月別アーカイブ: 2018年12月

【ポップギターズのリペア/カスタム事例ご紹介】アッセンブリ&ピックガード交換で音質アップ&ドレスアップ!

今回も、以前、当店で行ったリペア/カスタムの事例をご紹介したいと思います。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

Fender JAPAN製のテレキャスター・シンラインの内部の配線(特別な回路へ)の変更とピックガードを真っ白いパールホワイトのものからビンテージテイストの経年を再現したクリームパールのものに交換しました。

ピックアップは、元々のものですが、ポットはCTS製、コンデンサーはオレンジドロップ、スイッチとジャックはスイッチクラフト製、そして配線材には、音質アップが期待できる(ベルデンのものとヴィンテージスタイルの単線のもの)を使用しました。
テレキャスターシンライン、マホガニー
お預かりした時のシンライン。
この時点でもとりあえずめっちゃカッコいい!

fenderJapanシンラインの元々の内部配線
早速ですが、内部のアッセンブリ確認。
スイッチやポットは、残念ながらそれほど良いものではないんですよねー。

ピックガード取付ネジ穴の補正
ピックガードの交換もご依頼頂いているのですが、取り付けネジの位置が合わないので、一旦ネジ穴を埋めて新たに穴あけを行います。
上の画像は、元のネジ穴に埋め木をしている状態。
ネジ穴の位置補正
ネジ穴の埋め木作業、全体図。
今回のピックガード交換では、元のネジ穴が2箇所適合、10箇所修正しました。
フレットを軽く磨いてみました
埋め木処理の接着剤が乾く時間にフレットを磨いてピカピカにしたり(^_^)
ネックピックアップのカバーからアース線を出します
今回の回路は、ネックピックアップとブリッジピックアップのシリーズ接続が出来るようになってますので、ネックピックアップのカバーのアース線を別に分けます。
トーンボリュームにスイッチポットを使ってシリーズ接続が可能
こちらが今回の特注アッセンブリ。
トーンのノブを引っ張るとシリーズ接続に切り替わります。
ノブを引っ張っていないときは、通常のテレキャスターと同じです。
ネジ穴補正完了
ピックガードのネジ穴埋め木処理完了。
ネジ穴補正ずみ、別角度
ピックガードのネジ穴埋め木処理完了。別角度から
新しいピックガード組み込み後
ピックガード&アッセンブリ交換後。
元々カッコよかったけど、クリームパールのピックガードがより一層、雰囲気を引き立ててますね!!
ピックガード交換完了後
今回の特別なアッセンブリ(およびポップギターズのアッセンブリの大半)は、見た目は変わらず、スペシャルな効果が得られる渋い仕様と言うか、違いのわかる人のゴールドブ○ンドみたいな・・・
何のことかよく分かりませんがw
とにかく、派手さはないのですが、確実にギターの音質をグレードアップさせます!
ギターを愛するあなたに、是非試して頂きたいです(^_^)

見た目は地味ですが、ギターの音をグレードアップする内部配線(つまり本来の音質を出力する為)のグレードアップに少しでも興味を持たれたあなたには、ポップギターズの配線済みアッセンブリをオススメいたします。

配線済みアッセンブリは、高品質のパーツをポップギターズで組み込んだもので、最低限の作業であなたのギターのグレードアップが可能です!
しかも今月(2018年12月)は、「30日の返金保証」をお付けしています。
ご興味ある方は、是非、お試しください(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

壊れてしまったお気に入りだったギターを使えるようにしたい!
大事なギターの復活プロジェクトとか・・・
他にも、自分でリペアやカスタムをトライして見たけれど、「やっぱ、これは無理かも・・・」など、悩んだ場合も、お気軽にポップギターズにご相談/ご活用下さいねー(^_^)
いつでもお待ちしてますよー。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

【ポップギターズのリペア/カスタム事例ご紹介】Fender Japan MG(ムスタング)モデルの電装系をフルでグレードアップ

今回も、以前、当店で行ったリペア/カスタムの事例をご紹介したいと思います。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

fender JAPAN MG69モデルのセレクタースイッチ部とコントロール部を総入れ替えしました。
ピックアップは、元々のものですが、ポットはCTS製、コンデンサーはオレンジドロップ、スイッチとジャックはスイッチクラフト製、そして配線材には、ベルデンのものとヴィンテージスタイルの単線を使用しました。
ムスタングの電気関係を総入れ替え
要するにピックアップからアウトプットジャックまでの道のりを全てグレードアップ!

ムスタングスイッチ部分アップ
ピックアップのコントロールは、スタンダードなものをチョイス。
Switchcraftm製の高品質スイッチとビンテージスタイルの単線材はピックアップの出力をロスなくリッチなトーンをアウトプットジャックまで運んでくれます。

ボリューム部分アップ
スイッチ部から運ばれてきたピックアップの信号は、ボリューム部でもロスなく、ジャックへ。
ギターの持つトーンを最大限に活かします。

全てではありませんが、国産のギターの場合、今回のように(ギター内部の)見えない部分には、残念ながら安価な部品が使われていたりします。
このギター内部の電気部品は、ピックアップからの微弱な電気信号を苛めているのです。。
そのおかげで、アウトプットジャックまで届く頃には、もうボロボロ。。

しかし!今回のカスタムのように配線材や電気部品を品質の良いものに変えると、音色や音の存在感が1ステージアップも夢ではありません。

あなたのギターのグレードアップに効果的な内部配線、電気部品の見直し(グレードアップ)ですが、見た目が変わりません。。
ですので、地味です(^_^;
見た目的に地味ですが、ギターの音をグレードアップする内部配線のグレードアップに少しでも興味を持たれたあなたには、ポップギターズの配線済みアッセンブリをオススメいたします。

配線済みアッセンブリは、高品質のパーツをポップギターズで組み込んだもので、最低限の作業であなたのギターのグレードアップが可能です!
しかも今月は、「30日の返金保証」をお付けしています。
ご興味ある方は、是非、お試しください(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

壊れてしまったお気に入りだったギターを使えるようにしたい!
大事なギターの復活プロジェクトとか・・・
他にも、自分でリペアやカスタムをトライして見たけれど、「やっぱ、これは無理かも・・・」など、悩んだ場合も、お気軽にポップギターズにご相談/ご活用下さいねー(^_^)
いつでもお待ちしてますよー。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

【ポップギターズのリペア/カスタム事例ご紹介】 新たなピックアップコントロール用のスイッチを追加。

今回も、以前、当店で行ったリペア/カスタムの事例をご紹介します。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

ピックアップの交換に伴って、新たなピックアップ接続切り替えコントロール用スイッチの増設をご依頼いただいた際の事例をご紹介します(^_^)

LPタイプのギターのピックアップの交換に伴いなして、タップ/シリーズ/パラレルの切り替えができるスイッチの追加リペア/カスタムを行ないました。
ピックアップの切り替えスイッチは、お客様のご希望で新たなスイッチを追加することになりました。

他にもスイッチポットを使って2つのピックアップの接続切り替えの配線カスタムも同時に行いましたので、まさにピックアップの組み合わせ、コイルの組み合わせなど、フル活用出来るギターにカスタムなりました(^_^)
リペア前のコントロールキャビティ部分
リペア前、元々のキャビティ内はこんな感じ。アッセンブリも丸々入れ替え予定。
一般的なレスポールのボリュームの上部?にスイッチを追加
ギター表面部。ポットの上部(お客様のご希望の位置)にピックアップの接続切り換え用のスイッチを追加します。
テンプレート制作。試し掘り。
キャビティ部を新たにざくり加工するので、テンプレートを作って試しに掘ってみました。
スイッチキャビティざくり
で、いきなりですが、追加スイッチ用のざくりが完了!(作業時の画像撮り忘れ。。)
ざくりにプレートを合わせてみた
バックプレートも特別に制作しました。
スイッチ取り付け後、ざくり部の表面側
スイッチ取り付け後、ギター表面からみた図。すごくいい感じ!
今度は、元々のキャビティ部をリペアしていきます
スイッチ部分のざくりは、完了したので、今度はボリューム部分の方をやっていきます!
ポットやコンデンサーも交換し、特別に組んだアッセンブリ
で、いきなり完成なんですが(^_^;CTSのポットやオレンジドロップのコンデンサー、配線材も高品質のものを使って組み上げました。
新たに追加したスイッチ
ピックアップの接続切り替え用のスイッチにも配線完了。
バックプレートも装着
バックプレート取り付けて、作業完了!
リペア完了後
スイッチ追加のカスタム完了後。

このスイッチは、各ピックアップのシリーズ/パラレル/タップの切り替えが可能になり、さらに別で各ピックアップのパラレル/シリーズの切り替えの出来るスイッチをスイッチポットに設置してますので、ジミー・ペイジモデルばりのサウンドバリエーションが楽しめるギターに生まれ変わりました。
すごくかっこよく仕上がりましたね(^_^)

今回のようにお客様のアイディアを可能な限り現実にするべくカスタムを行う!なんて事も可能です。

無理な場合もあるかもしれませんが・・・(^_^;
なるべくご希望に近いものを実現させるように努力します!
まずは、お気軽にご相談くださーい(^_^)

壊れてしまったお気に入りだったギターを使えるようにしたい!
大事なギターの復活プロジェクトとか・・・
他にも、自分でリペアやカスタムをトライして見たけれど、「やっぱ、これは無理かも・・・」など、悩んだ場合も、お気軽にポップギターズにご相談/ご活用下さいねー(^_^)
いつでもお待ちしてますよー。

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)