*2つのハムバッカーの接続を同時に切り替える・・・

今回は、このブログを見たお客さんからのご質問にお答えしたいと思います(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

「はじめまして、ちょっと教えて下さい。

2Hでパラレル配線にしたい場合、スイッチは2つ必要ですか?
3wayトグル,2H,1V1Tという構成で出来れば2Hを同時に並列にしたいのですが…
可能なら配線図も教えて貰えると嬉しいです 」

とご質問を頂きました。

結論から書きますと、2つのハムバッカーを1つのスイッチで同時に「シリーズ接続」から「パラレル接続」に切り替える改造は可能です!

「シリーズ接続」「パラレル接続」って何?って思われる方もいるかも知れませんので、少しだけ解説しますと・・・


理科の勉強で習った記憶があるかも知れませんが、上の図の様な回路の接続方法の違いの事なんです。
「シリーズ(直列)接続」と「パラレル(並列)接続」は、使っている部品(電球や電池の数)は同じですが、電池の繋ぎ方で特性が変わってくると言う訳なんですねー。

図の電池にあたる部分がギターで言うとピックアップのコイルになりまして、コイルの接続方法を6P ON-ONのミニトグルスイッチを使う事で切り替える事が出来る回路があるんです。(「*パラレル/シリーズ切り替えスイッチ*」のページ参照下さい

この切替えスイッチの回路を図で表しますと・・・

こんな感じになります。
この図の様に6P ON-ONのスイッチを使うと、2つのコイル(要するにハムバッカー1個)の切替えしか出来ませんので、ハムバッカー1個につき1つのスイッチが必要になります。
しかし、今回のご質問では同時に2つのハムバッカーの「シリーズ接続/パラレル接続」を切替えたいという事でしたので、6P ON-ONのミニトグルではなく、12P ON-ONのミニトグルを使います!
簡単に言いますと、12P ON-ONのスイッチは、6P ON-ONのスイッチが横にくっついた感じのものです。

実際のスイッチはこんな感じ・・・

ですので、先に紹介しました6P ON-ONのスイッチを使った「シリーズ接続/パラレル接続」切替え回路を横に並べる形で接続すればオッケーって訳なんです。
意外とシンプルでしょーw

今回、ご質問頂きました、まるさんのご希望のレイアウト(2ハムバッカー、1ボリューム、1トーン、3WAYトグルスイッチ)にこのスイッチを組み込みますと・・・

こんな感じになります。

このスイッチを組み込めば、通常のネックピックアップ、ブリッジピックアップ、それぞれのピックアップの組み合わせ、そして、シリーズ接続のパワフルサウンド、パラレル接続の軽快なサウンドも使えるようになりますので、かなり守備範囲の広いギターになりそうですねー(^_^)

と言う感じで、お客様からのご相談をシェアさせて頂きました。

あなたもギターのカスタムでこんなの出来るかなー?って疑問があればお気軽にご相談下さい!

いつでもお待ちしておりますよー(^_^)

最後まで読んで頂いてありがとうございました(^_^)

配線済みアッセンブリのページはコチラです。

ポップギターズでは、ギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。

ポップギターズはきっとあなたのお役に立ちますよ〜(^_^)

メンテナンス、リペア、配線カスタマイズなどのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
問い合わせフォーム

*今週のお買い得更新!

ポップギターズでは、毎週集替わりでお買い得アイテムをご紹介しております。

今週は、ゴールデンウィーク特別割引と言うことで〜5月7日までの期間、特別クーポンを使うとポップギターズの取り扱い商品全品が、通常販売価格から更に5%オフ!になっちゃいます!
この機会に、お得にお買い物をお楽しみ下さーい(^_^)

GW・クーポン【 dc76a91c87 】

支払情報を入力するときに上記のクーポンコードを指定してください。
※他のクーポンとの併用は出来ません。

今週のお買い得更新!

ポップギターズでは、毎週集替わりでお買い得アイテムをご紹介しております。

今週(4月21日〜4月27日)は、GOTOH SXB510 & SXB510V(オープンバックスタイルペグ)が、通常販売特価から更に5%オフ!になっております。
GOTOHが独自のアイディアと技術の粋を注いで完成させた最新鋭の”ビンテージスタイル”オープンバックペグです。(見た目は、トラディショナル、でも中身は最先端!)
この機会に、あなたのお気に入りのギターに世界最高峰のペグをプレゼントしてみませんかー?
ぜひお試し下さーい(^_^)

こちらのページで販売中!
http://www.pop-guitars.com/shop/index.php?main_page=advanced_search_result&search_in_description=1&keyword=170421

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

今回は、ストラトをお使いのお客様からのリクエストについて、ご紹介します(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

ストラトをお使いのお客様から

「ブリッジピックアップ単体の音は、使わないので(その他のピックアップの組み合わせは普通に使う)セレクタースイッチをブリッジ側にした時に『ブリッジピックアップ+ネックピックアップ』の組み合わせになるように出来ませんか?」

とご相談を頂きました。

当店の配線済みアッセンブリでブレンダーボリュームを使ってネックピックアップとブリッジピックアップをブレンドして使えるモデル(STタイプ配線済みアッセンブリ/T-SOUND)があるのですが、ブレンダーボリュームで調整するのではなく、スイッチの切替えだけで、ブリッジPU+ネックPUの組み合わせにしたいとの事でしたので、特別な回路を考えてみました。

通常ストラトに使われている5WAYのスイッチですと、希望通りの回路が作れそうにありませんので、今回はOAKのスーパースイッチと言う4回路5接点の特別なスイッチを使ってスペシャル回路を実現したいと思います(^_^)

↑これがOAKスーパースイッチ


で、↑これがその回路です。

この回路ですと、ピックアップの組み合わせは以下の図のようになります。

これで、ご希望通り、スイッチをブリッジ側にしたら自動的に『ネックピックアップ+ブリッジピックアップ』音が出力される回路が出来ました!

この回路で使っておりますOAKスーパースイッチは以下のページで販売中!
OAKスーパースイッチのページ

ちなみに通常の5WAYのスイッチでご希望に近い回路を作ろうと思いますとこんな感じかなー??


上の図の様に配線すると、スイッチをブリッジピックアップ側にした時にネックピックアップとブリッジピックアップが同時に出力されます。
が、副作用としまして、ブリッジピックアップとミドルピックアップのハーフトーンが出せず、ネック、ミドル、ブリッジ、全てのピックアップが出力される事になります。

ま、これはこれで悪くないと思いますが、今回のご希望には沿わなかったと言う訳ですねー。

と言う感じで、お客様からのご相談をシェアさせて頂きました。

あなたもギターのカスタムでこんなの出来るかなー?って疑問があればお気軽にご相談下さい!

いつでもお待ちしておりますよー(^_^)

最後まで読んで頂いてありがとうございました(^_^)

配線済みアッセンブリのページはコチラです。

ポップギターズでは、ギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。

ポップギターズはきっとあなたのお役に立ちますよ〜(^_^)

メンテナンス、リペア、配線カスタマイズなどのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
問い合わせフォーム

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*ピックガードについてのご質問とその答え

今回は、ピックガードについて時々頂くお問い合わせを少しだけですがご紹介します(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

ピックガードってギターのドレスアップやカスタムにとても有効なんですが、自分のギターに対応するかどうか分かりにくかったり、オリジナルで仕様変更のオーダーが出来るのか?など、色々と疑問に思う事が多いかもしれないですねー。

今回は、そんなピックガードについて、頂いたいくつかのご質問をご紹介したいと思います。
では、早速いってみましょう(^_^)

*一つ目は、H.Aさんからのご質問です。
「教えてくださいピックガードなんですが3プライ(3P)と5プライ(5P)では厚さは違いますか?」

と頂きました。

(ちなみにここでご紹介するお問い合わせに関しましては、すでにご質問頂きましたお客様にお返事をしております。)


※上の画像の様にカラーの違う素材を重ねたものを「プライ」と言います。

3プライ(3P)と5プライ(5P)のピックガードでは、厚みが異なります。
例えば、ブラックの3プライは0.9インチ(2.286mm)で、ブラックの5プライは、0.11インチ(2.79mm)となっておりまして、僅かですが厚みの違いはあります。(約0.5mmの差です。)

ギタリストは、ピックガードの厚みについてそこまでシビアに気にされる方は少ないと思いますが、ベーシストはスラップする際の指の入り具合などの微妙な感覚が重要になってきますので、ピックガードの素材の厚みもきになる所ですよね。

ホームページにご紹介出来ていない情報もあったりしますので、もしも気になる事があればお気軽にお問い合わせ下さい(^_^)
問い合わせフォーム

*続きまして、K.Sさんからのご質問です。
「フェンダーメキシコのジャガーベースモダンプレイヤーと言うモデルのピックガードを探してます?ない場合オーダーを考えてますが、いくらぐらいで作れますか?」

と頂きました。

お調べ致しました結果、残念ながら、お問い合わせのモデルのピックガードは現時点では取り扱いがなく(要するに元になる雛形がなく)ご用意する事が出来そうにありません。。

仮に、元になるピックガードをお預かりして、複製を制作する場合の費用は、概ね10,000円程度〜となります。※お作りする形状により異なります。

制作費プラス、ご希望のピックガード素材の費用が必要になります。※素材の費用(2,500円程度〜)は、種類によります。
ラインナップされているピックガードとは違って、一枚だけ特別にお作りする場合、結構な制作費がかかってしまいますが、あなただけの世界で一つのオリジナルカスタムに、是非ご活用下さいませー(^_^;

ピックガードのラインナップは、まだホームページにご紹介出来ていないものもございます!

ご質問のようにお探しのピックガードがある場合は、お手数ですが、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
対応するモデルがあるかどうか、お調べ致しますので!!
問い合わせフォーム

*最後に、H.Kさんからのご質問
「こんばんは。Gibson SG Jr P90シングルPUのラージピックガードを探しています。Custom Pickguard SG(60年代後期)用フルフェイスピックガード タイプでリアだけのシングルPUのみのタイプございますか? 在庫有無ならびに金額も教えて頂けますか。宜しくお願い致します。」

と頂きました。


上の画像ように既存のピックガードのピックアップ形状以外の形状のピックアップ取り付け穴のご指定(要するにハムバッカー用の穴をP90用の穴に変更の様な指定)は、残念ながら出来ないんです。。
と言うのも、ピックアップの寸法や取り付け位置など細かな設定が必要で、非常にデリケートで難しく、事実上取り扱い出来ない状態なんです。
申し訳ございませんm(__)m


ちなみに上の画像のように「元々あるピックアップ用の穴を無しでオーダーする」ってことは可能です。
※追加の費用は掛かりません。

と、こんな感じで融通が効くところと効かない
ところがあったります。。
そんな訳ですので、どんな事でも結構ですので、まずはお気軽にご相談下さい!

と言う感じで、今回は3つのご質問についてシェアさせて頂きました。
あなたも、もしピックガードについての疑問やカスタムなどでお悩みならお気軽にご相談下さいねー。
問い合わせフォーム

いつでもお待ちしておりますよー(^_^)

最後まで読んで頂いてありがとうございました(^_^)

ポップギターズでは、ギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。

ポップギターズはきっとあなたのお役に立ちますよ〜(^_^)

メンテナンス、リペア、配線カスタマイズなどのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
問い合わせフォーム

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

今週のお買い得更新!

ポップギターズでは、毎週集替わりでお買い得アイテムをご紹介しております。

今週(4月14日〜4月20日)は、CustomPickguard製のプレシジョンベース(PB)用ピックガードが、通常販売価格の10%オフ!になっております。
この機会に、かっこいいあなただけのプレベにドレスアップしてみませんかー?
ぜひお試し下さーい(^_^)

こちらのページで販売中!
http://www.pop-guitars.com/shop/index.php?main_page=index&cPath=100_105

*ピックアップを変えたらノイズが増えた・・・

今回は、お客さんから頂いた問い合わせについてです(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

先日、ポップギターズの配線済みアッセンブリをご利用頂いているお客様(Yさん)から

「今回、自分でピックアップをよりハイゲインなものに交換したところ、ノイズが目立つようになりました。何か対策はないでしょうか?」

と言う旨のメールを頂きました。

(Yさんには、すでにお返事を差し上げておりますが、もしかすると同じ様なトラブルでお困りのあなたのお役にたてる内容かも知れませんのでシェアしたいと思いまーす。)

正直なところ、お伺いした範囲では確実な事は分からないのですが、頂いた情報から考えてみますと、二つほど原因になり得るポイントを思いつきました・・・

まず、一つ目


*「ピックアップをよりハイゲインなものに変えた」との事ですので、もしかするとピックアップの個性と言うか、特性によって、今まで拾わなかった音を拾ってしまって、ノイズが多く聞こえてしまっている。と言う可能性が考えられる。

この場合、ピックアップの素性だとしますと、ある程度仕方がないと言う事になります。
ですが、キャビティ内に導電塗料を塗ってノイズ処理を施せば、少し軽減されるかも知れません。

そして、二つ目


*「自分でピックアップを交換した」との事でしたので、もしかするとハンダの処理がうまくいっておらず、接触不良が原因でノイズが発生している可能性が考えられる。

実は、メールを頂いた時、これが原因である可能性が濃厚だと思ったんです。
と言うのも、個人で作業をされた場合、意外とハンダのアース側の接触不良でノイズが発生する事が多いんです。
で、その旨のお返事をしましたところ、「ハンダ部分のやり直しでかなりノイズがましになった」と連絡頂きました!
今回は、ハンダの不良だったみたいで、トラブル解消して良かった!(^_^)

ポットの背面などへのハンダ付けはポットの端子などと比べますと加熱が多めに必要になります。
加熱が足りないと、ハンダがうまくのらず、今回の様にノイズの原因になったり、最悪の場合は音が出ないと言う事にもなります。(音が出ない方が分かりやすかったりしますけどね。。)
逆に加熱しすぎるのも故障の原因になりますので、個人で作業を行う場合は、くれぐれもご注意下さいねー。

この辺りの判断は、経験が必要になってくる部分かも知れません。
ご心配な場合は、迷わずプロのリペアマンにご依頼下さいね。

もちろんポップギターズでも承りますよー(^_^)

是非、お気軽にご利用下さいw

あと、問い合わせの中にポットやスイッチの交換などで解消するでしょうか?とあったのですが、ポットやスイッチの不具合の場合、操作した時や触った時に「ぱちっ!」「がりっ!」などの瞬間的なノイズが出ると思います。
今回のような継続的なノイズの場合は、ポットやスイッチの可能性は(ないと言う訳ではありませんが)低いと思われます。

今回は、ここまでです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました(^_^)

ポップギターズでは、ギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。

ポップギターズはきっとあなたのお役に立ちますよ〜(^_^)

メンテナンス、リペア、配線カスタマイズなどのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
問い合わせフォーム

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

今週のお買い得アイテム更新!

ポップギターズでは、毎週集替わりでお買い得アイテムをご紹介しております。

今週(3月31日〜4月6日)は、TELE BODY UNFINISHED フレイムメイプル/ALDERが、通常販売価格の20%オフ!になっております。
この機会に、かっこいいあなただけのオリジナルテレキャスターを作ってみませんかー?
ぜひお試し下さーい(^_^)

こちらのページで販売中!
http://www.pop-guitars.com/shop/index.php?main_page=product_info&cPath=111_293&products_id=3629

*ポットの抵抗値の選び方と言うか・・・

今回は、種類の違うピックアップが混在するギターの場合のポットの選び方?についてです(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

前回、ストラトのピックアップ(シングルコイル)をハムバッカーに変えるにはって事を書いたのですが、

「例えば、シングルコイルとハムバッカーが混在するギターになった場合、ボリュームポットの抵抗値はどーすれば良いのか?」

とご質問を頂きましたので、その件について、僕の知っている範囲での話になりますが、書いてみたいと思います。

まず、基礎的な知識としまして、出力の低いシングルコイルには、250kΩのポットが、そして、ハムバッカーなどの出力の高いピックアップには500kΩのポットが使われる事が多いです。
これは、老舗のギターメーカーが製造時に採用している抵抗値ですので、おそらく色んなテストと言うか色々と試された結果の数値なんだと思いますので、何故、その数値なのかは、考えないようにしましょうw

ここで問題になるのが、先ほども問い合わせにありました、(下の画のように)シングルコイルとハムバッカーが混在しているギターの場合はどーすりゃいいのか?なんですが、、、

↑シングル/シングル/ハムバッカー(SSH)


↑ハムバッカー/シングル/ハムバッカー(HSH)

SSHやHSHなどのシングルコイルとハムバッカーが混在するギターの場合、通常、出力の大きいピックアップの方に合わせるみたいで500kΩのポットが使われています。

あとP-90タイプのピックアップも500kΩのポットが使われる事が多いみたいです。

で、結局、250kΩと500kΩのポットはどー言う違いがあるのか?と言うと・・・
250kΩのポットを基準としますと、500kΩのポットの方が高音が良く出る傾向になるようです。(高音が出ると言うよりも低音が削られて、高音が強調されてる説ってものあります)

ですので、シングルコイルのピックアップと比べると、パワーはあるけど高音の弱いハムバッカーの場合、500kΩのポットを使うのが、バランスがとれて良いと言う事なんでしょうねー。

でも、ハムバッカーはそれでいいとしても、シングルコイルの音は高音が出過ぎてしまうって事にはならないんですか??・・・と言うと、ま、それはその通りで250kΩのポットの場合よりも高音が良く出ると言う事になります。

ただ、ギターの音は「抜け」が重宝されていますので「こもる」よりも高音の「抜け」を選択すると言うことなのかも知れませんね。(妥協策!?)


↑P90/シングル/P90(PSP??とは言いませんw)

先日もP-90をストラトのネックとブリッジに取り付けて、センターは普通のシングルコイルを取り付けたいって言うお客さんから

「『250kΩ』か『500kΩ』どっちのポットを使ったら良いのでしょうか?」

って問い合わせを頂いたのですが、通常は「500kΩ」ですが、絶対って訳ではありませんので(実際に試してみて)好みで決めても良いと思いますよーってお話をしました。

ギターの音は、あなたの「好きな音」があなたにとっての「良い音」なハズなので、自分が好きなものを選んで良いのでなないでしょうか??なーんて思います。

今回は、ここまでです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました(^_^)

ポップギターズでは、ギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。

ポップギターズはきっとあなたのお役に立ちますよ〜(^_^)

メンテナンス、リペア、配線カスタマイズなどのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
問い合わせフォーム

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*ストラトに(フルサイズの)ハムバッカーを取り付けたい。。

今回も、お客さんから頂いた問い合わせについて書いてみました(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

ストラトキャスター(以下、ストラト)を使っているお客さんから

「(ストラトに)LPなんかについているフルサイズのハムバッカーを付けたいんですけど、可能ですか?」

と問い合わせを頂きました。

これは、もちろん「可能」です!

可能ですが、ほとんどの場合、ボディへの加工やピックガードの交換が必要になります。

他にもボリュームポットなどをハムバッカーに適したもの(250KΩ→500KΩ)に変えるのが一般的です。(ちなみに250KΩのままでも使えますが、ハムバッカーの音がこもった感じになってしまいます)

ボディへの加工って言うのは「ザクリ」と言われる加工で、(シングルコイルよりもハムバッカーの方がサイズが大きくなるので)ピックアップがボディに収まる空間を作る為の穴をあける加工の事です。

一般的な(ビンテージスタイルの)ストラトのボディは・・・

上の図のようにシングルコイルが3つ収まるようにボディに溝というか穴があけられています。

ピックガードを外してみて、このようなボディの場合は、ハムバッカーを取り付けようと思いますと、ハムバッカーが収まるサイズに穴を広げないといけませんので・・・

上の図の点線部のように(例えば、ブリッジポジションにハムバッカーを取り付ける場合)ボディを削って穴を広げます。
こうやってスペースを広げる事でハムバッカーが収まるようにする訳ですねー。

ちなみに、こんな感じのザクリ加工の費用は、8,000円〜となっております。

ボディの加工が出来たら、ピックガードもハムバッカーに対応したものにすればハムバッカーを取り付ける準備オッケーとなります。
と言うか、本当は、ピックガードのピックアップ取り付け穴の位置に合わせて、ボディのザクリ位置を決めるのが一般的なので、最初にピックガードを用意しておくのが良いと思います。

ピックガードに関しましては、元々のピックガードのピックアップ取り付け穴をハムバッカーサイズにカットするって言う方法もありますが、元の穴が残ったりする場合もありますので、新しいものに交換する事をおすすめします。

しかし、ピックガードの形状は、メーカーやモデルによって、これでもか!って位バラバラですので、注意が必要です。→サイズの合わないピックガード交換についてはこちらをご覧下さい。
本家のFender USA(及び Mexico)のものであれば、互換性のある物が多く出ておりますので、ご活用下さい。

CustomPickguard製ストラト用ピックガードのページ

めちゃくちゃ簡単に言うと、これで、ストラトにハムバッカーを取り付け出来るようになりました。
もちろんピックアップ(ハムバッカー)も用意しなければなりませんし、ポットを変えたり、当然配線の接続などなど、作業自体は、他にも色々ありますが・・・。

ここまでの話は、一般的な?と言うか、ビンテージスタイルのストラトの場合の話で、実は、ボディへのザクリ加工をしなくてもハムバッカーが取り付け出来るストラト(のボディ)があったりします。。

と言うのも、元々(製造時から)ハムバッカーが取り付け出来るサイズにザクられていたり、ボディの真ん中がズボッと長方形にザクられていたり(これを俗に「弁当箱」と言ったりします)するものも存在するんです。


ストラトが生まれた当時は、シングルコイルしか存在していなかったので、上の画像の様にシングルコイルの形にザクられるのが当然だったんですねー。

しかし、時代は流れ、ハムバッカーが搭載されたストラトも登場してくると、ボディの加工も合理的になっていって、同じストラトのボディでも色んなピックアップレイアウトに対応するようにデザインされたものが生産されるようになったようです。



例えば、上の図のようにブリッジポジションがハムバッカーに対応したボディ。


他にも、上の図のようにネックポジションとブリッジポジションがハムバッカーに対応したボディ。
こんなザクリのボディなら、2ハムのストラトにも出来ますね。


そして、上の図の様にズボッとくり抜かればボディ。
これだとポジションを問わず、色んなピックアップを配置出来ますね。

このザクリを「弁当箱」ザクリと言ったりしますが、ピックアップのカスタム面では自由度が高くて良いと思うのですが、一般的に、評価はあまり高くないようです。。

どんな形のザクリなのかは、ピックガードを外さないと分かりませんので、ご愛用のストラトがどんなザクリになっているか確認してみるのも面白いかも知れませんねー。

もしハムバッカーが取り付け出来るザクリになっていたら、ピックガードを交換すれば、比較的お手軽にハムバッカー搭載のストラトにカスタム出来るかも!

先ほどの弁当箱ザクリなど、ザクリの種類での音の変化や、加工無しでハムバッカーサウンドに出来るシングルサイズのハムバッカーの音についてなどは、又、別の機会に書きたいと思いまーす。

長くなってしまったので、今回は、ここまでです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました(^_^)

ポップギターズでは、ギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。

ポップギターズはきっとあなたのお役に立ちますよ〜(^_^)

メンテナンス、リペア、配線カスタマイズなどのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
問い合わせフォーム

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?