ストラト(SSH配列)のオートマチックコイルタップ(スプリット)回路について

今回はお客様から特注頂いたアッセンブリについて書いてみます(^_^)

SSH(シングル/シングル/ハムバッカー)レイアウトのストラトのピックアップを交換するついでにコントロール部も交換したいとの事で特別仕様のアッセンブリのオーダーを頂きました。

そのアッセンブリの仕様ですが、ブリッジピックアップ(ハムバッカー)とセンターピックアップ(シングル)のハーフトーンの時にブリッジピックアップが、ハムバッカーのままではなく、自動でコイルタップ(スプリット)させて、SSS(スリーシングル)のストラトのようなハーフトーンのサウンドになるようにしたものなんです。

文章ではややこしいので、下の図をご覧下さい。
ストラト相関図
図の⚪︎が縦に並んでいるものが、5WAYのセレクタースイッチのポジションを表しています。
セレクタースイッチの動きと、どのピックアップが出力されるかを表しています。

要するにこれは一般的なストラトのコントロールと一緒ですね(^_^)
ちなみにこのコントロールのストラトの配線は以下の図のように接続されています。
ノーマル回路図※厳密に言いますと、現物とは少し違うのですが、トーンコントロールなどをカットしてシンプルに表記しています。

そして、今回のオーダーの仕様にしますと・・・
一般的なストラトのコントロールと感覚的にはほぼ変わりませんが、センターピックアップとブリッジピックアップのハーフトーンを選んだ際に、ブリッジピックアップ(ハムバッカー)が、自動的にタップ(スプリット)されてハーフトーンがシングル+シングル(風)になると言うわけなんです。
以下の図をご参照下さい。
オートマチックタップ相関図図の左から4個目の部分が変わっていますね(^_^)

ハードなブリッジピックアップのサウンドも好きだが、SSS(スリーシングル)のストラトのハーフトーンも捨てがたい!って場合は、この仕様がオススメかも知れないですね〜。

この仕様にするには、以下の図のようにピックアップを(スイッチに)接続すると実現可能です。(図のスイッチはOAK製のものを使った場合)
オートマチックタップ回路 今回、ご利用頂きましたお客様の場合、ダンカンのピックアップとディマジオのピックアップを混載されたので、位相の組み合わせに少し苦労をされたようですが、4芯(+裸線)のハムバッカーであれば、位相を合わせて組み込むことが可能です。

ちなみに今回ご紹介しております仕様のアッセンブリは、通常のラインナップにはありませんが、ご希望の場合は、制作致しますので、お気軽にリクエスト下さい(^_^)
例えば、上記仕様の場合、販売価格は変わりません。
※ご希望の仕様によってお値段は変わる可能性がございますので、お気軽にご相談下さい。

配線済みアッセンブリのページはこちらです。

今回は以上です!
最後までご覧頂きましてありがとうございました。

あなたのギターのリペア、カスタム、何なりとご相談下さい!
「アッセンブリの交換」や「あなただけの配線カスタム」とか「ピックアップ交換したい」など、ギターの事でお悩みの場合はお気軽に相談して下さいね。
いつでもお待ちしてますよー。
お問合せフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)