【リペア/カスタム事例ご紹介】 P90ピックアップをミニハムバッカーに交換。

今回は、お客さんからご依頼頂いたリペア/カスタムの事例をご紹介します。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

元々、P90のピックアップがマウントされたレスポールのブリッジポジションのピックアップをミニハムバッカーに交換したいと言うお客様から依頼を頂きました(^_^)

P90とミニハムバッカーでは、ピックアップのサイズが異なります。
簡単に言うと、ミニハムバッカーの方がサイズが小さいので、P90の取り付け穴に合うようにエスカッション(隙間を埋めるためのピックアップ周りのリング)を使って取り付けます。
P90搭載のレスポール
これが元々のP90がマウントされた状態。
めちゃかっこいい!
しかし、サウンド面でどうもしっくりこないとの事で、ミニハムにチャレンジしてみたい!って事でした。
ミニハムにエスカッションを取り付けた図(側面)
これが、ミニハムにエスカッションを取り付けた状態。
ミニハムにエスカッションを付けた図(横面)
横から見たらこんな感じ。
これをギターに取り付けて見ます。
ピックアップ高が足りない!
するとこんな感じになりました。
写真ではわかりにくいですが、この状態では、ピックアップの高さが足りません。。
ピックアップ穴に合わせた板を形成
そこでピックアップ取り付け穴の形に合わせた板を作って底面に設置し取り付ける事に。
ピックアップキャビティに板を設置
ジャストフィットな底上げ板。これで、底上げできました(^_^)
底上げの板を設置後
板を設置した後はこんな感じ。 ちなみに・・・
底上げの板を設置前
底上げ前はこんな感じ。
写真では分かりにくいかも知れませんが、5mmほど高くなり、正常にピックアップの調整が出来るようになりました。
ピックアップからの配線を接続して
当然ですが、ポットへ配線しまして・・・
レスポールのリペア完了
そんなこんなで、作業完了!(^_^)
かっこよく、そして良い音になりました。

通常、ピックアップの交換は、ほとんどの場合、ハンダ付けの作業のみで、完了するのですが、今回のように種類の異なるピックアップの場合、ピックアップ取り付け穴を広げたり、逆に底上げが必要になったり、簡単に行かない場合も出てきます。
自分でトライして見たけれど、「これは、難しそうだ・・・」と感じたら、お気軽にポップギターズにご相談/ご活用下さいねー(^_^)
いつでもお待ちしてますよー。

以上、リペア/カスタム事例のご紹介でした。

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

*ジャズベースのピックアップ(シングルx2)を活用して直列のハムバッカーにする方法

今回は、お客さんから頂いたジャズベースのカスタムのご質問を元に書いてみます。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

ジャズベースは、通常「ネックピックアップ」と「ブリッジピックアップ」が、パラレル(並列)接続されており、各ピックアップがハムバッカーになるようにコイルの巻き方向、磁極が逆になるように組み合わされております。
この組み合わせにより、ミックス時のサウンドは、ハムノイズ(ジーっていうノイズ)がキャンセルされるようになっています。
これはいわゆる(LPなどに使われているギターの)ハムバッカーと同じコイルの組み合わせになります。
この組み合わせが、ジャズベースの独特なサウンドを生み出している要因の一つでもあるのですが、このピックアップの特性を活かして、ジャズベースをシリーズ(直列)接続に組み直す事で、パワフル&ノイズレスなジャズベースに覚醒させることが可能になります!
ジャズベース
通常のジャズベースは、ネックピックアップとブリッジピックアップが、パラレル(並列)に接続されており、軽快なジャズベースを生み出しています。(下の図、左側)
ジャズベースのピックアップの特性を活用して、シリーズ(直列)に接続しますと、ジャズベースなのに、プレベの様な力強い中低音が出せる様にんるんです。
ジャズベースは、ピックアップの組み合わせが元々ハムバッキングになっていますので、パラレルでもシリーズでもハムノイズはキャンセルされます。
回路を変更しただけのジャズベース
切り替えとかややこしい。。って場合は、どちらかの配線カスタムで良いと思いますが、ジャズベースの音も好きだし、もーちょっと中低音出したい!なんてお考えの方には、切り替えスイッチを装備して、「パラレル⇄シリーズ」を切り替えて使える様にする事をオススメします。
スイッチを装備した場合
ミニトグルなどで切り替えスイッチを装備すると、上の図の様に「パラレル⇄シリーズ」を瞬時に切り替えて使える様になります。
ジャズベースなのに、プレベ的に力強い音も出せるなんて面白そうじゃないですか?

そんな訳でここからは、ジャズベースの「パラレル」接続、「シリーズ」接続の配線カスタムについてシェアします(^_^)

まずは一般的なジャズベースのノーマルの回路。

一般的なジャズベース回路(パラレル)
各ピックアップからの出力がそれぞれに独立してアウトプットされます。
これが並列接続。

次にシリーズ接続バージョン。
ハムバッカーのジャズベース回路(シリーズ)
ブリッジピックアップからの出力がネックピックアップに入力され、ネックピックアップの出力も合わさってアウトプットされます。
これがシリーズ接続。

上の2つの回路を採用すると、いずれかの接続方法のみの出力になりますが、実は、切り替えスイッチを追加する事で、2つのサウンドを切り替えて使うことができる様になります。

それが下の図。
スイッチを装備したジャズベース回路
ミニトグルなどのスイッチを組み込むことで、上記2つの回路を切り替えて使えるんですねー(^_^)
ミニトグルってめっちゃ便利。

ジャズベースなのにプレベっぽいパワフルサウンド!
バンドで、もうちょいパワー欲しいなーとかいう場合に、こんな無添加(エフェクターとか使わず)のパワーアップ、ちょっと面白そうじゃないですか??
あなたのジャズベースにも、ぜひ無添加の配線カスタムをお試しください。

あなただけの回路も考えてお作りしますので、お気軽にご相談下さいねー(^_^)

今回は以上です!

ポップギターズは、ギターのメンテやリペアも承ります!
ご愛用のギターやベースの調子が悪い、とか、こんな症状で困ってる、など困ったことがあったら、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*なぞなぞの抽選しました!

今回は、6月に開催した「なぞなぞに挑戦!」の抽選を行いました(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

今回は、6月に開催したなぞなぞに挑戦!にご参加いただいた方のプレゼント抽選会を行いましたのでご報告いたします。

いつもは、動画で抽選会をご報告しているのですが、今回は、趣向を変えてブログでご報告してみます。

なぞなぞに挑戦のコーナーは、ポップギターズ米澤が、子どもの頃からクイズやなぞなぞが好きだっだことがきっかけで、店舗のないネットショップでも何かお客さんと楽しいことが出来ないかなーという事で不定期に開催しているプレゼントコーナーです(^_^)

今回のなぞなぞの問題は・・・
なぞなぞはこれ

そして、プレゼントは・・・
プレゼントはTシャツ

ちなみに当選された方には、平成30年7月27日プレゼントを発送いたしましたので、近日中にお届けできると思います(^_^)
楽しみにお待ち下さーい。

では、順番にご報告します。

ご参加頂いた皆様のリストは以下の通りです。
ご参加の皆様

Lサイズの正解者
まずは、Lサイズご希望の正解者(の番号札)
Mサイズの正解者
そして、Mサイズご希望の正解者(の番号札)
抽選ボックス内部
それをこの抽選ボックスに入れて・・・
番号表を入れます
混ぜます!!
混ぜましてー
躍動感のある写真が撮れましたw
これに決めたー!
そして、選ばれたのは!!
Mサイズの当選者

M2番の「&z」さんです!

続きまして、Lサイズの抽選です。
抽選ボックスに番号を入れて

箱・・・いや、抽選ボックスに番号札を入れます。

混ぜて混ぜて
そして、混ぜる! そして、選ぶ!
Lサイズの当選者
Lサイズの当選者は、L14番の「GUTS」さんです!

2名の当選者様に送ります
右側のは「GUTS」さんご当選分、左側は「&z」さんご当選分。
封筒に入れます
封筒に入れましてー
プレゼント今日発送しました!
送り出しましたので、到着をお楽しみに(^_^)

今回は、なぞなぞの抽選の模様をご報告しました。
また近々開催しますので、なぞなぞの案内が届いた方は、どしどしご応募下さいねー(^_^)

最後までご覧頂いてありがとうございました。

ポップギターズは、ギターの調整や修理もやってます!
ご愛用のギターやベースの調子が悪い、とか、こんな症状で困ってる、など困ったことがあったら、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*ピックアップ(取り付け)のサイズ比較

今回は、お客さんから頂いた問い合わせについて、ちょっとだけ掘り下げてみました(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

今回は、お客さまから

「ミニハムバッカーが搭載されているギターに加工なしでP-90のピックアップは、取り付け出来ますか?」

と言う感じの問い合わせを頂きましたので、ピックアップの大きさの違いについて書いてみます。

ご質問のお答えとしましては、ミニハムバッカーとP-90のサイズは、互換がありませんので、そのままでは取り付けできません。

ミニハムが搭載されたレスポールデラックスと言うモデルがあるのですが、実は、このレスポールデラックスは、ピックアップ取り付け穴がP-90サイズになっています。
しかし、ミニハムの周りにエスカッション(ピックアップリング?)を装備し、P-90のサイズとの差を埋めるように取り付けされています。

こちらのページに紹介されているギターです。※Gibsonのページに飛びます。

家電などは、概ね互換のある規格のようなものがあるのですが、びっくりすることにギターには決まった規格みたいなのはほとんどの場合ありません。。
メーカーが違うから合わない/使えないと言うのなら分からないでもないのですが、同じメーカー内でも互換性がないものがあったりするので、困るんですよねー(^_^;

ま、それは置いておいて、、、

今回は、ピックアップの種類ごとのサイズの違いや互換性について検証?してみますね。

まずは、スタンダードな「ハムバッカー」
今回は、この「ハムバッカー」を基本に比べてみます。
スタンダードハムバッカー
次にレスポールスペシャルなどに搭載されている「P-90」
P-90のサイズ
ファイヤバードなどに搭載されている「ミニハム」
ミニハムのサイズ
近年、人気の高いグレッチのピックアップ「フィルタートロン」
フィルタートロンのサイズ
そして、最後に「ジャズマスター」用のピックアップ
ジャズマスターのサイズ

の5種類を比べてみます。

では、早速、比べてみます。

ハムバッカーとP-90の違い
最初は、ハムバッカーとP-90。
通常、ハムバッカーはエスカッションを使ってギターに取り付けすることが多いので、エスカッションの分を合わせて考えてみると、概ね同じくらいの大きさと言えるかも知れないですね。
ピックアップだけの大きさで考えると、少しP-90の方が縦が短いので、もしP-90の搭載されているギターにハムバッカーを取り付ける場合、取り付け穴の加工が必要になると考えられます。
ハムバッカーとミニハムの違い
続きまして、ハムバッカーとミニハムバッカー。
上の図では(線が重なってしまって)ちょっと分かりにくいですが、ミニと言うくらいですから、縦横共に小さくなってます。
ですので、例えば、ミニハム搭載のギターにハムバッカーを取り付ける場合、ギターへの加工が必要になりますね。
逆にハムバッカー搭載のギターにミニハムを取り付けるとなると、エスカッションでは穴が埋まらない恐れがありますので、大掛かりな加工が必要になるかも知れません。
ハムバッカーとフィルタートロンの違い
次は、ハムバッカーとフィルタートロン。
この2つは、ピックアップのコイル部分のサイズだけをみますと、比較的似ていますが、ギターへの取り付け方法(エスカッションマウントとダイレクトマウント)が異なりますので、やはり互換性はありません。。
ハムバッカーのギターからフィルタートロンに交換しようと思いますと、ザクリの加工は不要ですが、必要に応じて取り付け穴の底面へ板を追加するなど、なんらかの加工は必要。
ハムバッカpーとジャズマスターの違い
最後にハムバッカーとジャズマスター用のピックアップ。
図を見て頂けば一目瞭然ですが、ハムバッカーのギターにジャズマスターのピックアップを取り付けるには大幅な加工が必要になります。
ちなみに、逆パターンでジャズマスターにハムバッカーを取り付ける場合、穴の広さ?は問題ないように見えますが(隙間は空きますが)、実は、ピックアップの厚みに応じて、取り付け穴の加工が必要になる場合があります。

てな感じで、ひたすら比べて見ました。

今回もマニアックでしたねー(^_^;
最後までご覧頂いてありがとうございました。

ポップギターズは、ギターの調整や修理もバリバリやってます!
ご愛用のギターやベースの調子が悪い、とか、こんな症状で困ってる、など困ったことがあったら、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*ストラトでハムバッカーサウンドを出す回路(のスイッチ仕様)

今回は、お客さんから頂いた問い合わせについてです。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

今回も非常にマニアックですのでご注意下さい(笑)

ポップギターズの配線済みアッセンブリのストラト用のシリーズに「HSH仕様」ってのがあります。
このストラト用HSH仕様の配線済みアッセンブリは、ストラトのセンターピックアップをブレンダーポットを使って、(ネックPU又はブリッジPUに)シリーズ(直列)で接続させて(ノーマルのストラトはパラレル(並列)接続)、通常のストラトでは出せない力強いサウンドを出せるようにできるスペシャルな回路です。
HSHの回路については以下のページでも紹介しております。

STタイプ配線済みアッセンブリ/HSH仕様のページ

このSTタイプ配線済みアッセンブリ/HSH仕様は「ブレンダーポット」を使って、ストラトのセンターピックアップの「シリーズ」「パラレル」を切り替えしているのですが、この切り替えを「スイッチ」を使ってできませんか?

と問い合わせを頂きました。

結論から申しますと、スイッチでも切り替えできます!!

と言うわけで、今回は、HSH仕様の切り替えをスイッチで行う場合の回路をシェアしたいと思います。
ストラト

まず、スタンダードなストラトの回路ですが、、、
スタンダードストラト回路
こうなってます。

各ピックアップが、並列に接続される回路ですが、ここにスイッチ(6P ON-ONなど)を追加して、センターPUの接続を「パラレル(並列)」と「シリーズ(直列)」に切り替えできるようにします。

それがこちら。。

ストラトHSH回路
上の図の太線の部分が、スタンダードな回路との違う部分です。

要するにネックPUとブリッジPUのコールド線を追加するスイッチ(図の右上)に接続し、スイッチ部分でアースに落とすか、セレクタースイッチのセンターPUに接続するかを切り替えると言うわけです。

こうすることで、スイッチ切り替え前は、スタンダードなストラトのコントロール。
スイッチ切り替え後は、センターPUをシリーズで接続した通常のストラトでは出すことの出来なかったサウンドが出せるようになるんですよー。
コントロール相関図
一応、コントロールの相関図を追加しておきます。
上の図は、ブレンダーポットの場合のコントロール図ですが、スイッチの場合もコントロールは、ほぼ同じです。
ただブレンダーポットと違って「オン」か「オフ」の切り替えのみとなってます。

ちなみに、こちらのページをみてお問い合わせ頂いたみたいです。

見た目はストラトそのまま!でもちょっと太くてヘビーなサウンド出してみたくないですか〜?のページ

今回もマニアックでしたねー(^_^;
最後までご覧頂いてありがとうございました。

ポップギターズは、ギターのメンテやリペアも承ります!
ご愛用のギターやベースの調子が悪い、とか、こんな症状で困ってる、など困ったことがあったら、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*テレキャスターにシリーズ接続回路(ブレンダー仕様)

今回は、お問合せ&オーダー頂いたテレキャスター用のスペシャル回路についてです。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

テレキャスターをお使いのお客さんから

「・ネックピックアップ単体
 ・ネックピックアップ+ブリッジピックアップ(並列)

 ・ネックピックアップ+ブリッジピックアップ(直列)
 直列接続時にトーンポットをブレンダーポットとして使う
 みたいな回路はできますか?」

と問い合わせを頂きました。

(問い合わせを頂いた直後のポップギターズ米澤の頭の中は・・・)
「ネックピックアップ/ネック+ブリッジ/ネック+ブリッジのシリーズか。そこにブレンダーポット・・・ちょっと無理っぽい感じするなー」

と直感的に思ったんですが、いや、ちょっと待てよ。
なんかええ方法があるかも。。

と思いまして、お客さんにはちょっとお時間をもらいまして、一日寝てからもう一回改めて考えて見たら

「おっ!100%ご希望添えるものではないけど、近いものやったらできるかも!?」

ってのを思いついて、すぐにサンプルの回路組んで試して見たら、以下のような回路ができました。

・ネックピックアップ(単体)
・ネックピックアップ+ブリッジピックアップ(並列)

・ネックピックアップ+ブリッジピックアップ(直列) ※ブレンダーオン時

一見希望の通りできている風に見えるのですが、実は、ブレンダーをオンのままネック+ブリッジピックアップ(並列)の位置にすると「ネックピックアップの単体」になってしまいます。
逆にブレンダーをオフのままネック+ブリッジピックアップ(直列)の位置にすると「ブリッジピックアップ単体」になります。

文面ではちょっと分かりにくいので図にして見ました。
以下、ご参照下さい。

まずは、ブレンダー「オフ」時
ブレンダーポットオフ
いわゆる一般的なテレキャスターのコントロールですね。
ブレンダーを「オン」にしますと・・・
ブレンダーポットオン
セレクターをブリッジ側にした時には、ネック+ブリッジピックアップの直列接続が出力されます。
しかも、ブリッジピックアップの音にネックピックアップを直列にブレンドしていけると言う強者仕様。
これは前にもご紹介しましたGreco ブギーの回路と似ているかも。
ブレンダーオン時のネック+ブリッジピックアップ(並列)ポジションがネックピックアップ単体になってしまうのが心残りではありますが、ご希望に近い回路ができました!って問い合わせ頂いたお客さんに連絡しましたところ、ご検討頂きましたの後、オーダー頂きました。
イエイ!一生懸命考えた甲斐がありました。
ありがとうございます(^_^)

トーンポットをブレンダーにしたスペシャル回路は以下の通り。

TLブレンダースペシャル回路
実際に組み込んだ回路はこんな感じです。
高い状態

気に入って頂けたら嬉しいなー(^_^)と思いながら梱包して発送しましたー。

今回も非常にマニアックな内容でしたねー。

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズは、ギターのメンテやリペアも承ります!
ご愛用のギターやベースの調子が悪い、とか、こんな症状で困ってる、など困ったことがあったら、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*オクターブピッチ、合わせてますかー?

今回は、カスタムではなく、メンテについてです。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

「オクターブピッチ合わせてますか?」

オクターブピッチって言うのは、エレキギター(あるいはベース)のブリッジのサドル部分を前後させることで調整出来るんですが、頻繁に行う調整ではないので、「あれ?やり方って・・・どうやったっけ?」てこともあるかも知れないので、今回は、「オクターブピッチ」の調整方法について書いてみます。

そもそも、オクターブピッチの調整って、なんのこと?って言うと、簡単に言うと、弦を押さえてない状態(要するに解放弦)と(何フレットでもいいので)押さえた状態で、発生する音程の差を補正する調整のことなんです。
どう言う事かって言うと、フレットを押さえた時には、解放弦の時と比べると指板側に弦が(少しだけなんですが)引っ張られて、音程が高く(チョーキングしているのと同じ原理)なります。
その音程の差をサドルの位置を動かして調整するのが、オクターブピッチの調整という事になります。

ま、難しい理屈は、ともかく。

オクターブピッチの調整をしておけば、気持ち良い音(音程)が出せるって事なので、調整しておきましょう(^_^)

では、その手順をご紹介します。

1、まずオクターブピッチを調整する前の準備として、ネックのそりの調整、弦高の調整など、終わらせておきます。
この工程を怠ると、二度手間になり、面倒ですので。。
(ちなみに、弦の太さを変えたりするとピッチも変わりますので、調整する方が良いです。でも、実際のピッチは弦を押さえる力具合なんかでも変わりますので、それほど神経質になることもないとは思います(^_^;)

2、オクターブピッチを調整する際に、ハーモニクスと実音の差を確認しますので、ハーモニクスの音を拾いやすいブリッジ側のピックアップを選択しておくと良いです。
全ての弦のチューニングを合わせます。

(ここからの手順は、6弦共に行います。どの弦からスタートしてもオッケーです。)

3、12フレットのハーモニクスを鳴らして、チューニングを合わせます。
チューニングオッケー
上の図のようにチューナーの針を真ん中に合った状態にします。
12フレット上のハーモニクスでチューナーの針を真ん中に合わせたら、次は12フレットを実際に押さえて、チューナーを確認します。
この時に先ほどのハーモニクスと同じく針が真ん中に来ていたら、オクターブピッチは合っている状態ですので、そのまま次の弦に進みます。

でもでも、もしも12フレットを実際に押さえてチューナーの針が、下の図のように真ん中より左側になった場合は、
低い状態
サドルの位置を前(ネック側)に移動させます。
その後、再度、3の項目を繰り返し調整を行い、実音とハーモニクスともにチューナーの針を真ん中に持ってくるようにします。
どのくらいサドルを移動させるかは、感覚的な部分もありますので、何度かトライして見てくださいねー。

で、今のは実音を確認した時のチューナーの針が真ん中より左側の場合、要するに実音がハーモニクスより低い場合。
逆に、12フレットの実音が、ハーモニクスより高い場合、チューナーの針が、真ん中よりも右側にくる場合は
高い状態
サドルの位置を後ろ(ボディエンド側)に移動させます。
その後、再度、3の項目を繰り返し調整を行い、実音とハーモニクスともにチューナーの針を真ん中に持ってくるようにします。
チューニングオッケー
この作業を全ての弦で繰り返しますと、調整完了です(^_^)

先ほども書きましたが、音程は、弦を抑える力具合でも変わったりしますので、シビアに考えなくても良いのかも知れませんが、ま、合ってる方が気持ちいいですよねw
愛機のメンテしてみようかな!って思い立ったらやって見てくださいね。

ちなみに今回は12フレットのハーモニクスと実音で合わせましたが、実は19フレットのハーモニクスと実音でも合わせることが出来ます。
ギターソロで、バリバリにハイフレット使いまくります!って方は、19フレットで合わせるのも良いかも知れないですね。

今回は以上です!

ポップギターズは、ギターのメンテやリペアも承ります!
ご愛用のギターやベースの調子が悪い、とか、こんな症状で困ってる、など困ったことがあったら、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*S-S-HレイアウトのギターをH-H-H+タップスイッチにカスタム

今回は、問い合わせ頂いた配線カスタムについてです。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

先日、お客さんから

「S-S-H(シングル/シングル/ハム)のギターのネックPUとセンターPUをシングルサイズのハムバッカーに変えて(要するにハムーハムーハムのレイアウト)、タップスイッチを追加して、ネックPUとセンターPUをシングルとして使うようにしたいのですが、可能ですか?」

と問い合わせを頂きました。

そこで、以前にこのブログでシェアさせて頂きました「ハムバッカーなのにシングルコイルの音も出せるコイルタップ」のページを参考にして頂ければ、ご希望の配線カスタムができると思います(^_^)
とお返事差し上げました。
そして、その後、ブログの内容を元にお客さんが作った配線図を送ってもらったのですが、、、
お客さんから頂いた配線図
ブログの記事を参考に、苦労して配線を考えられた跡が随所にみられるのですが、残念ながら、このままではうまく機能しないと思います。。(※僕が作ったものではないので、画像は少しぼかしてます)

頂いたこの図を見て、ギターの配線などのカスタムに興味を持ち出した当初の事を思い出しました(^_^;
僕もギターのカスタムや配線に興味を持ってやり始めた頃は、意味が分からなくて、頭が爆発するんちゃうかなと思うことも多々ありましたのでw
そんな僕のブログをみて、ギターの配線に興味を持ってもらったって事に感動しました。

で、頂いた配線図では、うまく機能しないので、ご希望のコントロールになるように、配線図を書いてみました。
返答した配線図
こうやって見ますと、意外とシンプル。。
タップスイッチは、ミニトグルなどで単体で追加してもいいですし、スイッチポットなどで追加してもオッケーです。
これで、ハムーハムーハムの強力なギターとしても使えますし、タップすればシングルーシングルーハムの(要するに元々のレイアウト)ギターとしても使えるようになりますね。
スイッチとピックアップの相関図
コントロールは上の図の通りです。

もしあなたの愛用のギターのピックアップが「シングルーシングルーハム」のレイアウトの場合、ネックピックアップとセンターピックアップをシングルサイズのハムバッカーに交換し、コイルタップスイッチも追加すれば、そもそも「シングルーシングルーハム」のオールラウンドギターな面に追加して、「ハムーハムーハム」のハイパワーギターのキャラも手に入れることが可能になります!!
ネックポジションのハムバッカーの音って、いいですよねー。

今回は以上です!

ポップギターズは、あなただけのスペシャルなギター作りの為に、お役に立てる!・・・かも知れませんのでw、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*現行レスポールSTD風のコントロール回路

今回は、現行のGibsonレスポールのコントロールと同じ配線カスタムのご紹介です。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

先日、

「現行のレスポールスタンダードのアッセンブリ(基板に組み込まれたもの)を手に入れたのですが、これに〇〇(ブランド名)の4芯のピックアップを取り付け出来ますか?」

と問い合わせを頂きました。
この現行のレスポールの基板に組み込まれたアッセンブリは、少し曲者で、ピックアップやスイッチ類の取り付けが、従来のハンダではなく「コネクタ」で簡単に脱着が出来るようになっているんです。
これは、もちろん良かれと思っての仕様なんですが、他社製品やコネクタ仕様になっていないピックアップなんかを取り付けるとなると、ちょっと大変。。
専用のコネクターを使うか、基板を改造するか、で接続することは可能になります。。

・・・なんですが、今回は、そのお話ではなく、現行のレスポールのコントロールについてのお話です(^_^)
レスポールのコントロールは、基本的に

「ネックPUボリューム」
「ブリッジPUボリューム」
「ネックPUトーン」
「ブリッジPUトーン」

の4つのポットによるコントロールになっています。

しかし!現行のレスポールには、この基本のコントロールに追加して

「ネックPUのコイルタップスイッチ」
「ブリッジPUのコイルタップスイッチ」
「フェイズ切り替えスイッチ」
「ブリッジPUのダイレクト出力スイッチ」

が、装備されています。
これらのスイッチは、各ボリューム/トーンのポットがスイッチポットになっておりまして、ノブを引き上げる事で切り替えが出来るようになっているんですよー
図にしますとこんな感じ。
現行のレスポールコントロール図

それぞれの機能に関しましては、このブログで今までにも紹介しておりますが、ここではそれらを組み合わせて現行のレスポール風のコントロールにしていきたいと思います(^_^)

まずは「タップスイッチ」
タップと言うのは、ハムバッカーの2つあるコイルの1つだけ使うようにする事です。(「コイルスプリット」とも言う)
シングルコイル的なサウンドが出せるようになるカスタムです。
ハムバッカーのどちら側のコイルを使うかで接続方法が違うので、今回は、2パターンご紹介します。
コイルタップ回路パターン1
パターン1は、コイル1側を活かす方法。
コイルタップ回路パターン2
パターン2は、コイル2側を活かすパターン。
今回は、パターン1をネックピックアップ側に、パターン2をブリッジピックアップ側に設置する事にします。

次に「フェイズ切り替えスイッチ」
フェイズイン/アウトは、2つのピックアップを組み合わせた際に作り出せます。
つまりフェイズ切り替えのスイッチは、2つのピックアップのうちどちらか一つに設置すれば効果を発揮ましす。
フェイズ切り替えスイッチ
ピックアップからの出力を上の図の+とーの端子に接続します。
これで瞬時にホットとコールドを切り替える事が出来るようになります。
今回は、このフェイズ切り替えスイッチをネックピックアップ側に設置します。

そして最後に「ダイレクトスイッチ」。
ダイレクトスイッチは、スイッチ単体で見ても分かりにくいので、必要最低限(ブリッジピックアップ側のみ)の回路を書いております。
ブリッジPUダイレクトスイッチ
この図のように接続するとノーマル時の出力とブリッジピックアップのみのダイレクトな出力とを瞬時に切り替えが可能になります。
これらの機能を全て組み込みますと・・・
現行レスポール風の回路
こうなります!
各ピックアップのコイルタップスイッチ、ネックピックアップのフェイズ切り替えスイッチ、ブリッジピックアップのダイレクトスイッチ、をぎっしり詰め込んだ大盛り状態。

そんな現行レスポール風の配線カスタムのご紹介でした。

今回は以上です!

ポップギターズは、あなただけのスペシャルなギター作りの為に、お役に立てる!・・・かも知れませんのでw、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*2つの「シリーズ/パラレル」切り替えスイッチ

今回は、2ハムバッカーのギターに使える!?配線カスタムのご紹介です。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

アッセンブリの特注をいくつかいただく中でお客様からジミー・ペイジモデル仕様のアッセンブリのご依頼を頂きました。
そのジミー・ペイジモデルのコントロールに

「各ピックアップ毎のシリーズ/パラレルの切り替え」スイッチ

「ブリッジPUとネックPUのシリーズ/パラレルの切り替え」スイッチ

があるのは、どう違うのか?とご質問を頂きましたので、今回はその違いを図示して見たいと思います。

「シリーズ」「パラレル」ってなに?って言いますと、、、

「2つのコイルの接続方法」

の事なんですが、「シリーズ」は「直列」、「パラレル」は「並列」の事で、
「シリーズ」は、2つのコイルが回路の中で連続して接続されたもの。
「パラレル」は、2つのコイルが回路の中で並列に接続されたもの。
になります。

接続の違いで音色が変わるのですが、簡単に言いますと
「シリーズ」は、中低音が力強い傾向、逆に高音は出にくい。
「パラレル」は、中高音がよく出る傾向、シリーズほどの低音は出ない。
となります。

言葉では表現が難しいので、興味を持たれた場合は、実際にお試しいただくのがおすすめですが、極簡単に言うとこんな感じです。

今回ご紹介します2つの「シリーズ/パラレル」切り替えの1つ目は

「ピックアップ(ハムバッカー)のコイルの接続

そして、もう1つは、

ピックアップとピックアップの接続

の切り替えになります。

まず、ピックアップ(ハムバッカー)のシリーズ/パラレルの切り替えスイッチですが、4芯のハムバッカーを以下のようにミニトグル(6p on-on)などに接続する事で切り替えが可能になります。

シリーズ/パラレルの切り替えスイッチ

4芯のハムバッカーを上の図のように接続すると「シリーズ/パラレル」の切り替えが出来るんですねー(^_^)
一般的なハムバッカーは、シリーズ接続されているのですが、、、
シリーズの信号の流れ
(切り替えスイッチを)シリーズ接続にした場合、信号の流れは上の図のようになります。
簡単に言うと2つのコイルを信号が一筆書きで通っていける状態です。
パラレルの信号の流れ
そして、スイッチを切り替えますと、パラレル接続になります。
2つのコイルにそれぞれに信号が流れると言いますか、ストラトのハーフトーンなどのような感じと言えるかも知れませんねー。

この「シリーズ/パラレル」切り替えを各ピックアップに設置した上に、更にそれらの接続方法を「シリーズ/パラレル」と切り替える為のスイッチを設置すると・・・
2つのピックアップをシリーズ/パラレル
こうなります。

「シリーズ」「パラレル」の切り替えは、コイルが2つあれば出来るので、レスポールなどの2ハムのギターの場合、

1、各ピックアップの「コイル1」と「コイル2」の「シリーズ/パラレル」切り替え
2、「ネックPU」と「ブリッジPU」の「シリーズ/パラレル」切り替え

が、可能で、更にそれらを組み合わせて使う!なんてことも出来るんですねー(^_^)

例えば、「ネックPU」は「シリーズ」、「ブリッジPU」は「パラレル」、そしてそれらを「シリーズ」にする。なーんてことも出来るワケです。

どの組み合わせが、良い/悪いってのはないのですが、、、

音のバリエーションが増える!→表現の厚み大幅アップ!→可能性無限大!!

ま、無限大は言い過ぎですが(^_^;
今までにない表現も出来るようになる!かも。。

って言う2ハムバッカーギターの為の配線カスタムでした(^_^)

今回は以上です!

ポップギターズは、あなただけのスペシャルなギター作りの為に、お役に立てる!・・・かも知れませんのでw、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?