂きました。

お調べ致しました結果、残念ながら、お問い合わせのモデルのピックガードは現時点では取り扱いがなく(要するに元になる雛形がなく)ご用意する事が出来そうにありません。。

仮に、元になるピックガードをお預かりして、複製を制作する場合の費用は、概ね10,000円程度〜となります。※お作りする形状により異なります。

制作費プラス、ご希望のピックガード素材の費用が必要になります。※素材の費用(2,500円程度〜)は、種類によります。
ラインナップされているピックガードとは違って、一枚だけ特別にお作りする場合、結構な制作費がかかってしまいますが、あなただけの世界で一つのオリジナルカスタムに、是非ご活用下さいませー(^_^;

ピックガードのラインナップは、まだホームページにご紹介出来ていないものもございます!

ご質問のようにお探しのピックガードがある場合は、お手数ですが、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
対応するモデルがあるかどうか、お調べ致しますので!!
問い合わせフォーム

*最後に、H.Kさんからのご質問
「こんばんは。Gibson SG Jr P90シングルPUのラージピックガードを探しています。Custom Pickguard SG(60年代後期)用フルフェイスピックガード タイプでリアだけのシングルPUのみのタイプございますか? 在庫有無ならびに金額も教えて頂けますか。宜しくお願い致します。」

と頂きました。


上の画像ように既存のピックガードのピックアップ形状以外の形状のピックアップ取り付け穴のご指定(要するにハムバッカー用の穴をP90用の穴に変更の様な指定)は、残念ながら出来ないんです。。
と言うのも、ピックアップの寸法や取り付け位置など細かな設定が必要で、非常にデリケートで難しく、事実上取り扱い出来ない状態なんです。
申し訳ございませんm(__)m


ちなみに上の画像のように「元々あるピックアップ用の穴を無しでオーダーする」ってことは可能です。
※追加の費用は掛かりません。

と、こんな感じで融通が効くところと効かない
ところがあったります。。
そんな訳ですので、どんな事でも結構ですので、まずはお気軽にご相談下さい!

と言う感じで、今回は3つのご質問についてシェアさせて頂きました。
あなたも、もしピックガードについての疑問やカスタムなどでお悩みならお気軽にご相談下さいねー。
問い合わせフォーム

いつでもお待ちしておりますよー(^_^)

最後まで読んで頂いてありがとうございました(^_^)

ポップギターズでは、ギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。

ポップギターズはきっとあなたのお役に立ちますよ〜(^_^)

メンテナンス、リペア、配線カスタマイズなどのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
問い合わせフォーム

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

今週のお買い得アイテム更新!

ポップギターズでは、毎週集替わりでお買い得アイテムをご紹介しております。

今週(3月24日〜3月30日)は、GOTOH SG360/マグナム・ロック(ギター用ロックペグ)が、通常販売価格の5%オフ!になっております。
この機会に、お試し下さーい(^_^)

こちらのページで販売中!
http://www.pop-guitars.com/shop/index.php?main_page=advanced_search_result&search_in_description=1&keyword=sg360%2Fmagnum

今月おすすめの一品を更新しました。

今月おすすめの一品
あなただけの特別なテレキャスターを作りませんか?
未塗装ボディ20%オフ!&アッセンブリプレゼント!
あなただけのテレキャスターを作るチャンス!
今月は、未塗装の高品質テレキャスター用ボディが通常販売価格の20%オフ!
更にお好きなTLタイプ配線済みアッセンブリをプレゼント!

あなただけの!最高の!テレキャスターを作ってみませんか?

【〜10月末まで!】
商品ページへ

ご相談はコチラからどうぞ(^_^)→【お問い合わせフォーム

*テレキャスターでハムバッカー風の骨太サウンドを出す!!方法

*テレキャスターでハムバッカー風の骨太サウンドを出す!!方法

今回は、テレキャスターでシリーズ接続の骨太サウンドが出せるようになる配線カスタムをご紹介します(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

・・・とその前に、実は先月の末からホームページのマイナーチェンジの作業を行っておりまして、やっとこさ、マイナーチェンジ完了しました!
って、ほとんど変わってないやん!!って感じなんですが(^_^;

どこが変わったかって言うと、

「PCで見た時」
「スマホで見た時」
「タブレットで見た時」

で、見え方が違うようになったんです!
プログラムって言うのか、なんと言うのか分かりませんが、変更するの大変でした〜
でも、なんとか完了したので、もしよかったらPC、スマホ、タブレットで見比べて下さいねw

ま、ご報告でした。

そんな訳でここから本題です。

*骨太サウンド切替えスイッチを追加
今回は、テレキャスターを「スイッチ一つで2つのピックアップをシリーズ接続の骨太サウンドに切替えする」カスタムとシェアしたいと思います。

早速ですが、ノーマルなテレキャスターの配線図はこんな感じ。

テレキャスターは年代によっていくつかの配線があるのですが、これはもっともスタンダードでなじみのあるものではないでしょうか。

で、この回路に以前このブログでご紹介しました「シリーズ/パラレル切替スイッチ」を組み込みます。

元々のテレキャスターのサウンドやコントロールは出来るだけ活かしたいので、トーンポットをスイッチポットに変える事で、シリーズ/パラレル切替が出来る様にします。

で、その回路図がこちら。

トーンポットをスイッチポットにしておりまして、シリーズ/パラレルを切替えします。
スイッチがオフの時は、ノーマルなテレキャスターのサウンドとコントロール、しかし、スイッチをオン(ツマミを引っ張ったら)にすると、『ネックピックアップ×ブリッジピックアップ』のシリーズ(直列)サウンドが出力されます!

コントロールの相関図はこんな感じです。

ノーマルなテレキャスターにシリーズ接続の骨太サウンドが追加される感じですね。
シリーズ接続のサウンドは、通常のパラレル接続のサウンドよりも力強く、まさに骨太なサウンドになるんですよー

あなたがもし、もっとパワフルなテレキャスサウンドが出したい!と思っているなら、このカスタムは気に入ってもらえるかも知れないです(^_^)

※一般的なテレキャスターの場合、ネックピックアップのカバーのアース線が、ピックアップのコールド線と共通になっていますので、もしこの回路を取り付ける場合は、ネックピックアップのカバーのアース線を追加して下さい。

このカスタムを施した配線済みアッセンブリは以下のページで販売中!

TLタイプ配線済みアッセンブリ/SHOKのページ

ポップギターズでは、ギターのメンテナンス、調整、カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。

ポップギターズはきっとあなたのお役に立ちますよ〜(^_^)

今回は以上です。
ありがとうございました!

メンテナンス、リペア、配線カスタマイズなどのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ(^_^)
問い合わせフォーム

この記事はお役に立ちましたか?教えて下さい。

*JM用 SP切替えスイッチ追加しました!

*JM用 SP切替えスイッチ追加しました!

以前、ブログでシェアしたジャズマスター用のシリーズ/パラレル切替えが可能なスイッチをポップギターズのラインナップに追加しました(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

前にシェアしたジャズマスター用のスイッチですが、この度、ポップギターズの取り扱いラインナップに追加しました!

以下のページで紹介しておりますので、是非、ご覧下さいませ。
JM用 SP切替えスイッチのページ

今回は以上です。
ありがとうございました〜

追伸:あなただけのスペシャルアッセンブリお作りします!
ギターの回路をリニューアルしたいなど、なんなりとお気軽にご相談下さい(^_^)
問い合わせフォーム

【配線済みアッセンブリのコーナーはコチラです】
ご使用頂いたお客様から驚きと喜びの声を頂いております(^_^)
配線済みアッセンブリのレビューはコチラです。

配線済みアッセンブリ紹介のページはコチラです。

*LPタイプ SPP切替えアッセンブリ追加しました!

*LPタイプ SPP切替えアッセンブリ追加しました!

以前、ブログでシェアしたLPタイプのシリーズ/パラレル切替&フェイズ切替えが可能なアッセンブリをポップギターズのラインナップに追加しました(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

前にシェアしたLP用の回路ですが、この度、ポップギターズの配線済みアッセンブリのラインナップに追加しました!

以下のページで紹介しておりますので、是非、ご覧下さいませ。
LPタイプ SPP切替えアッセンブリのページ

今回はお知らせでした〜(^_^)
ありがとうございました〜

追伸:あなただけのスペシャルアッセンブリお作りします!
ギターの回路をリニューアルしたいなど、なんなりとお気軽にご相談下さい(^_^)
問い合わせフォーム

【配線済みアッセンブリのコーナーはコチラです】
ご使用頂いたお客様から驚きと喜びの声を頂いております(^_^)
配線済みアッセンブリのレビューはコチラです。

配線済みアッセンブリ紹介のページはコチラです。

Mojotone Telecaster用ピックアップ、セットでお買い得!

broadcaster_set

ポップギターズよねざわは、テレキャスターが好きなんです。

そして、ポップギターズではMojotoneのピックアップを推しております。

そんな訳で、Mojotone Telecaster用ピックアップのセットがお買い得になっています!

Mojotoneのピックアップは、モダンなモデルは形にハマらないアイディアが盛りだくさん!そして、ビンテージモデルは、出来うる限りその当時と同じ素材を使い、その当時と同じ制作方法で組み上げています。(手巻きの物はもちろん手巻きで作っています)

USA Mojotoneの社風同様、ピックアップから出てくるサウンドも古きを重んじながらも、決して形にとらわれない、そんな魅力を持っています。

ポップギターズではピックアップの交換リペアも受け付けていますのでお気軽にご相談下さい(^ー^)
ピックアップの交換と当店自慢の配線済みアッセンブリの交換を同時に行いますと、その分リペア費用も抑えられますし、めっちゃいい音になって帰ってきますよ〜
是非、お試し下さいね〜

↓Mojotoneのテレキャスター用ピックアップはコチラです
http://www.pop-guitars.com/shop/index.php?cPath=5_81_35&sort=20a&main_page=index&filter_id=92

2014年6月のおすすめ品は〜

tmv_fat_045

テレキャスターの交換用ネックです!

ギターの根幹を成すと言っても過言ではないかも知れない「ネック」。
ネックの質量が変われば、弦の鳴りも変わり、結果的に出てくる音も変わるのだとか・・・。

より良いギターにする為に、あるいはトラスロッドなどのトラブルで使えなくなってしまったネックの交換用に、、、とにかくネックが無くてはギターは弾けません!

今月はお買い得価格になってますので、狙ってた方はゲットのチャンスですよ〜。

テレキャスター用ネックのコーナはコチラです。

http://www.pop-guitars.com/shop/index.php?main_page=index&cPath=111_172

取り付けには調整が必要になる場合があります。ページ上の解説をご確認お願いします。交換のリペアも承りますのでお気軽にご相談下さ〜い(^ー^)

ジャズマス、ジャガー、ムスタング用ブリッジ「PTB500R」残り僅か

ptb500r_new
とても好評をいただいていたポップギターズ オリジナルのジャズマスター、ジャガー、ムスタング用のローラーブリッジ「POPTUNE PTB500RN」ですが、遂に限定数に達しそうです。。
今日(5/30)現在、残数5セット限り。
もしご検討の方がいらっしゃれば早めのゲットをおすすめします。
次回の生産は今のところ予定していませんので・・・
*POPTUNE PTB500Rのページはこちら
http://www.pop-guitars.com/shop/index.php?main_page=product_info&cPath=2_50&products_id=2794

ところで、以前からご贔屓頂いているお客様から

ジミーペイジがツェッペリンの初期に出していたような、ぶっとくて粘っこい音のテレキャスターが欲しい

とメール頂きました。
で、ジミーペイジがテレキャスターを使っていたのは、知ってはいたのですが、初期のアルバムのレコーディングでテレキャスターを使ってたんですね〜。
こんな事言うと、ツェッペリンのファンの方から怒られそうですがw
ともかく、今回ツェッペリン初期のテレキャスターについて調べる事で、テレキャスターがますます好きになってしまいました!!(元々、テレキャスターが好きなんですけど〜)
テレキャスターは、50年代〜60年代初期までのとそれ以降のとでは、ポットの抵抗値やら色々と変わっていて、当然トーンも変わってるんですよね〜。
で、今回のお客様のご希望の音は、その50年代〜60年代初期の音なのかな〜と言うことでメールで返事しました。

あとやっぱりネックやボディの「鳴り」が、音の本質と言うか、骨になると思いますので、ぶっとい音が欲しかったら、やっぱり良いギター本体ってのが大事になりそうですね(^_^)
特にネック(質量や形状など)は重要な要素の一つだと思います。

・・・ま、そんな難しい話は置いておいて、ツェッペリンの映像をYOUTUBEで探していたら、こんなイカしたセッションを発見!

Foo Fightersとジミーペイジとジョンポールジョーンズの競演。
日本人で言うと誰と誰の競演になるのかな〜?
・・・なんかビックすぎて思い当たる名前が出て来ないですねw

とにかく『やっぱりカッコいいもんは、いつまで経ってもカッコいい』んだな〜と改めて思いました〜