*テレキャスターに4WAYスイッチを使った配線カスタム

今回は、4WAYのスイッチを使ったテレキャスターの配線カスタムをご紹介します。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

テレキャスターは、通常3WAYのスイッチで「ネックピックアップ」「ミックス(パラレル接続)」「ブリッジピックアップ」を切り替えて使えるようになっているのですが、今回は、4WAYのスイッチで通常のテレキャスターでは出せない「ミックス(シリーズ接続)」の音も出せるようになる配線カスタムをご紹介します。
さらにポジション毎に組み合わせの違う3パターンの回路をシェアしたいと思います(^_^)

4WAYのスイッチはこちらのページで販売中!

ちなみに4WAYのスイッチってこんなのです。
oak 4way スイッチ
4WAYスイッチて言うのは、4段のポジションがあって、通常の3WAYよりも1段多いので(当たり前!)その分、接続方法の選択肢も増えるんですよー。
先ほども書きましたが、この4WAYスイッチを使いますと、通常出す事のできない「ミックス(シリーズ接続)」の音が使えるようになります。

この「ミックス(シリーズ接続)」の音の特徴は、いわゆるハムバッカーに近い感じになると言うか、中低音の力強いサウンドが出せるようになります。
とは言っても、一般的なハムバッカーとはコイルの位置も違いますので、シングルコイルっぽい響きを持った感じではあります。

そして、当店では、この4WAYのスイッチを組み込んだ配線済みアッセンブリを販売中!
こちらもよろしくお願いします(^_^)

TLタイプ配線済みアッセンブリ/4WAY仕様

では、4WAYスイッチを使った回路をご紹介していきます。
まず、はじめのは、先ほど紹介しました「TLタイプ配線済みアッセンブリ/4WAY仕様」にも採用しております回路です。
TL4WAY回路その1
上の図のように、ポジション1は「ミックス(シリーズ接続)」ポジション2は「ネックピックアップ」ポジション3は「ミックス(パラレル接続)」ポジション4は「ブリッジピックアップ」となってます。

続きまして・・・
TL4WAY回路その2
この回路では、ポジション1は「ネックピックアップ」ポジション2は「ミックス(シリーズ接続)」ポジション3は「ミックス(パラレル接続)」ポジション4は「ブリッジピックアップ」となってます。

そして、、
TL4WAY回路その3
最後のこの回路では、ポジション1は「ネックピックアップ」ポジション2は「ミックス(パラレル接続)」ポジション3は「ミックス(シリーズ接続)」ポジション4は「ブリッジピックアップ」となってます。
要するに「その2」の回路と比べますとミックスのシリーズかパラレルかの位置が逆になったパターンなんです。

この4WAYスイッチと上のいずれかの回路を組み合わせて使えば、通常のテレキャスターでは出せなかった、力強いシリーズ接続サウンドが楽しめると言う訳なんです!

ただし・・・
ネックピックアップのアース追加
このカスタムを行う場合、(ビンテージスタイルのテレキャスターでは)上の図のようにネックピックアップのカバーのアース線を分けて追加する必要がありますのでご注意ください。

今回は以上です!

ポップギターズは、あなただけのスペシャルなギター作りの為に、お役に立てる!・・・かも知れませんのでw、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)