月別アーカイブ: 2016年9月

*スムーステーパーボリュームでスムーズな音量変化。

*スムーステーパーボリュームでスムーズな音量変化。

今回は、配線カスタムの中でも比較的ライトなカスタムのボリュームポットのスムーステーパーについてです(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

ギターやベースのボリュームを絞りますと音量が小さくなっていくのですが、絞りはじめはあまり変化がなく、絞りきる直前で急に音が消える!あるいはその逆で、絞りはじめでほとんど音が消えてしまって、後はあまり変化がない!なんて事があったりします。。

これはボリュームポットのカーブやピックアップの出力などが関係しているようなんですが、感覚的には絞りはじめから絞りきるまで、一定のバランスで音量が変化して欲しいですよねー。

もしあなたのギターやベースのボリュームの変化に少しでもストレスを感じているなら、この方法は試してみる価値があるかも知れませんよ!

コンデンサーと抵抗を使ってボリュームポットの可変カーブを平均的にする「スムーステーパー」

取り付けはシンプルで、ボリュームポットの入力端子と出力端子の間にコンデンサーと抵抗を組み合わせたものを橋渡しするように取り付けるだけです。

組み込みの様子を今回は動画でご覧下さい。

動画はいつも当店でスムーステーパーを組み込む時の様子です。
使うコンデンサーや抵抗で音のニュアンスなども変わります。
試される際は品質の良いパーツを使ってみて下さいね。

今回は、スムーステーパー単体で組み込んだ訳ですが、実際にギターについているポットにコンデンサーと抵抗を組み合わせたものを付けても、もちろんスムーステーパーになります。
スムーステーパーは、音量の変化だけでなく、ボリュームを絞ったときのこもりも解消してくれる優れものです。

スムーステーパー処理を施したボリュームポットは以下のページで販売中!

スムーステーパーボリューム(シングルコイル用)のページ

スムーステーパーボリューム(ハムバッカー用)のページ

ポップギターズでは、ギターのメンテナンス、調整、カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。

ポップギターズはきっとあなたのお役に立ちますよ〜(^_^)

今回は以上です。
ありがとうございました!

メンテナンス、リペア、配線カスタマイズなどのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ(^_^)
問い合わせフォーム

この記事はお役に立ちましたか?教えて下さい。

*テレキャスターでハムバッカー風の骨太サウンドを出す!!方法

*テレキャスターでハムバッカー風の骨太サウンドを出す!!方法

今回は、テレキャスターでシリーズ接続の骨太サウンドが出せるようになる配線カスタムをご紹介します(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

・・・とその前に、実は先月の末からホームページのマイナーチェンジの作業を行っておりまして、やっとこさ、マイナーチェンジ完了しました!
って、ほとんど変わってないやん!!って感じなんですが(^_^;

どこが変わったかって言うと、

「PCで見た時」
「スマホで見た時」
「タブレットで見た時」

で、見え方が違うようになったんです!
プログラムって言うのか、なんと言うのか分かりませんが、変更するの大変でした〜
でも、なんとか完了したので、もしよかったらPC、スマホ、タブレットで見比べて下さいねw

ま、ご報告でした。

そんな訳でここから本題です。

*骨太サウンド切替えスイッチを追加
今回は、テレキャスターを「スイッチ一つで2つのピックアップをシリーズ接続の骨太サウンドに切替えする」カスタムとシェアしたいと思います。

早速ですが、ノーマルなテレキャスターの配線図はこんな感じ。

テレキャスターは年代によっていくつかの配線があるのですが、これはもっともスタンダードでなじみのあるものではないでしょうか。

で、この回路に以前このブログでご紹介しました「シリーズ/パラレル切替スイッチ」を組み込みます。

元々のテレキャスターのサウンドやコントロールは出来るだけ活かしたいので、トーンポットをスイッチポットに変える事で、シリーズ/パラレル切替が出来る様にします。

で、その回路図がこちら。

トーンポットをスイッチポットにしておりまして、シリーズ/パラレルを切替えします。
スイッチがオフの時は、ノーマルなテレキャスターのサウンドとコントロール、しかし、スイッチをオン(ツマミを引っ張ったら)にすると、『ネックピックアップ×ブリッジピックアップ』のシリーズ(直列)サウンドが出力されます!

コントロールの相関図はこんな感じです。

ノーマルなテレキャスターにシリーズ接続の骨太サウンドが追加される感じですね。
シリーズ接続のサウンドは、通常のパラレル接続のサウンドよりも力強く、まさに骨太なサウンドになるんですよー

あなたがもし、もっとパワフルなテレキャスサウンドが出したい!と思っているなら、このカスタムは気に入ってもらえるかも知れないです(^_^)

※一般的なテレキャスターの場合、ネックピックアップのカバーのアース線が、ピックアップのコールド線と共通になっていますので、もしこの回路を取り付ける場合は、ネックピックアップのカバーのアース線を追加して下さい。

このカスタムを施した配線済みアッセンブリは以下のページで販売中!

TLタイプ配線済みアッセンブリ/SHOKのページ

ポップギターズでは、ギターのメンテナンス、調整、カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。

ポップギターズはきっとあなたのお役に立ちますよ〜(^_^)

今回は以上です。
ありがとうございました!

メンテナンス、リペア、配線カスタマイズなどのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ(^_^)
問い合わせフォーム

この記事はお役に立ちましたか?教えて下さい。