月別アーカイブ: 2018年8月

*ジャズベースのピックアップ(シングルx2)を活用して直列のハムバッカーにする方法

今回は、お客さんから頂いたジャズベースのカスタムのご質問を元に書いてみます。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

ジャズベースは、通常「ネックピックアップ」と「ブリッジピックアップ」が、パラレル(並列)接続されており、各ピックアップがハムバッカーになるようにコイルの巻き方向、磁極が逆になるように組み合わされております。
この組み合わせにより、ミックス時のサウンドは、ハムノイズ(ジーっていうノイズ)がキャンセルされるようになっています。
これはいわゆる(LPなどに使われているギターの)ハムバッカーと同じコイルの組み合わせになります。
この組み合わせが、ジャズベースの独特なサウンドを生み出している要因の一つでもあるのですが、このピックアップの特性を活かして、ジャズベースをシリーズ(直列)接続に組み直す事で、パワフル&ノイズレスなジャズベースに覚醒させることが可能になります!
ジャズベース
通常のジャズベースは、ネックピックアップとブリッジピックアップが、パラレル(並列)に接続されており、軽快なジャズベースを生み出しています。(下の図、左側)
ジャズベースのピックアップの特性を活用して、シリーズ(直列)に接続しますと、ジャズベースなのに、プレベの様な力強い中低音が出せる様にんるんです。
ジャズベースは、ピックアップの組み合わせが元々ハムバッキングになっていますので、パラレルでもシリーズでもハムノイズはキャンセルされます。
回路を変更しただけのジャズベース
切り替えとかややこしい。。って場合は、どちらかの配線カスタムで良いと思いますが、ジャズベースの音も好きだし、もーちょっと中低音出したい!なんてお考えの方には、切り替えスイッチを装備して、「パラレル⇄シリーズ」を切り替えて使える様にする事をオススメします。
スイッチを装備した場合
ミニトグルなどで切り替えスイッチを装備すると、上の図の様に「パラレル⇄シリーズ」を瞬時に切り替えて使える様になります。
ジャズベースなのに、プレベ的に力強い音も出せるなんて面白そうじゃないですか?

そんな訳でここからは、ジャズベースの「パラレル」接続、「シリーズ」接続の配線カスタムについてシェアします(^_^)

まずは一般的なジャズベースのノーマルの回路。

一般的なジャズベース回路(パラレル)
各ピックアップからの出力がそれぞれに独立してアウトプットされます。
これが並列接続。

次にシリーズ接続バージョン。
ハムバッカーのジャズベース回路(シリーズ)
ブリッジピックアップからの出力がネックピックアップに入力され、ネックピックアップの出力も合わさってアウトプットされます。
これがシリーズ接続。

上の2つの回路を採用すると、いずれかの接続方法のみの出力になりますが、実は、切り替えスイッチを追加する事で、2つのサウンドを切り替えて使うことができる様になります。

それが下の図。
スイッチを装備したジャズベース回路
ミニトグルなどのスイッチを組み込むことで、上記2つの回路を切り替えて使えるんですねー(^_^)
ミニトグルってめっちゃ便利。

ジャズベースなのにプレベっぽいパワフルサウンド!
バンドで、もうちょいパワー欲しいなーとかいう場合に、こんな無添加(エフェクターとか使わず)のパワーアップ、ちょっと面白そうじゃないですか??
あなたのジャズベースにも、ぜひ無添加の配線カスタムをお試しください。

あなただけの回路も考えてお作りしますので、お気軽にご相談下さいねー(^_^)

今回は以上です!

ポップギターズは、ギターのメンテやリペアも承ります!
ご愛用のギターやベースの調子が悪い、とか、こんな症状で困ってる、など困ったことがあったら、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?