*ボディの材について。パート①

今回は、ギターの「都市伝説」とも言われたり、言われてなかったりするネックやボディに使われている木材による音の個性や特徴について簡単にではありますが書いてみます(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

エレキギターのボディやネックに使われている材料は「木」なんですが、木の種類が変わると「トーン」も変わるとか、変わらないとか。。

今回は、そんなギターに使われている「材」の種類と特徴を(まずは)3種類ご紹介します。

はじめにご紹介するのは、、、

・アルダー

「アルダー」は、ストラトのボディによく使われている材ですね。
特徴としては、低音から高音までバランスがよく、中音域のふくよかさがギターサウンドに非常にマッチしている材かも知れません。シングルコイルでもハムバッカーでも、それぞれのピックアップの個性や特徴を活かせる材。

・スワンプ・アッシュ

「スワンプ・アッシュ」は、ストラトやテレキャスターのボディに使われている材。
高音の抜けが良く、乾いたトーンが特徴。
特にシングルコイルのピックアップとの相性が良いみたいです。
重量が軽くライトウェイトアッシュと呼ばれることもあるとの事。

・バスウッド

「バスウッド」は、さまざまなギターのボディに使われている材。
柔らかい木で、トーンも非常に素直でクセが無いと言われています。
逆の言い方をすると、個性がないとも言えない事もないかも。。
取り付けるピックアップなどの要素でキャラが変わる材かも知れませんねー。

てな感じで、今回は3種類だけですが、ご紹介しました。
まだまだ色んな種類がありますので、少しずつ紹介していきまーす(^_^)

今回は、以上です。
ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*「グリースバケット」ってご存知ですか?

今回は、Fenderが2005年に導入したトーン回路について書いてみます(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

Fenderが2005年に導入した、新たなトーン回路、それが「グリースバケット」です。

「グリースバケット」→ → → グリスのバケツ?

バケツは、あのバケツですよね。掃除の時に水を入れたりするやつ。

で、グリースは、潤滑油のグリス。

と言う事は、グリスでどろどろのバケツのトーン回路!?
って思いきや、実はそうではなく、むしろ滑らかなトーンと言うのが、ネーミングの由来の様です(^_^)

Fenderによりますと・・・

グリースバケットは、トーンに新たな次元を加えます。

トーンボリュームを絞ると、トーン・ポットは高い周波数を減らしますが、低音は加えません。

との事。
(コンデンサーが一個の)ノーマルのトーンも、低音をブースト(加える)する訳ではないのですが、高音をカットしていく事で、低音が強調されてしまうので、モコモコとした音になってしまいます。

しかし、このグリースバケットでは、高音が削れても低音が強調される事無く、トーンのコントロールが出来るようにデザインされているって訳です。

つまり高音カットに合わせて、低音もいい感じに調整してくれるので音が濁る事無く音色(トーン)コントロール出来るって事なんです。

このグリースバケットのトーンコントロールは、クリーントーンでの濁りのない音色コントロールの演出にも有効ですが、ドライブサウンドでの音色コントロールにも有効だと好評みたいですよ(^_^)

そんな訳で、今回は、このグリースバケットの配線をご紹介します。

まずは、一般的なコンデンサーを一個使うトーン回路は以下の図の様になってます。

このトーン回路のコンデンサーは、シングルコイルなら、0.047ufや0.022uf、ハムバッカーなら0.022ufが一般的に使われています。
個人的には、このトーンで不満はありませんが・・・(^_^;

で、グリースバケットの回路は、以下の図の様になっています。



コンデンサーは2個(数値は上の図の通り)で抵抗(数値は上の図の通り)も使われてます。
なんと言うか、一般的なトーンの回路と比べると、すごく考えられた回路みたいですね!!

で、実際に組み込んでみました。

真ん中のポットが「グリースバケット」回路のトーンポット。
で、実は、画像の右側にオレンジドロップのコンデンサーが写っていますが、一般的なトーンと切り替えて音の確認が出来る様に組み込んでみたんです。

で、実際に通常のトーンとグリースバケットの効果を比べてみたところ・・・

確かに!グリースバケットは、こもるだけでなく!音色のコントロールが出来ている感じがします。
もこもこではなく、高音がカットされて、濁ることなく音色が変化しているっ!!

・・・と思いました。

動画で音の違いをお届けしたかったんですが、録画失敗。。
アンプから出る音よりもなま音の方が大きくて、分けわからん動画になってしまいました。。

また機会を見つけて撮り直してアップしますねー(^_^)
グリースバケット、トーンを多用するあなたなら試してみる価値あるかも知れませんね!!

今回は、以上です。
ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*ギター弦の巻き付け方について

今回は、リペアやカスタムではなく、弦をペグに巻き付ける方法についてです(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

「ペグ」とは、ギターのヘッド部にある弦を巻き付ける部分。

この「ペグ」は、ギターのチューニングを合わせる為のほぼ唯一の部品なので、実はすごく重要な部分なんです!

ここで質問です。
「ペグ」は、チューニングには関係しているけど、一見「音」に直結していないようなイメージありませんか?

「ペグ」は、メーカーからすると、ユーザーにあまり重要さをアピール出来ない(地味な!?)ポイントなので、残念な事にあまり良い物が使われていなかったりします。。

しかし悲しい事に、あまり良いペグでなくても、チューニング自体は出来ますし、音も出るので、知る人ぞ知るな地味だけど重要なパーツなんです。
で、当店でおすすめしているGOTOHのペグは、チューニングの安定度、精度だけでなく!音質も(もちろん良い方向へ)変化すると言われています。(営業活動!)

GOTOHのペグのページはコチラです。

でも、今回は、ペグの性能や役割の話ではなく、弦をペグに巻き付ける方法(要するに弦交換?)についてです(^_^)

ペグの弦を巻き付ける軸の部分を「ポスト」と呼んでいます。

このポストには弦を通す為の穴が空いています。
この穴に弦を通して巻き付けていくと言う訳です。

スタンダードなポストの形状には、大きく分けて2種類あります。

上の図の左側は「先割れタイプ」「スリットシャフト」「セーフティポスト」などと 呼ばれています。
上の図の右側は「横穴タイプ」とか「普通の・・・」とか、ですかねw
基本的には、この「横穴タイプ」ってのが、一般的で「先割れタイプ」ってのは、主にFenderやモズライトのギターに採用されていたりします。

この「ポスト」は、他にもロックタイプや高さを調整出来るものなど、特殊なものもありますが、今回は割愛し、スタンダードな2種類のものを解説しますね。

では、まず「横穴タイプ」

横穴タイプのポストは、上の図の様にポストの側面に軸を貫通する形で穴があいています。

この穴に弦を通してから

巻き付けるポストから3cm〜3.5cm程度、弦を戻しポストに巻き付けていきます。

弦は、ポストの穴から下へ下へ巻き付けていきます。
この時、上、下へ交差しないようにします。
これが、一番スタンダードな弦の巻き付け方なんですが、この横穴タイプにはいくつか巻き付け方があるので、あわせてご紹介します。

上の図の様に穴を通した弦の上側を一度通してから、後は下へ下へ巻いていくバージョン。
一度、カットした弦の上を通す事で、弦を締め付けていく事で、自ら弦を締めて安定するって言う巻き方です。

そして、もう一つ。
これはカットした弦を巻き付ける弦で、積極的に締め付けるイメージで、より強固に弦を巻き付ける事が出来る(出来そうな?)バージョンです。
ちょっと分かりにくいかも知れませんが、弦の先端をポストをぐるっと回して弦の巻き始めの下を通して、ポストと弦でロックする感じです。

次に「先割れタイプ」について。


先割れタイプのポストは、上の図のように軸の中心に穴があいています。
この穴に弦の先端を入れる事で、弦が指に刺さって思わぬ怪我をしないようにと言うデザインになっています。
(「安全なポスト」→「セーフティーポスト」って事ですねー)

この部分に(巻き付けるポストから3cm〜3.5cm程度を目安に)カットした弦の先端を収めてから

先割れ部分で弦を折り曲げ、ポストに巻き付けていきます。

先割れ部分で弦を折り曲げ、その後は、ポストの下へ下へと巻き付けていきます。
この時、弦が上へ下へ交差しないように美しく巻いていきます。

後は(どちらのポストも)同じ要領で各弦巻き付けていきます。

続きまして、ポストに弦を巻き付ける方向も書いときます。


上の図の様に向って左側にペグが並んでいる6連配列の場合は、時計と反対回り(逆の配列の場合は、時計回り)。
3+3配列の場合は、向って左側が時計と反対回り、向って右側が時計回り。
で、巻き付けます。
※一部のモデルでは、逆に巻き付けるものもあるみたいですので、ご注意下さい。

と言う事で、今回は弦の巻き付け方(巻き始めの部分)について書いてみました。

知ってる人にとっては、当たり前過ぎる事かも知れませんが、基本って以外と忘れてたりって事もあるので、少しでも参考にして頂けたら嬉しいです(^_^)

今回は、以上です。
ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*ジャズマスター、ジャガー用ブリッジ交換の模様

今回は、ポップギターズオリジナルブリッジ、ジャガー、ジャズマスター用のローラーサドルブリッジの交換の模様を動画でご紹介します(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

ジャズマスター、ジャガーのトラブルをかなりのレベルで解消するナイスなブリッジが、この「POPTUNE PTB500RP」です。
チューニングの安定度アップ、ピッキング時の弦落ち、ワケ分からんビビリ音、などなど、ジャガー、ジャズマスターに取り付いた(憑いた?)これらのトラブルを一気に払い(祓い?)のけるブリッジ!
このブリッジは、ジャズマスター、ジャガーに使えるかっこいいブリッジを作りたいって言う、僕のギターキッズだった頃から夢のパーツでもありますw

今回は、交換するときの模様を動画でご紹介します(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

「POPTUNE PTB500RP」は、こちらのページで販売中です!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さい!

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*アメデラSTに装備されている「Passing Lane」と同じ機能を配線カスタムしてみます。

今回は、Fender アメリカン・デラックス ストラト(HSS)に搭載されている「Passing Lane」スイッチを再現する配線カスタムをご紹介します(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

「Passing Lane」とは・・・
「Passing Lane」スイッチをオンにすると、どんなセッティングになっていても、いきなりブリッジピックアップの音のみフルボリュームでダイレクトで出力されると言うなかなか強引な効果を発揮する機能らしいです。
※直訳すると「追い越し車線」

どんなスイッチかと言うと下の画像のようなスイッチです。
2ハムのギタープライベート仕様相関図
どのピックアップでも、どんなボリュームで演奏をしていても、「Passing Lane」をオンにすると、ブリッジピックアップのみの音がダイレクトで出力される訳です。

使い方によっては、メリハリのあるプレイが出来るのでしょう!(ダイレクトスイッチに似た感じですかね)

ともかく、今回は、その「Passing Lane」についての配線カスタムをご紹介します(^_^)

この「Passing Lane」の機能は、一般的なストラトに追加する形で取り付ける事が可能です。

基本的なストラトの配線は以下の図のようになっています。
ノーマルのストラト回路図
ここに「6P ON-ON」のスイッチを追加します。

「6P ON-ON」のスイッチはミニトグルやスイッチ付きポットでよく見かけるタイプです。

では、追加方法をみていきましょう。
ストラト回路に6P on-onスイッチ追加

アメデラと同じようにブリッジピックアップをダイレクトに出力するようにするには・・・
Passing Laneスイッチ接続
上の図の様にブリッジピックアップとアウトプットの間に「Passing Lane」スイッチを設置します。

「Passing Lane」スイッチがオフの場合は、以下の図の様な信号の流れになります。
ノーマル時の信号の流れ
ノーマルのストラトと同じ信号の流れですねー。

続きまして「Passing Lane」スイッチをオンにした場合は、以下の図の様な信号の流れになります。
Passing Lane時の信号の流れ
こうしますと、ボリュームもトーンもスイッチの位置も全部無視して、ブリッジピックアップ単体の音に切り替わります。
しかも、直でアウトプットされるので、回路を通らない分、劣化のないダイレクトサウンドが得られるってワケです。

今回、このスイッチは、ブリッジピックアップに作用するように設置していますが、ネックピックアップやセンターピックアップにも設置可能です。
ストラトだけでなく、テレキャスターや他のギターにも流用が可能な機能ですね(^_^)

「Passing lane」スイッチは、要するに特定のピックアップへの切替とフルボリュームへの切替が同時に行えるスイッチなので、ボリュームをうまく使ってプレイする方に有効な機能なのかも知れないです。
未熟な僕には、まだ使いこなせそうにありませんが・・・(^_^;

今回はここまでです。
最後まで読んで頂いてありがとうございました!

ポップギターズで、心を込めて組み込んだ配線済みのアッセンブリはこちらのページで販売中です!
http://www.pop-guitars.com/shop/index.php?main_page=index&cPath=109

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂いて、ギターカスタムのヒントにして頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さい!

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*2ハムタイプギターのプライベート仕様の配線カスタム例

今回は、ブログをみて下さったお客様からの問い合わせについてシェアしたいと思います(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

「2ハムのピックアップのギターをこんな風にする事は可能でしょうか?」

と問い合わせを頂きまして

「スイッチをネック側にするとネックピックアップはコイルタップしたシングルでブリッジピックアップはフルのハムバッカー、スイッチがセンターの時は両方のピックアップともハム、スイッチをブリッジ側にするとネックピックアップはフルのハム、ブリッジピックアップはコイルタップしたシングルにしたい。」

との事。

なるほど。
ご希望のコントロールを図にしてみますと・・・
2ハムのギタープライベート仕様相関図
こう言う事ですね。

これは、ピックアップセレクトと言うよりも、両方のピックアップは常に鳴っている状態で、各ピックアップのコイルタップを切り替えると言う感じですね。

この切替は、ミニトグルスイッチの「6P ON-ON-ON」のものを使えば実現可能です。

「6P ON-ON-ON」のミニトグルスイッチと言うのは・・・

「6P」はスイッチの端子が6個あると言う意味で「ON-ON-ON」は切替ポイントが3カ所あるよと言う意味。
ポイントが3カ所で3カ所とも「ON」つまり導通があると言う仕様のスイッチです。
この「6P ON-ON-ON」スイッチは、接点の切替が少し特殊なんですが
LPタイプのギター
「6P ON-ON-ON」スイッチの端子の接点は上の図の様になっております。
この少しイレギュラーな感じを利用することで今回の配線も可能になります。

で「6P ON-ON-ON」のスイッチを利用した今回のご希望の配線図は以下のようになります。
2ハムプライベート配線_
仮に今回のご希望の回路を「2ハムのプライベート仕様」と呼ぶ事にします。

上の図の様に配線して、トグルスイッチを切り替えますと、以下の図のような回路が出来るんです。
まずはスイッチでネック側を選択した場合

2ハムプライベート配線_ネック側選択
太線の部分が活きまして、グレーになっているコイルが鳴ることになります。

続きまして、スイッチでセンターを選択した場合

2ハムプライベート配線_センター側選択
全てのコイルが活きまして、ハムバッカーが2個鳴ると言う事になります。

そして、スイッチでブリッジ側を選択しますと
2ハムプライベート配線_ブリッジ側選択
上の図の様な流れになります。

超プライベートな仕様になりますが、ミックスの音しか使わないんだけど、ニュアンスを変えるアレンジがしたいって場合、こんなカスタムもいいかも知れないですね(^_^)

最初に書きましたが、今回の配線カスタムを組み込みますと、コントロールは以下の図の様になります。
2ハムのギタープライベート仕様相関図
この配線カスタムですと、常にミックスの音が出ることになるのですが、各ピックアップ用に「ON/OFF」スイッチを増設すると各ピックアップ単体の音も出せるようになります。

「ON/OFF」スイッチについては、また次の機会にシェアしますねー(^_^)

今回は以上です。
最後まで読んで頂いてありがとうございました!

ポップギターズで、心を込めて組み込んだ配線済みのアッセンブリはこちらのページで販売中です!
http://www.pop-guitars.com/shop/index.php?main_page=index&cPath=109

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*ほとんどJ・ペイジ!「LPタイプ(2ハム)ギターにコイルタップ&シリーズ/パラレル切替えスイッチを追加!」に、更にっ!各ピックアップ同士のシリーズ/パラレル切替スイッチ追加!!

今回は、前にご紹介した「LPタイプギターに色々な切替スイッチを追加するカスタム」に更に「シリーズ/パラレル切替スイッチ」を追加する方法をシェアしたいと思います(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

前にLPタイプ(2H)のギターをコイルタップ&シリーズ/パラレル切替など、あれこれ音色を変えられる配線カスタムをシェアしましたが・・・

今回は、更に機能を追加して、ほとんどJ・ペイジさんのシグネイチャーのLPみたいにしてしまおう!と言う配線カスタムのご紹介です。
LPタイプのギター
前にご紹介しました「コイルタップ」「シリーズ/パラレル切替」機能だけでもかなりサウンドバリエーションが多くなるのですが、

今回は、ネックピックアップとブリッジピックアップの「シリーズ/パラレル切替」

を追加してみたいと思います。

この各ピックアップの「シリーズ/パラレル切替」機能を追加すると、ネックピックアップとブリッジピックアップのシリーズ接続と言う「オーバードーズ(薬の過剰摂取!?)」サウンドを出す事が可能になります!
他にも各ピックアップをコイルタップして、シリーズ接続する事も可能。
どちらかのピックアップだけをタップして、どちらかをパラレルにして・・・とか、どちらかはシリーズで、どちらかはパラレル・・・などなど、もはやそのサウンドは未体験ゾーン。

一体ピックアップの組み合わせは、何通りになるんでしょうか??
元々は、トグルスイッチの切替で3通りしかバリエーションしかなかったのに、かなりサウンドバリエーションになりますね!!

では、この度、追加する「シリーズ/パラレル切替」スイッチの作り方です。
シリーズ/パラレルの切替は「6P ON-ON」のスイッチがあれば実現可能です。
接続方法は以下の図の通りです。
シリーズ/パラレル切替スイッチ

この切替スイッチを前にシェアしました、以下の図に追加しますと・・・
コイルタップも追加
↑これが前にシェアした「コイルタップ」&「シリーズ/パラレル切替」配線図

ジミーペイジ風配線図
こうなります。。

このスイッチを追加するとミックス時に各ピックアップの「シリーズ/パラレル切替」が出来る様になります。
前回の「コイルタップ」&「シリーズ/パラレル切替」を追加した時点で、21通り(のハズ)のサウンドバリエーションが得られるのですが、今回の各ピックアップの「シリーズ/パラレル切替」のスイッチをを追加すると、その倍の42通り(のハズ!?計算合ってますかね??)のサウンドバリエーションになります!!

ただ、この配線カスタムを組み込むには、4つのポットをスイッチポットにした上に、更にミニトグルなどのスイッチ追加が必要になります。(楽器への穴あけ加工が必要になると思います。)
さらに配線があっち行ったり、こっち行ったりで、超〜複雑(^_^;

J・ペイジさんのシグネイチャーギターには、ここに更に「フェイズ切替え」スイッチがついているとの事。。
ま、これもスイッチを追加すれば、組み込み可能です。

もし、この配線や効果には興味あるけど、自分でやる気が起こらないwって場合は、ポップギターズが組み込み承りますので(有料)、お気軽にご用命下さいませ。
LPタイプギター

今回はここまでです(^_^)
最後まで読んで頂いてありがとうございました!

ポップギターズで、心を込めて組み込んだ配線済みのアッセンブリはこちらのページで販売中です!
http://www.pop-guitars.com/shop/index.php?main_page=index&cPath=109

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*バランサー+ハムバッカー回路でジャズベースをほぼフル活用!?

今回は、ジャズベースの配線カスタムをシェアしたいと思います(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

先日、お客さんからポップギターズの配線済みアッセンブリの

「JBタイプ配線済みアッセンブリ/バランサー仕様」と「JBタイプ配線済みアッセンブリ/SHOK仕様」を

合体させる事は可能ですか?

とお問い合わせを頂きました。
※この2つのアッセンブリは、どちらもジャズベース用のもので、

「バランサー仕様」は、バランサーポットで2つのピックアップの出力バランスを1つのツマミで瞬時に調整出来るもので、

「SHOK仕様」は、スイッチポットを使って、2つのピックアップの接続方法を抜けの良いいわゆるジャズベースらしいサウンドの「パラレル接続」とパワフルで力強い通常のジャズベースでは出す事の出来ないハムバッカーサウンドの「シリーズ接続」に切替が出来るものです。

お問い合わせの答えとしましては、「バランサー+SHOKは、合体可能です!」

と言う訳で、今回は、このデラックスな性能を持つ「バランサー+SHOK」仕様のジャズベースの配線カスタムをシェアしたいと思います(^_^)

ノーマルのジャズベースは「2ボリューム、1トーン」と言うコントロールですが、このコントロールを「1マスターボリューム、1バランサーボリューム、1トーン+SHOKスイッチ(シリーズ/パラレルの切替)」にカスタムします。

このSHOKとバランサーを合体させた回路を「SHOK with B」と名付けることにしますw

そして、この「SHOK with B」回路を組み込んだジャズベースのコントロールは以下の図の様になります。

SHOK with Bダイアグラム
つまり、「SHOK with B」回路を使えば、各ピックアップの出力バランスを一つのツマミで素早く調整してプレイするスラップを活用する様なファンキーなベースプレイから、SHOKを使って、通常のジャズベースでは出す事の出来ないパワフルなハムバッキングサウンドを活かしたヘビーで力強いベースプレイまで、守備範囲が広いベースに生まれ変わるという訳です!

もしあなたがベース一本で色んなプレイスタイルをこなしていく「ベース侍(ベースザムライ)」なら(もしくはそれを目指すなら!)この「SHOK with B」配線カスタムは気にって頂けると思います(^_^)

JB用SHOK with B配線図
で、配線図は、上の図の様になります。
多機能なだけに、配線も複雑になりますねー。。

この機能には興味あるけど、自分で組むのは面倒だ!って場合は、ポップギターズで組み込んだ「JBタイプ配線済みアッセンブリ/SHOK with B」を期間限定で販売中です。

是非、ご利用下さい。

JBタイプ配線済みアッセンブリ/SHOK with B仕様のページ

今回は以上です(^_^)
最後まで読んで頂いてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*あなたの知らない「ストラトのぶっといサウンド」を出す方法

今回は、ストラトでぶっとい音が出せる様になる配線カスタムをシェアしたいと思います(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

ストラトの「ネックPU+センターPU」や「ブリッジPU+センターPU」の組み合わせを「ハーフトーン」と言いますが、この「ハーフトーン」はそれぞれのピックアップを「並列(パラレル)」に接続した回路で、軽快な音が特徴で弾いていてめちゃ気持ちいいですよねー。

ストラトって基本的にシングルコイルって事もあり、どちらかって言うと、中高音の抜けの良い音が得意なギターだと思いますが、実は配線のカスタムであなたの知らない「ストラトのぶっといサウンド」を出す事ができる様になるんです!
しかもエフェクターやブーヅターなどは一切使いません!!
完全に無添加(電池は不使用)のギターが元々持っている秘められた能力「ハムバッカー風」の中低音の力強いサウンドを引き出す配線カスタムです。
ここで紹介致します配線カスタムを組み込んだ配線済みアッセンブリは以下のページで販売中です。
STタイプ配線済みアッセンブリ/BM-SOUND仕様のページ

では、配線方法をシェアしてまいます!

っとその前に、このカスタムを組み込んだ後のコントロールを紹介しておきたいと思います。
BM-SOUNDダイアグラム
元々センターピックアップ用のトーンボリュームが「ノーマルモード」と「パワフルモード」の切替ボリュームになりまして、ノーマルモード時は、ほとんど普通のストラトのコントロール。
そして、パワフルモード時には、上の図の様にブリッジピックアップが、ネックピックアップ/センターピックアップに「直列(シリーズ)」で接続されるようになります。
この「直列(シリーズ)」接続が、力強いサウンドの元となりまして、ノーマルのストラトでは出せない力強いサウンドが得られるようになるんです!

配線方法は以下の通りです。
ST用BM-SOUND配線図
この回路を組み込めば、電池を使わず無添加で、ストラトが元々持っていた潜在能力を有効利用したパワフルサウンドを引き出す事が出来る様になるんです。

この「直列(シリーズ)」接続は、ハムバッカーに使われている接続方法なんですが、ストラトに流用する事で、ストラトらしさを残しつつパワフルなサウンドが得られるナイスな接続方法なんですねー。

ストラト(イメージ)
しかも見た目は変わらず、ブレンドボリュームの操作でノーマルのストラトの音も使えると言う「ストラトのぶっといサウンド」を出す為のグレートな回路のご紹介でした。

以下のページでも販売中!送料無料!※今月末まで取り付け費用も無料になってます。
STタイプ配線済みアッセンブリ/BM-SOUND仕様のページ

今回は以上です(^_^)
最後まで読んで頂いてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*LPタイプ(2ハム)ギターにコイルタップ&シリーズ/パラレル切替えスイッチを追加!

今回は、硬派な(?)印象のLPタイプギターにあれこれ切替えスイッチを追加してみたいと思います。今回もマニアックですよー(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

LPタイプの(つまり2ハムバッカーで、2ボリューム、2トーンのコントロールを持つ)ギターは、ほとんどの場合、コントロールはピックアップの切替えのみのシンプルなものが多いのですが、今回は、その「シンプルイズベスト」をあえて、ごちゃごちゃにカスタムするアイディアをシェアしたいと思いますw(^_^)

えー、ではまずはじめにハムバッカーのシリーズとパラレルの切替えスイッチを追加します。
(元々の2ハムの回路図は、割愛させて頂きまして、いきなりカスタムに入ります!)

シリーズ/パラレルのコイルの接続切替えスイッチに関しましては、前にも紹介しましたが、キャラクターの特徴で言いますと・・・

*シリーズ接続:力強い中低音、パワフル担当
*パラレル接続:軽快な中高音、さわやか担当

ってな感じですw

要するに個性の異なるサウンドが、実はハムバッカーの中に秘められていたと言う事なんです!

で、この個性の異なるサウンドは、切替えスイッチを追加する事で開放する事が可能になります。
※ただし、ハムバッカー(ピックアップ)から出ている配線が4本出ているものでないと、この切替えは出来ませんのでご注意下さい。こちらの記事もご参照下さい。


で、ピックアップからの配線が4本出ているものであれば、(6PON−ONのスイッチを使って)以下の図の様に接続すれば

シリーズ(パワフルサウンド) ⇔ パラレル(さわやかサウンド)

の切替えが行えるようになります。
シリーズ/パラレル切替
今回は、2ハムのギター(LPタイプ)に取り付けますので、このパターンのスイッチをネックピックアップとブリッジピックアップの両方に設置しますとこうなります。
シリーズ/パラレル切替えスイッチ回路図
ま、同じスイッチをどちらのピックアップにも設置すると言う事ですね。
これだけでもかなり音のバリエーションが広がります。

がっ!

更に!今回は、ここにコイルタップ(スプリット)スイッチも併設したいと思います!!

コイルタップに関しても前にシェアしましたが、そのコイルタップを上の図に組み込みますと
コイルタップも追加
こうなります。

ちなみにコイルタップすると、ネックピックアップは図の左側のコイルがいきて、ブリッジピックアップは図の右側のコイルがいきるようになります。

この様に6P ON−ONのスイッチを4個使うと各ピックアップ毎にシリーズ/パラレルの切替えと、コイルタップの切替えが可能になります!

つまり、スイッチ付きのポットを使ってギターに組み込みますと、見た目はそのまま!でも、実はあれこれキャラクターを変えて色んな場面に対応出来るとーっても器用なLPになっちゃいます。

てな事で、今回はジミーペイジさんのシグネイチャーギターばりに複雑な音作りが出来る2ハム(LPタイプ)ギター用の配線カスタムでした。

色々な切替えが出来るだけに、配線も複雑ですよねー(^_^;

もし、この配線や効果には興味あるけど、自分でやるのは難しそうって場合は、ポップギターズが組み込み承りますので(有料ですがw)、お気軽にご用命下さいませ。

今回はここまでです(^_^)
最後まで読んで頂いてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?