ハムバッカーのパラレル/シリーズ接続切り替えスイッチ

*パラレル/シリーズ切り替えスイッチ*

今回は、ピックアップの接続を直列と並列に1アクションで切り替えるハムバッカーのパラレル/シリーズ切り替えスイッチについてです。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

以前、ピックアップが2つあれば接続の組み合わせを変えて色んな音が出せると言う事で、「フェイズ(位相)切り替えスイッチ」について書きましたが、今回は、それよりもより実用的かも知れない「パラレル/シリーズ切り替えスイッチ」です。
(基本的にはハムバッカーのピックアップで使う事を前提に書いておりますが、シングルコイルが2つあれば設置可能です)

「シリーズ」接続って言うのは、「直列」でつなぐと言う事(一本の道すじでつながる回路)で、「パラレル」接続って言うのは、「並列」でつなぐと言う事(途中で枝分かれしている回路)。

↑図で書きますと、こんな感じ。
中学生の理科でで習いましたっけ??

直列は電気の流れを一筆書きでたどれる。
並列は、途中で道が分かれるので一筆書きではたどれません。

ま、そんな理屈より、実際につなぎ方の解説いってみましょう(^_^)

パラレル/シリーズ切り替えスイッチは、以下の図のようになります。
※6P ON-ONのミニトグルスイッチなどを使います。

シリーズ接続時の信号の流れはこんな感じ・・・

信号が一筆書きでアウトプットされます。

スイッチを切り替えてパラレル接続にするとこんな感じになります。

信号がそれぞれのコイルを通ってアウトプットされます。

一般的なハムバッカーは、シリーズ接続になっておりまして、力強いサウンドが特徴です。
これをパラレル接続にしますと、中低音の力強さよりも、中高音の軽やかなサウンドが出るようになるんですね〜。
ハムバッカー搭載のギターで、たまには軽快なカッティングしてみたい!って時に威力を発揮するかも知れない。使えるカスタムではないでしょうか??

シリーズ/パラレル、どっちがいいとか言う話ではないので、興味ある方は参考にして頂けたら嬉しいです(^_^)
スイッチ付きのポットでも(6P on-onであれば)出来ますよ〜。

*スイッチつきポットはコチラで販売中!
ボリューム/トーンポットのコーナー

では、今回はここまでです。
ありがとうございました(^_^)/

【配線済みアッセンブリのコーナーはコチラです】
ご使用頂いたお客様から驚きと喜びの声を頂いております(^_^)
配線済みアッセンブリのレビューはコチラです。

配線済みアッセンブリ紹介のページはコチラです。

この記事は役に立ちましたか?より良いブログにする為にアンケートにお答え下さい。

ハムバッカーのパラレル/シリーズ接続切り替えスイッチ」への3件のフィードバック

  1. まる

    はじめまして、ちょっと教えて下さい。

    2Hでパラレル配線にしたい場合、スイッチは2つ必要ですか?
    3wayトグル,2H,1V1Tという構成で出来れば2Hを同時に並列にしたいのですが…
    可能なら配線図も教えて貰えると嬉しいです

    返信
    1. ポップギターズ 投稿作成者

      まるさん。こんにちは(^_^)ご質問ありがとうございます。2つのハムバッカーを1つのスイッチで同時にシリーズ/パラレルの切替えは可能です。えー配線図など作るのに少し時間がかかりますので、ちょっと待って下さいね。ブログの方にアップしたいと思いますのでー。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)