月別アーカイブ: 2019年10月

【ポップギターズの配線カスタム】 テレキャスター4WAYスイッチ回路のリバース仕様

今回は、お客さんからオーダー頂きましたテレキャスターの4WAYスイッチを使った回路のリバース仕様のご紹介です(^_^)

通常テレキャスターは、3WAYのセレクタースイッチで「ネックピックアップ」「ミックス(パラレル接続)」「ブリッジピックアップ」の3つを切り替えるコントロールになってますが、4WAYのスイッチを使うことで、通常は出せない「シリーズ接続のミックス」が出せるようになります!

この回路に関しましては、ポップギターズの配線済みアッセンブリのラインナップにありますので、ご興味ある方は以下のリンクからご覧ください。

TLタイプ配線済みアッセンブリ/4WAY仕様のページ

今回は、この4WAYのアッセンブリのリバース仕様のオーダーを頂きました。

リバース仕様と言うのは、何かって言うと・・・

通常のテレキャスターは、コントロール部のレイアウト(配置)がネック側から

セレクタースイッチ/ボリューム/トーン

になってますが、これを

ボリューム/トーン/セレクター

の順に配置する仕様の事なんです。

通常の配置ですと、セレクタースイッチが、ストロークの時に若干干渉するのと、ボリュームの位置がネック側にある方が、コントロールしやすい(と感じる方がいる)ので、このカスタムが生まれたみたいですねー。

で、その配線ですが、以下の図のようになります。テレキャスター4WAYのリバース仕様の配線図あ、アウトプットジャックへの配線を書き忘れてますね。。
アウトプットはボリュームポット(図の一番左側)の真ん中の端子からジャックへ配線します。

ちなみにスタンダードは配置の4WAY仕様の配線図は、以下の図のようになります。

テレキャスター4WAYの配線図

今回、ご注文頂きました4WAYのアッセンブリは、リバース仕様でしたので、現物は、以下の写真のようになりましたー。

TL配線済みアッセンブリ_02

という訳で、今回は以上です(^_^)

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

あなたのギターのリペア、カスタム、何なりとご相談下さい!
「アッセンブリの交換」や「あなただけの配線カスタム」とか「ピックアップ交換したい」など、ギターの事でお悩みの場合はお気軽に相談して下さいね。
いつでもお待ちしてますよー。
お問合せフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!