*ピート・タウンゼントのLP-DLX(改)回路ご紹介

今回も、特注で頂きましたマニアックな回路のご紹介です。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

ピート・タンゼントのレスポールデラックス(改)を再現したモデルがあるのですが、それと同じ仕様の回路を特注で頂きましたので、今回はその回路について書いて見ます。

まず、ピート・タウンゼントのレスポール・デラックス(改)ってどんなのか?って言うと・・・

これです。
ネックがボキッといってしまってる過激な画像ですが、どうやらライブで折られてしまった悲劇のギターのようです。。(画像はネットから拝借しました)

要するに通常のレスポール・デラックスのセンター部分にハムバッカーが追加されていて、ボリュームなどのコントロール付近にトグルスイッチが増設されています。
増設されたトグルは、センターピックアップのオン/オフとタップスイッチになっておりまして、通常ネックトーンのポットが、センターピックアップのボリュームになっています。
そして、ブリッジトーンのポットがマスタートーンになっていると言うわけです。

今回は、この回路のご依頼を頂きまして、制作致しました。

ノーマルの2ピックアップのスタンダードな回路は以下の図のようになってます。
LP スタンダード回路
この回路にセンターのピックアップとトグルスイッチを追加するのですが、その前に、追加のトグルスイッチは、ピックアップの「オン/オフ/タップ」の切り替えができなければならないので、6P ON-ON-ONのトグルスイッチを使います。

6P ON-ON-ONのスイッチは、こんなものです。
雛形になるアクリル板

この6P ON-ON-ONのスイッチは、少し変わったスイッチになってまして、レバーの動きとスイッチの動きが以下の図のようになっています。
雛形になるアクリル板

このスイッチを使って、ピックアップの「オフ/オン/タップ」を切り替えます。

*まずは、オフ状態の信号の流れ。
ピックアップからの信号は、どこにも繋がらないので、音は出ない状態。

*次に、オン状態(フル)の信号の流れ。
ピックアップからの信号は、両方のコイルを通って出力されるので、フルのハムバッカーサウンドになります。

*最後に、タップ状態の信号の流れ。
ピックアップからの信号は、コイル1のみ出力されます。

このスイッチ回路をギターの回路に組み込みますと、、、

こうなります。

ネック用トーンポットをセンターピックアップ用ボリュームに変更し、ブリッジ用のトーンポットをマスタートーンに変更しています。

てな感じで、回路自体は個々に見ると複雑と言うほどでもないのですが、実際にギターに組み込む場合は、トグルスイッチの取り付け穴やセンターピックアップの取り付け穴のざくり加工が必要になりますので、そこそこ大規模なリペアが必要になりますね(^_^;

と言うことで、今回もマニアックでプライベートな回路の制作事例のご紹介でした。

あなただけのスペシャルなギター作りの為に、ポップギターズがお役に立てるかも知れませんので、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*プライベートなギター回路の事例ご紹介(パート1)

今回は、特注で頂きましたお客様のお好みに合わせたプライベートな回路をご紹介してみます。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

2ハム(2Vol / 2Tone)のギター(要するにLPスタイル)をお使いのお客様から「コイルタップスイッチ」と「ダイレクトスイッチ」を追加した回路の制作をご依頼頂きました。

・お客様のリクエストは・・・

1、コイルタップスイッチ・・・ブリッジピックアップのトーン部分にスイッチポットを組み込んで、ネック&ブリッジピックアップのコイルタップを行う

2、ダイレクトスイッチ・・・ネックピックアップのトーン部分にスイッチポットを組み込んで、ネックピックアップのみのダイレクト出力への切り替え

の2点でした。

ごく一般的な2ハム(2Vol / 2Tone)の回路は・・・
Fender Japan MG69-65 YWH
こうなってます。

この回路のトーンポット部に、スイッチポットを組み込んでご希望の「コイルタップスイッチ」と「(ネックピックアップの)ダイレクトスイッチ」を追加しますと・・・
雛形になるアクリル板

こーなります。。
ごく一般的な2ハム(2Vol / 2Tone)の回路と比べると、線がどこ行ってるのかわからなくなりますね(*_*)

しかし、この回路を組み込めば、ご依頼頂いたお客様のプレイスタイルにマッチした、スペシャルなギターに生まれ変わるんですよねー。

この回路を組み込んでお客様にお届けしました。

そして、オーダー頂いたお客様からは

「(アッセンブリ交換して)音を出してみて、サーキットが増えているにも関わらず、劣化はほぼなしでした。とても満足です。」

と評価頂きました!!
お客様が満足して頂けたと言うことは、僕の仕事が成功したって事ですので、めっちゃ嬉しいです(^_^)

と言うことで、今回はプライベートな回路の制作事例のご紹介でした。

あなただけのスペシャルなギター作りの為に、ポップギターズがお役に立てるかも知れませんので、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*2017年X’mas限定*配線済みアッセンブリお試しキャンペーン*

*2017年X’mas限定*
*配線済みアッセンブリお試しキャンペーン*


12月23日・24日・25日限定!
高級パーツを丁寧に組み込んだ配線済みアッセンブリ全品20%オフ!
更に30日間の返金保証付きです。

【配線済みアッセンブリのコーナーはコチラです】
ご使用頂いたお客様から驚きと喜びの声を頂いております(^_^)
配線済みアッセンブリのレビューはコチラです。

配線済みアッセンブリ紹介のページはコチラです。

*ムスタングのピックガード交換&ピックガード作成

今回は、Fender Japanのムスタングのピックガード交換とそのピックガードを作ったレポートです。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

Fender Japan MG69のピックガードなのですが、写真のように元々「茶べっ甲」と言われる比較的ダークな色合いのものが付いています。
ボディの黄色っぽいカラーとのバランスをもう少し明るめにしたい!と思いまして「赤べっ甲」と言われるピックガードに交換したいと思います(^_^)

まずは、元々の姿はこちらです。
すでに弦を外してますが、こんな感じのダークなピックガードなので、もう少しポップな印象にしたくて、明るめの色合いの「赤べっ甲」素材に変えようと思った訳です。
Fender Japan MG69-65 YWH
で、Fender Japanのムスタング用の赤べっ甲のピックガードが既存でないかなー?と探してみたのですが、見つけられず。。
(あるのかも知れませんが、、、)そこで、今回、特別に作ってみたいと思います(^_^)

では、ここからは、ピックガード作成についてです。

①アクリル版で元になる雛形を作ります。
↓これはカット前のアクリル板
雛形になるアクリル板

②このアクリル板にスキャンして、アウトラインを取り出した線を貼り付けて、カットしていきます。
スキャンした線を貼り付けます

③外周をカットした状態(途中)
アクリル板切り出し途中

④そんなこんなで、アクリル板のカット完了。
mustangピックガード雛形完成

⑤出来上がったアクリル板の雛形とピックガード素材を固定して、トリマーで同じ形状にカットすれば、ピックガード完成!
この間にいろんな工程があるのですが、作業に集中してしまって途中の写真とってなかったです。。
赤べっ甲ピックガード完成

ここからは出来上がったピックガードを取り替えていきます。

元のピックガードは、先にも紹介しましたようにダークな「茶べっ甲」
少しでも印象を明るくしたいので、先ほど作った「赤べっ甲」に交換します。

元々の茶べっ甲ピックガード

ピックガード固定用ネジを全て外し、ピックアップ取り付けネジ、セレクターの取り付けネジも外しますと・・・

茶べっ甲のピックガードを外していきます

ピックガードが外れます。
さらば「茶べっ甲」今までありがとう!
茶べっ甲のピックガードよ、さらば。

ピックガードなし状態。海苔のないおにぎり状態。
のりなしおにぎり風ムスタング

そして、この「赤べっ甲」を取り付けます!
赤べっ甲のピックガードを取り付けます

ピックアップ取り付け時に高さ調整用のネジとバネを取り付けるのが少し面倒ですが、慎重に取り付けてっと・・・

取り付け完了!(この間の工程も写真とるつもりだったんですが、作業に集中して写真忘れてました。。)
「赤べっ甲」とボディのイエローホワイトの組み合わせ、ちょっといい感じじゃないですか??
個人的には気に入りました(^_^)
赤べっ甲取り付け完了!

ちなみにこのムスタングにもポップギターズオリジナルのPOPTUNE PTB500RTを装備してます!
ムスタング PTB500RT装備

番外編、実は白の3プライも作ってみたので取り付けてみました。
取り付けたらこんな感じになりました。
ホワイト3プライのピックガード

今回は以上です。
探しているピックガードや作ってみたいピックガードなど、ポップギターズがお役に立てるかも知れませんので、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*2ハムのギターにグレッチ風ピックアップ(フィルタートロン)を取り付けてみた。

今回は、一般的なハムバッカーが2つ付いているギターのピックアップをグレッチ風のピックアップ(フィルタートロン)に交換してみた報告です。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

今回は、僕の大好きなフィルタートロンスタイルのピックアップが入荷したので、当店にあるUSEDのギターに取り付けてグレードアップしたいと思います(^_^)

フィルタートロンタイプのピックアップに交換するギターはこちら。
交換するギターLS38
ストライプがかっこいいこのギターなんですが、これにGretschのフィルタートロンスタイルピックアップを取り付けます。

ちなみにフィルタートロンというのは、下の図のようなピックアップです。
これがGretschのフォルタートロン
フィルタートロンは、Gretsch社が独自に開発したピックアップなんですが、近年では、そのサウンド、ルックス共に人気がありまして、交換用のピックアップとして、いろんなメーカーから販売されます。
今回は、そんなフィルタートロンスタイルのピックアップを一般的なハムバッカーが搭載されたギターに取り付けようって訳です。

まずは元のピックアップを外しまして
↑ピックアップの交換自体は、必要な工具が揃っていれば、個人でも難しい訳ではないのですが、フィルタートロンタイプのピックアップは、一般的なハムバッカーと比べてピックアップの形状自体が異なるので、取り付けるための土台なども設置しなければいけないんです。

取り付け方法の違いを埋めるべく台座を用意
そんな訳で、元のピックアップを外したら、フィルタートロン取り付け用に台座を作って取り付けます。

取り杖教にセンターを印
こんな感じで、材をピックアップ取り付け穴にフィットするようにカットして・・・

スペーサーをセット
台座固定用のネジ位置を決めて・・・

スペーサをネジで固定
ネジで固定!これでフィルタートロンの取り付け準備オッケーです。

部品仮置き
仮にパーツを並べてみて

仮置き部品アップ。イメージ膨らむー
完成時の姿をイメージして、ひとまずホッコリw
いい感じに仕上がりそうな予感(^_^)

いきなり完成!
そして、いきなりですが、完成!!
途中の写真撮るの忘れてしまってました。。

途中の写真撮るの忘れてましたー
台座を設置した後、エスカッションを仮で並べてピックアップの位置を決めてから取り付けていきます。

テンションバーも追加
弦のテンションを最適にするために(ブリッジ〜トレモロ間に)テンションバーも設置。

ビンテージスタイルのトレモロアーム
ビンテージな雰囲気のトレモロユニットもいい感じですー

スタンバイスイッチとプリセットトーン用のスイッチ追加
マスターボリュームとマスタートーンの他に、グレッチ風にスタンバイスイッチとプリセットのトーン(ブライト)スイッチを設置。

ビザールギター!?
このどっさり感がビザールな感じでいいですねー。でもビザールギターより弾きやすいし、扱いやすい!

フィルタートロン近影
今回取り付けたフィルタートロンスタイルのピックアップは、マグネットにアルニコ2を使ったこだわりのピックアップで、本家にも劣らない空気感があるナイスなピックアップです。

と言う事で、今回は以上です。
今回は、単にポップギターズ米澤の好みでカスタマイズしたギターのご紹介でした。。

ご覧頂きましてありがとうございました!

あなたのギターに合わせた回路の制作やアッセンブリの交換など、どしどし承りますので、気になる事、分からない事などございましたらお気軽にお問い合わせくださーい(^_^)

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*1芯のハムバッカーを4芯にする

今回は、ハムバッカーから出ている配線の交換についてです。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

前回の記事でシェアしました「ハムバッカーの接続方法色々」ですが、ピックアップから出ている配線が、1本だけのもの(1芯又は2芯)ですと記事に書いたような接続方法を切り替えることが出来ません。。
1芯の図
↑とか
2芯の図
↑これなどは、接続の切り替えが出来ません。

そこで、今回は1芯の配線のハムバッカーを4芯の配線にする「オペ」をやって見たいと思います(^_^)
4芯の図

今回「オペ」を行うピックアップはこちらです。
ハムバッカー
ピックアップから出ている配線は・・・
配線部アップ
上の画像のようにホット線とコールド線の2本だけ。

このようにピックアップから出ている配線が「ホット」と「コールド」しかない場合、各コイルから出ている根元の部分の配線を分ける改造(オペ)をする事で色々な接続を楽しめるようになるんですよー

しかし!この改造は、重大なトラブルを引き起こす可能性がありますので、誰にでもおすすめ出来るものではありません!!
ピックアップのコイルに使われているワイヤーケーブルは、非常に細く、ちょっとした事で切れてしまう恐れがあります。
ですので、個人では出来ればやらないでくださいね(^_^;

とか言いながら続けますが・・・w

今回は、この1芯の配線を4芯の配線にするためにこれ↓を使います。

4芯のワイヤーケーブル
このように4本の配線とアース線が1本にまとまったワイヤーが単体であるんです。

この4本が1本になった配線を以下の図のように接続する事で1芯だったハムバッカーが4芯に生まれ変わります。

1芯のケーブルを接続
元々は↑こんな感じ・・・これを
4芯のケーブルを接続
4本の配線を上の図のように接続するわけです。

ま、これだけの事なんですが、先ほども書きましたようにピックアップのコイルに使われているワイヤーケーブルは非常に繊細ですので、慎重な作業が必要になるんです。
万が一、このワイヤーケーブルが切れてしまうと!最悪の場合、再起不能になる恐れがありますので。。

今回は、実際に1芯のハムバッカーを4芯にして見ました。

1芯仕様のハムバッカー
このハムバッカー(1芯)を4芯にします。

ピックアップカバーを外します。
まずは、ピックアップカバーを外すために、固定している両サイドのハンダを除去。

ハムバッカー、カバーを外した状態
カバーを外した図

ピックアップ裏面
ピックアップ裏面にある4ヶ所のネジが、ボビン(コイルを巻いている部分)を固定しているネジです。

ピックアップ側面、細かい線が見えます。
カバーを外したハムバッカーの側面、コイルから出ている細い線を分ける作業を行うわけです。

ボビンを止めてるネジを外す
ボビンを固定しているネジを外します。

ボビンとプレートが外れました
4ヶ所のネジを外すとボビンとプレートが外れます。

プレートのアースを外します。
プレート部分にはアース線が接続されていますので、これも取り外します。

プレートから外したコイル部分
プレートからコイルを外しました。

配線をカットし再接続
コイルとコイルを繋いでいる配線をカットし、4芯の配線の各線に接続します。
今回は、ダンカンと同じ配列で接続しました。
ブラック:コイル1+
ホワイト:コイル1−
レッド:コイル2+
グリーン:コイル2−

各線を接続
こんな感じ

プレートに再設置
接続部分を絶縁し、アース線はプレートに接続し、ボビンとプレートを固定します。

ピックアックカバーを固定
カバーをハンダで固定。

4芯配線のハムバッカーになった
作業完了。
4芯のハムバッカーに生まれ変わりました(^_^)

と言う事で、今回は以上です。

ご覧頂きましてありがとうございました!

あなたのギターに合わせた回路の制作やアッセンブリの交換など、どしどし承りますので、気になる事、分からない事などございましたらお気軽にお問い合わせくださーい(^_^)

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*ハムバッカーの接続色々・・・

今回は、ハムバッカーの接続方法の色々について書いてみます(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

ハムバッカーは下の図のように2つのコイルが1つに繋がったピックアップです。

ハムバッカーとは
ハムバッカーの特徴と言えば、一般的にパワフルで中低音がずしっ!みたいなイメージだと思うのですが・・・

実は、2つのコイルの接続方法を変えたり、1つのコイルだけにするなどを切り替えることで、いくつかのサウンドバリエーションを楽しむことが出来るんですよー(^_^)

例えば、その1つが上の図でも書きましたように・・・
シリーズ接続
コイルAの+(プラス)とコイルBの−(マイナス)を接続し1つのピックアップとして使う方法。
これが一般的なハムバッカーの接続で「シリーズ接続」と言われるものです。
このパターンで接続しますとパワフルで中低音のしっかりしたサウンドが得られます。

次にご紹介しますのがコチラ

パラレル接続
各コイルの+(プラス)と+(プラス)そして、−(マイナス)と−(マイナス)を接続し、1つのピックアップとして使う方法。
これはシングルコイルを2つ同時に鳴らすような感じになり、中高音の軽快なサウンドが得られます。
しかもハムバッキング効果(ハムノイズが軽減)も得られます。
これは「パラレル接続」と言われるものです。
力強さは、シリーズ接続に比べると弱くなりますが、独特のサウンドはとても魅力的です。

そして、次はコイルタップ(コイルスプリット)
コイルタップ
コイルBしか使わない。(又はコイルAしか使わない)要するにシングルコイルとして使うパターン。
この場合のサウンドは、まさにシングルコイル。
でも、元々シングルコイルとして使うようにデザインされていないので、出力が小さくなったり音的にあまり魅力的でなかったりする場合もあります。(コイルタップを想定したハムバッカーもありますので、その場合はこの限りではありません)
接続方法によって、コイルAを使ったりコイルBを使ったり選べます。

他にもフェイズ(アウト)のシリーズ、パラレルの接続もありますが、今回は割愛します。

ここまでハムバッカーの2つのコイル接続方法についてシェアしましたが、ハムバッカーによっては、ピックアップからの配線が1本(と網線)しかなかったり、2本しかなかったりするものがあります。

残念ながら、これらのタイプ(配線が1本(と網線)又は2本)の場合、今回シェアした接続の切り替えは出来ません。。

しかし!(配線が1本、2本だけのハムバッカーも)ピックアップ自体をカスタムすれば、いや、もはやカスタムと言うよりも「オペ」かも知れません。
ピックアップに「オペ」を加えれば、今回シェアしました接続の切り替えが可能になります!

でも「オペ」ですから、誰でも簡単に行えるものではありません。
ですので、あまりおすすめ出来ないカスタムなんですが、このおすすめ出来ないカスタムは、次回ご紹介しまーす(^_^)

と言う事で、今回は以上です。

ご覧頂きましてありがとうございました!

あなたのギターに合わせた回路の制作やアッセンブリの交換など、どしどし承りますので、気になる事、分からない事などございましたらお気軽にお問い合わせくださーい(^_^)

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*トグルスイッチでピックアップを切り替えるタイプのテレキャスターにシリーズ/パラレル切り替えスイッチを組み込むには・・・

今回は、ブログにコメント頂いたお客さんから頂いた問い合わせについて書いてみます(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

「テレキャスターのシリーズ/パラレルの切り替えの回路はトグルスイッチを使ってもできますか?」

テレキャスター用の配線済みアッセンブリ(ポップギターズで販売中!)の中にスイッチポットを使ってシリーズ/パラレルの接続を切り替えすることができる「TLタイプ配線済みアッセンブリ/SHOK」ってのがあるのですが、このアッセンブリには、一般的なテレキャスターに採用されている「3WAYのスライドスイッチ」を使っています。

3wayスイッチ
今回、お客様から頂いたご質問は、この3WAYのスライドスイッチ部分をトグルスイッチに変えることはできますか?ってことでした。
トグルスイッチはこんなのです。
トグルスイッチ
レスポールなんかに使われているタイプです。

で、答えとしては「出来ます!」なんですが、今回は、このトグルスイッチを使ったシリーズ/パラレル切り替えの回路について書いてみます。

まずは、通常の3WAYスイッチを使ったシリーズ/パラレル切り替えの回路をみてますと・・・

TLシリーズ/パラレル切り替えスイッチ回路3WAYスイッチ
こうなります。
これは、「TLタイプ配線済みアッセンブリ/SHOK」の回路になるのですが、この3WAYスイッチをトグルスイッチに変えてみますと・・・
TLシリーズ/パラレル切り替えスイッチ回路トグルスイッチ
こうなります。

単純にスイッチの形状と言うか仕様が変わっただけですので、基本的な接続は同じです。
トグルスイッチを使ったテレキャスターにシリーズ/パラレル切り替え回路を組み込む場合こうなります。

※この回路の場合もネックピックアップに金属のカバーがついてるタイプの場合、カバー用にアース線を追加する必要がありますので、ご注意ください。

と言う事で、簡単ですが、今回は以上です。

ご覧頂きましてありがとうございました!

あなたのギターに合わせた回路の制作やアッセンブリの交換など、どしどし承りますので、気になる事、分からない事などございましたらお気軽にお問い合わせくださーい(^_^)

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*テレキャスターを2ボリューム化する方法

今回は、お客さんから頂いた問い合わせについて書いてみます(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

「テレキャスターを2ボリュームにして使いたい」

と問い合わせを頂きましたので、一般的なテレキャスターを2ボリューム仕様にする方法をシェアしたいと思います。

まず、はじめに一般的なテレキャスターは・・・


上の画像のように1マスターボリューム、1マスタートーン、セレクタースイッチと言うコントロールになっています。

このコントロールを2ボリュームにするとなると、トーンを無くしてどっちかをブリッジPU用ボリューム、もう一方をネックPU用ボリュームにするのが、一番スムーズかなー?と思いますので、今回はそのパターンでいきたいと思います。

どっちのつまみにどっちのボリュームを割り当てるかですが、感覚的に考えますと、、、

こちら側がブリッジPU用ボリューム


そして、こちら側がネックPU用のボリュームがいいかなと思いますがいかがでしょうか??

ピックアップセレクターは、一般的なテレキャスターのままです。

この配線カスタムは各ピックアップ毎のボリュームコントロールが可能になりますので、ミックス時により好みの音色を作れるようになりますねー(^_^)

ネックPUとブリッジPUのボリュームバランスをプリセット的にしておいて使うことも出来ますね。

トーンコントロールは、出来なくなる副作用はありますが、2つのピックアップのバランスを変えて音作り出来るのはメリットかもしれませんね。
特にギターでは、ピックアップのバランス調整ってあまり見かけませんので、面白いかも知れないですね!!

配線図は以下の通りです。

ちなみに一般的なテレキャスターの配線図は以下の通り

最終的にコントロールは以下の図のようになります。

今回はトーンコントロールがなしって言うパターンですが、ミニトグルなどを使ってプリセットトーンを設置するなんてことも可能です。
プリセットのトーン回路に関しましては、またいつか機会があればご紹介しますね(^_^)

今回は、以上です。
ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*ボディの材について。パート③

またまた今回も、ギターのネックやボディに使われている木材による音の個性や特徴について超簡潔に書いてみます(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

エレキギターのボディやネックに使われている材料は、基本的に「木」です。
ギターに使われている木の種類が変わると「トーン」も変わるとか、変わらないとか。。

ギターに使われている「材」の種類と特徴を第3回目の今回は4種類ご紹介します。

・(インディアン)ローズウッド

「ローズウッド」は、主に指板に使われている材。
アコースティックギターのサイド・バックとしても使われている。
指板に使われる程度では、ギター全体の音質に影響を与えるほどでは無いのですが、アコースティックギターに使われる場合、マホガニーのものと比べると上品なトーンと言うか、高音から低音までバランスよく、輪郭もはっきりした感じ。(逆にマホガニーは、中音が良く出る感じ)

・(ブラジリアン)ローズウッド(ハカランダ)

「(ブラジリアン)ローズウッド」も、主に指板として使われていた材。
ハカランダと言うと、この(ブラジリアン)ローズウッドの事。(現在、流通している材で「ハカランダ」と呼ばれるものは「ホンジュラスローズウッド」の事らしい。ややこしい(^_^;)
ワシントン条約により、現在は輸入が禁止されている。
オールドのフェンダー(59年-60年)の指板として使われていて、ギターの希少価値を更にアップさせている材。。
ちなみに、音質面などは(インディアン)ローズウッドとほぼ変わらないが、木目が美しいので人気が高い。

・エボニー

「エボニー」は、高級なギターやベースの指板に使われている材と言う印象。
目が詰まっていて堅い。
音質も堅くサスティン、アタック共によいと言われています。
材の強度が高いので、指板に使う事でネック全体の合成がアップする効果がある。
乾燥に弱いとの事ですので、お使いの方はメンテ忘れずに。

・パーフェロー

「パーフェロー」は、エボニーに近い緻密さを持つ材。
エボニー、ローズなど、指板材の供給が危ぶまれている現在、代替え品として使われる事が多い。
木目も美しく音色やアタック、サスティンも良い材。

てな感じで、今回も4種類ご紹介しました。
また、機会があれば紹介していきますねー(^_^)

今回は、以上です。
ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?