*2つのハムバッカーの接続を同時に切り替える・・・

今回は、このブログを見たお客さんからのご質問にお答えしたいと思います(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

「はじめまして、ちょっと教えて下さい。

2Hでパラレル配線にしたい場合、スイッチは2つ必要ですか?
3wayトグル,2H,1V1Tという構成で出来れば2Hを同時に並列にしたいのですが…
可能なら配線図も教えて貰えると嬉しいです 」

とご質問を頂きました。

結論から書きますと、2つのハムバッカーを1つのスイッチで同時に「シリーズ接続」から「パラレル接続」に切り替える改造は可能です!

「シリーズ接続」「パラレル接続」って何?って思われる方もいるかも知れませんので、少しだけ解説しますと・・・


理科の勉強で習った記憶があるかも知れませんが、上の図の様な回路の接続方法の違いの事なんです。
「シリーズ(直列)接続」と「パラレル(並列)接続」は、使っている部品(電球や電池の数)は同じですが、電池の繋ぎ方で特性が変わってくると言う訳なんですねー。

図の電池にあたる部分がギターで言うとピックアップのコイルになりまして、コイルの接続方法を6P ON-ONのミニトグルスイッチを使う事で切り替える事が出来る回路があるんです。(「*パラレル/シリーズ切り替えスイッチ*」のページ参照下さい

この切替えスイッチの回路を図で表しますと・・・

こんな感じになります。
この図の様に6P ON-ONのスイッチを使うと、2つのコイル(要するにハムバッカー1個)の切替えしか出来ませんので、ハムバッカー1個につき1つのスイッチが必要になります。
しかし、今回のご質問では同時に2つのハムバッカーの「シリーズ接続/パラレル接続」を切替えたいという事でしたので、6P ON-ONのミニトグルではなく、12P ON-ONのミニトグルを使います!
簡単に言いますと、12P ON-ONのスイッチは、6P ON-ONのスイッチが横にくっついた感じのものです。

実際のスイッチはこんな感じ・・・

ですので、先に紹介しました6P ON-ONのスイッチを使った「シリーズ接続/パラレル接続」切替え回路を横に並べる形で接続すればオッケーって訳なんです。
意外とシンプルでしょーw

今回、ご質問頂きました、まるさんのご希望のレイアウト(2ハムバッカー、1ボリューム、1トーン、3WAYトグルスイッチ)にこのスイッチを組み込みますと・・・

こんな感じになります。

このスイッチを組み込めば、通常のネックピックアップ、ブリッジピックアップ、それぞれのピックアップの組み合わせ、そして、シリーズ接続のパワフルサウンド、パラレル接続の軽快なサウンドも使えるようになりますので、かなり守備範囲の広いギターになりそうですねー(^_^)

と言う感じで、お客様からのご相談をシェアさせて頂きました。

あなたもギターのカスタムでこんなの出来るかなー?って疑問があればお気軽にご相談下さい!

いつでもお待ちしておりますよー(^_^)

最後まで読んで頂いてありがとうございました(^_^)

*配線済みアッセンブリのページはコチラです。

ポップギターズでは、ギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。

ポップギターズはきっとあなたのお役に立ちますよ〜(^_^)

メンテナンス、リペア、配線カスタマイズなどのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
問い合わせフォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

今月(2021年9月)
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
翌月(2021年10月)
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
(      発送業務休日)