カテゴリー別アーカイブ: メンテナンス

*オクターブピッチ、合わせてますかー?

今回は、カスタムではなく、メンテについてです。(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

「オクターブピッチ合わせてますか?」

オクターブピッチって言うのは、エレキギター(あるいはベース)のブリッジのサドル部分を前後させることで調整出来るんですが、頻繁に行う調整ではないので、「あれ?やり方って・・・どうやったっけ?」てこともあるかも知れないので、今回は、「オクターブピッチ」の調整方法について書いてみます。

そもそも、オクターブピッチの調整って、なんのこと?って言うと、簡単に言うと、弦を押さえてない状態(要するに解放弦)と(何フレットでもいいので)押さえた状態で、発生する音程の差を補正する調整のことなんです。
どう言う事かって言うと、フレットを押さえた時には、解放弦の時と比べると指板側に弦が(少しだけなんですが)引っ張られて、音程が高く(チョーキングしているのと同じ原理)なります。
その音程の差をサドルの位置を動かして調整するのが、オクターブピッチの調整という事になります。

ま、難しい理屈は、ともかく。

オクターブピッチの調整をしておけば、気持ち良い音(音程)が出せるって事なので、調整しておきましょう(^_^)

では、その手順をご紹介します。

1、まずオクターブピッチを調整する前の準備として、ネックのそりの調整、弦高の調整など、終わらせておきます。
この工程を怠ると、二度手間になり、面倒ですので。。
(ちなみに、弦の太さを変えたりするとピッチも変わりますので、調整する方が良いです。でも、実際のピッチは弦を押さえる力具合なんかでも変わりますので、それほど神経質になることもないとは思います(^_^;)

2、オクターブピッチを調整する際に、ハーモニクスと実音の差を確認しますので、ハーモニクスの音を拾いやすいブリッジ側のピックアップを選択しておくと良いです。
全ての弦のチューニングを合わせます。

(ここからの手順は、6弦共に行います。どの弦からスタートしてもオッケーです。)

3、12フレットのハーモニクスを鳴らして、チューニングを合わせます。
チューニングオッケー
上の図のようにチューナーの針を真ん中に合った状態にします。
12フレット上のハーモニクスでチューナーの針を真ん中に合わせたら、次は12フレットを実際に押さえて、チューナーを確認します。
この時に先ほどのハーモニクスと同じく針が真ん中に来ていたら、オクターブピッチは合っている状態ですので、そのまま次の弦に進みます。

でもでも、もしも12フレットを実際に押さえてチューナーの針が、下の図のように真ん中より左側になった場合は、
低い状態
サドルの位置を前(ネック側)に移動させます。
その後、再度、3の項目を繰り返し調整を行い、実音とハーモニクスともにチューナーの針を真ん中に持ってくるようにします。
どのくらいサドルを移動させるかは、感覚的な部分もありますので、何度かトライして見てくださいねー。

で、今のは実音を確認した時のチューナーの針が真ん中より左側の場合、要するに実音がハーモニクスより低い場合。
逆に、12フレットの実音が、ハーモニクスより高い場合、チューナーの針が、真ん中よりも右側にくる場合は
高い状態
サドルの位置を後ろ(ボディエンド側)に移動させます。
その後、再度、3の項目を繰り返し調整を行い、実音とハーモニクスともにチューナーの針を真ん中に持ってくるようにします。
チューニングオッケー
この作業を全ての弦で繰り返しますと、調整完了です(^_^)

先ほども書きましたが、音程は、弦を抑える力具合でも変わったりしますので、シビアに考えなくても良いのかも知れませんが、ま、合ってる方が気持ちいいですよねw
愛機のメンテしてみようかな!って思い立ったらやって見てくださいね。

ちなみに今回は12フレットのハーモニクスと実音で合わせましたが、実は19フレットのハーモニクスと実音でも合わせることが出来ます。
ギターソロで、バリバリにハイフレット使いまくります!って方は、19フレットで合わせるのも良いかも知れないですね。

今回は以上です!

ポップギターズは、ギターのメンテやリペアも承ります!
ご愛用のギターやベースの調子が悪い、とか、こんな症状で困ってる、など困ったことがあったら、お気軽にご相談くださいねー(^_^)

ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*ギター弦の巻き付け方について

今回は、リペアやカスタムではなく、弦をペグに巻き付ける方法についてです(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

「ペグ」とは、ギターのヘッド部にある弦を巻き付ける部分。

この「ペグ」は、ギターのチューニングを合わせる為のほぼ唯一の部品なので、実はすごく重要な部分なんです!

ここで質問です。
「ペグ」は、チューニングには関係しているけど、一見「音」に直結していないようなイメージありませんか?

「ペグ」は、メーカーからすると、ユーザーにあまり重要さをアピール出来ない(地味な!?)ポイントなので、残念な事にあまり良い物が使われていなかったりします。。

しかし悲しい事に、あまり良いペグでなくても、チューニング自体は出来ますし、音も出るので、知る人ぞ知るな地味だけど重要なパーツなんです。
で、当店でおすすめしているGOTOHのペグは、チューニングの安定度、精度だけでなく!音質も(もちろん良い方向へ)変化すると言われています。(営業活動!)

GOTOHのペグのページはコチラです。

でも、今回は、ペグの性能や役割の話ではなく、弦をペグに巻き付ける方法(要するに弦交換?)についてです(^_^)

ペグの弦を巻き付ける軸の部分を「ポスト」と呼んでいます。

このポストには弦を通す為の穴が空いています。
この穴に弦を通して巻き付けていくと言う訳です。

スタンダードなポストの形状には、大きく分けて2種類あります。

上の図の左側は「先割れタイプ」「スリットシャフト」「セーフティポスト」などと 呼ばれています。
上の図の右側は「横穴タイプ」とか「普通の・・・」とか、ですかねw
基本的には、この「横穴タイプ」ってのが、一般的で「先割れタイプ」ってのは、主にFenderやモズライトのギターに採用されていたりします。

この「ポスト」は、他にもロックタイプや高さを調整出来るものなど、特殊なものもありますが、今回は割愛し、スタンダードな2種類のものを解説しますね。

では、まず「横穴タイプ」

横穴タイプのポストは、上の図の様にポストの側面に軸を貫通する形で穴があいています。

この穴に弦を通してから

巻き付けるポストから3cm〜3.5cm程度、弦を戻しポストに巻き付けていきます。

弦は、ポストの穴から下へ下へ巻き付けていきます。
この時、上、下へ交差しないようにします。
これが、一番スタンダードな弦の巻き付け方なんですが、この横穴タイプにはいくつか巻き付け方があるので、あわせてご紹介します。

上の図の様に穴を通した弦の上側を一度通してから、後は下へ下へ巻いていくバージョン。
一度、カットした弦の上を通す事で、弦を締め付けていく事で、自ら弦を締めて安定するって言う巻き方です。

そして、もう一つ。
これはカットした弦を巻き付ける弦で、積極的に締め付けるイメージで、より強固に弦を巻き付ける事が出来る(出来そうな?)バージョンです。
ちょっと分かりにくいかも知れませんが、弦の先端をポストをぐるっと回して弦の巻き始めの下を通して、ポストと弦でロックする感じです。

次に「先割れタイプ」について。


先割れタイプのポストは、上の図のように軸の中心に穴があいています。
この穴に弦の先端を入れる事で、弦が指に刺さって思わぬ怪我をしないようにと言うデザインになっています。
(「安全なポスト」→「セーフティーポスト」って事ですねー)

この部分に(巻き付けるポストから3cm〜3.5cm程度を目安に)カットした弦の先端を収めてから

先割れ部分で弦を折り曲げ、ポストに巻き付けていきます。

先割れ部分で弦を折り曲げ、その後は、ポストの下へ下へと巻き付けていきます。
この時、弦が上へ下へ交差しないように美しく巻いていきます。

後は(どちらのポストも)同じ要領で各弦巻き付けていきます。

続きまして、ポストに弦を巻き付ける方向も書いときます。


上の図の様に向って左側にペグが並んでいる6連配列の場合は、時計と反対回り(逆の配列の場合は、時計回り)。
3+3配列の場合は、向って左側が時計と反対回り、向って右側が時計回り。
で、巻き付けます。
※一部のモデルでは、逆に巻き付けるものもあるみたいですので、ご注意下さい。

と言う事で、今回は弦の巻き付け方(巻き始めの部分)について書いてみました。

知ってる人にとっては、当たり前過ぎる事かも知れませんが、基本って以外と忘れてたりって事もあるので、少しでも参考にして頂けたら嬉しいです(^_^)

今回は、以上です。
ご覧頂きましてありがとうございました!

ポップギターズでは、あなたのギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム

*少しでもたくさんの人に見て頂きたいので、この記事が良いなと思ったら、Facebook、TwitterなどのSNSで、是非、シェアして下さいね!

追伸:インスタグラムやってます。是非、フォローし合いましょー(^_^)

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*ボリュームポット、トーンポットの違い?

今回は、ボリュームやトーンに使われているポットついてです(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

ポットって「ボリューム」と「トーン」で使う種類が違ったりするんですか?

と、稀にご質問を頂きますので、今回はこのご質問について書いてみたいと思います。

結論から書きますと、「ボリューム」と「トーン」に使うポットの種類に違いはありません!
同じ種類のポットを使って頂いて問題ありません。

・・・とは言っても、ポットって抵抗値やカーブの違いなど、ややこしかったりしますので、ここでポットの違いについて書いてみたいと思います(^_^)

ギター(ベース)には、大きく分けて「250KΩ」と「500KΩ」の2つの抵抗値のポットが使われています。
ポットの抵抗値の違いの使い分けは・・・

「シングルコイル(出力の小さいピックアップ)」には「250KΩ」のポット
「ハムバッカー(出力の大きいピックアップ)」には「500KΩ」のポット

が使われる事が多いです。
※ポットの抵抗値には、ジャズマスターなどのギターに採用されている「1MΩ」のものもありますが、今回は割愛します。

ちなみに・・・

「250KΩ」のポットを「ハムバッカー(出力の大きいピックアップ)」に使うと「高音がこもった感じ」になったりします。
これは別にこもった音がお好きならそれで良いのですが、一般的にギター(ベース)の音は「抜けが良い」方が好まれる傾向にありますので「ハムバッカー」には「500KΩ」ポットの組み合わせが一般的なようですね。

逆に

「500KΩ」のポットを「シングルコイル」に使うと「ボリュームを少し絞るだけで急激に音量が変化してしまう」など、ボリュームのコントロールが難しくなったりします。
音質面では「高音がとがり気味になって、場合によっては少しイタイ感じ」の音になってしまうってのもあるのですが、それはおそらくそれほど問題に感じられないのではないかと思います。
そんな訳で「シングルコイル」には「250KΩ」ポットの組み合わせが一般的なんですねー。

と、ここまでが極々簡単な抵抗値の違いによる使い分けの解説です。

ポットには「抵抗値」だけでなく「カーブ」の違いってのもあるんです。

この「カーブ」にもいくつかの種類がありますが、ギター(ベース)で使われているものは「Aカーブ」と「Bカーブ」の2つの「カーブ」があります。

「カーブ」の違いは、抵抗値の違いに関わらずあります。

まず「Bカーブ」ですが、ポットの軸の変化と抵抗値の変化が均一なものです。
下の図をご覧下さい。

次に「Aカーブ」ですが、ボリュームの軸の変化と抵抗値の変化が一定ではないもので、軸の動かし初めは抵抗値があまり変化せず、動かし終わりに急激に変化するものです。
下の図をご覧下さい。

これらの図の様に「Aカーブ」と「Bカーブ」のポットは軸の動きと抵抗値の変化に違いがあります。
この図だけを見ますと

『「Bカーブ」のポットでええんちゃうん??(Bカーブのポットがあればいいんじゃないの??の意)』

と思うんですが、そう言う訳ではないみたいなんですねー。

と言うのも、「抵抗値の変化」と「音量の変化」は同じではないみたいで、実際に聞こえる音は図のイメージ通りではなかったりするんですねー。
非感覚的で分かりにくいですねー(^_^;

・・・だから、結局「Aカーブ」と「Bカーブ」は、どうやって使い分けるのか??って言うと・・・

実は、いくつかの相反する「説」がありまして、

・ボリュームには「Aカーブ」、トーンには「Bカーブ」を使う説

・ボリューム、トーン共に「Aカーブ」を使う説

って言うのもあります。

トーンに「Bカーブ」を使うと音質の変化が急激になるので使えない!と言う説もあれば、トーンには「Bカーブ」を使うって説もあります。

・・・そんな訳で、いくつかのパターンのようなものはありますが、絶対にこうだ!って言うのはないみたいです。

奥が深いのか!?何なのか分かりませんが、ルールがあってないのがギター(ベース)のパーツ選びの醍醐味なのかも知れませんねー。(と、無理矢理まとめるw)

ちなみに僕は、ボリューム、トーンともに「Aカーブ」を使っています。
さらにボリュームには「スムーステーパー処理」をして使っています。

ポップギターズの配線済みアッセンブリにも、もちろん組み込んでいますよー

配線済みアッセンブリのページはこちらです。
今月は、配線済みアッセンブリに返金保証付き!是非、この機会にお試し下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

ポップギターズでは、ギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。

ポップギターズはきっとあなたのお役に立ちますよ〜(^_^)

メンテナンス、リペア、配線カスタマイズなどのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
問い合わせフォーム

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*ボリュームがグラグラになってきたら・・・

今回は、友人Y田くんから受けた相談で、ポットやスイッチのメンテナンス(?)についてです(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

久々(約20年ぶり!)にギターの練習を再開したと言う友人Y田くんと話をしていたら

「ボリュームポットの(ノブの)ところが、グラグラになってたんやけ、どないしたらええのー?
一応、ギターの裏のフタを開けて見てみたんやけど、固定してるネジとかないし、直し方が分からへんねんけど。。どないしたらええのー?(ボリュームポットがグラグラなんだけど、どうやって直せばいいのか?の意)」

との事。

なるほど。
ボリュームポットの構造と言うか、ギターへの取り付け方を知らないと裏からポットをネジ止めしているというイメージなんだなーと新鮮な驚きを感じつつ・・・


↑ポットは、軸の周りのネジと固定用ナットで、ボディを挟み込む形で固定します。

友人Y田くんに、ポットの構造やどのように取り付けられているかを簡単に説明し、解決法をレクチャーした訳なんですが、この「ボリュームポットがグラグラになる」ってのは、ギター「あるある」やな!と思いまして、簡単なメンテナンス方法をシェアしたいと思います。

もしあなたのギターのボリュームがぐらぐらになって間もない場合(グラグラ初期)、被害が大きくなる前に・・・

1、まず、ボリュームポットのノブを外し(この際、ポットを必要以上に回してしまわない様に注意!

2、ポットの(ノブが付いていた)シャフトにある切り欠き部分にマイナスドライバーをあてて

3、ポット自体が回らない様にしながら、固定用のナットを締めていく

↑こんな感じです。

4、適度に締め付け完了したら、ノブを(取り付け位置に注意しながら)取り付ける

この4ステップでトラブルを回避しましょう!(ポットのシャフトに切り欠きの無いソリッドシャフトの場合は、残念ながらこの技は使えません。)

※しかし、ボリュームポットのシャフトは、そもそもポットを固定する為のものではなく、必要以上に力を加えると破損の恐れがあります。くれぐれもご注意下さい!

この4ステップメンテナンスですが、これはポットがグラグラになって間もない「グラグラ初期」に有効な方法です。

もしポットがグラグラになってしばらく使っていて、音が出ない状態になってしまった場合(グラグラ末期)、残念ながら内部の配線が切れてしまっている可能性が高いです。
その場合は、内部の配線リペアが必要ですので、リペアショップなどに相談してみて下さいねー。
もちろん当店でもリペア受付中です(^_^)

友人Y田くんは、この方法でうまくポットのグラグラ初期を乗り越えたようです。

そして、実はその時にもう一つY田くんが

「(トグル)スイッチを切り替えた時、たまに音が出ないときがあるんやけど、これも何か方法あるー?」

との事でしたので

「スイッチの形状にもよるけど、どっちにしても、接触不良が原因だと思うので、応急処置には接点にCRCなどを塗布するのが良い」

と言う話をしました。

でも、このトグルスイッチには、「接点が見えている(オープン)タイプ」と「接点が見えていない(クローズ)タイプ」があるんです。


↑接点が見えている(オープン)タイプ


↑接点が見えていない(クローズ)タイプ

接点が見えているタイプは、その接点部分にCRCを塗布すれば良いのですが、接点が見えていないタイプは、接点へのCRC塗布がちょっと難しい。。

そこで荒技ですが、クローズタイプのスイッチの場合、CRCに付属のノズルを使って、ノズルをスイッチの軸の根本部分に入れて「プシュッ!」とするしかない。。

↑こんな感じで「プシュ!」ってします。

しかし、この方法ですと不要な部分へもCRCしてしまうので、決してオススメではないのですが、必要最低限のスプレーでなんとか接触不良を解消するしかないっ!
で、これでもダメならスイッチの交換をご検討下さい。って感じです。

友人Y田くんのギターは、接点の見えていない(クローズ)タイプのスイッチだったそうですが、この応急処置で、接触不良は解消したそうです。

CRCをスイッチの軸の根本からぶち込むのは決して正式なメンテ方法ではないと思いますが、この荒技で少しでも正常に使える期間が延ばせれば、アリかも知れませんねー。

交換用スイッチはこちらのページで販売中!

てな感じで、今回は、ボリュームのグラグラとスイッチの接触不良の場合の荒技メンテについてでしたw

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

ポップギターズでは、ギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。

ポップギターズはきっとあなたのお役に立ちますよ〜(^_^)

メンテナンス、リペア、配線カスタマイズなどのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
問い合わせフォーム

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*2つのハムバッカーの接続を同時に切り替える・・・

今回は、このブログを見たお客さんからのご質問にお答えしたいと思います(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

「はじめまして、ちょっと教えて下さい。

2Hでパラレル配線にしたい場合、スイッチは2つ必要ですか?
3wayトグル,2H,1V1Tという構成で出来れば2Hを同時に並列にしたいのですが…
可能なら配線図も教えて貰えると嬉しいです 」

とご質問を頂きました。

結論から書きますと、2つのハムバッカーを1つのスイッチで同時に「シリーズ接続」から「パラレル接続」に切り替える改造は可能です!

「シリーズ接続」「パラレル接続」って何?って思われる方もいるかも知れませんので、少しだけ解説しますと・・・


理科の勉強で習った記憶があるかも知れませんが、上の図の様な回路の接続方法の違いの事なんです。
「シリーズ(直列)接続」と「パラレル(並列)接続」は、使っている部品(電球や電池の数)は同じですが、電池の繋ぎ方で特性が変わってくると言う訳なんですねー。

図の電池にあたる部分がギターで言うとピックアップのコイルになりまして、コイルの接続方法を6P ON-ONのミニトグルスイッチを使う事で切り替える事が出来る回路があるんです。(「*パラレル/シリーズ切り替えスイッチ*」のページ参照下さい

この切替えスイッチの回路を図で表しますと・・・

こんな感じになります。
この図の様に6P ON-ONのスイッチを使うと、2つのコイル(要するにハムバッカー1個)の切替えしか出来ませんので、ハムバッカー1個につき1つのスイッチが必要になります。
しかし、今回のご質問では同時に2つのハムバッカーの「シリーズ接続/パラレル接続」を切替えたいという事でしたので、6P ON-ONのミニトグルではなく、12P ON-ONのミニトグルを使います!
簡単に言いますと、12P ON-ONのスイッチは、6P ON-ONのスイッチが横にくっついた感じのものです。

実際のスイッチはこんな感じ・・・

ですので、先に紹介しました6P ON-ONのスイッチを使った「シリーズ接続/パラレル接続」切替え回路を横に並べる形で接続すればオッケーって訳なんです。
意外とシンプルでしょーw

今回、ご質問頂きました、まるさんのご希望のレイアウト(2ハムバッカー、1ボリューム、1トーン、3WAYトグルスイッチ)にこのスイッチを組み込みますと・・・

こんな感じになります。

このスイッチを組み込めば、通常のネックピックアップ、ブリッジピックアップ、それぞれのピックアップの組み合わせ、そして、シリーズ接続のパワフルサウンド、パラレル接続の軽快なサウンドも使えるようになりますので、かなり守備範囲の広いギターになりそうですねー(^_^)

と言う感じで、お客様からのご相談をシェアさせて頂きました。

あなたもギターのカスタムでこんなの出来るかなー?って疑問があればお気軽にご相談下さい!

いつでもお待ちしておりますよー(^_^)

最後まで読んで頂いてありがとうございました(^_^)

配線済みアッセンブリのページはコチラです。

ポップギターズでは、ギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。

ポップギターズはきっとあなたのお役に立ちますよ〜(^_^)

メンテナンス、リペア、配線カスタマイズなどのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
問い合わせフォーム

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

今回は、お客さんから頂いた問い合わせについてです(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

先日、ポップギターズの配線済みアッセンブリをご利用頂いているお客様(Yさん)から

「今回、自分でピックアップをよりハイゲインなものに交換したところ、ノイズが目立つようになりました。何か対策はないでしょうか?」

と言う旨のメールを頂きました。

(Yさんには、すでにお返事を差し上げておりますが、もしかすると同じ様なトラブルでお困りのあなたのお役にたてる内容かも知れませんのでシェアしたいと思いまーす。)

正直なところ、お伺いした範囲では確実な事は分からないのですが、頂いた情報から考えてみますと、二つほど原因になり得るポイントを思いつきました・・・

まず、一つ目


*「ピックアップをよりハイゲインなものに変えた」との事ですので、もしかするとピックアップの個性と言うか、特性によって、今まで拾わなかった音を拾ってしまって、ノイズが多く聞こえてしまっている。と言う可能性が考えられる。

この場合、ピックアップの素性だとしますと、ある程度仕方がないと言う事になります。
ですが、キャビティ内に導電塗料を塗ってノイズ処理を施せば、少し軽減されるかも知れません。

そして、二つ目


*「自分でピックアップを交換した」との事でしたので、もしかするとハンダの処理がうまくいっておらず、接触不良が原因でノイズが発生している可能性が考えられる。

実は、メールを頂いた時、これが原因である可能性が濃厚だと思ったんです。
と言うのも、個人で作業をされた場合、意外とハンダのアース側の接触不良でノイズが発生する事が多いんです。
で、その旨のお返事をしましたところ、「ハンダ部分のやり直しでかなりノイズがましになった」と連絡頂きました!
今回は、ハンダの不良だったみたいで、トラブル解消して良かった!(^_^)

ポットの背面などへのハンダ付けはポットの端子などと比べますと加熱が多めに必要になります。
加熱が足りないと、ハンダがうまくのらず、今回の様にノイズの原因になったり、最悪の場合は音が出ないと言う事にもなります。(音が出ない方が分かりやすかったりしますけどね。。)
逆に加熱しすぎるのも故障の原因になりますので、個人で作業を行う場合は、くれぐれもご注意下さいねー。

この辺りの判断は、経験が必要になってくる部分かも知れません。
ご心配な場合は、迷わずプロのリペアマンにご依頼下さいね。

もちろんポップギターズでも承りますよー(^_^)

是非、お気軽にご利用下さいw

あと、問い合わせの中にポットやスイッチの交換などで解消するでしょうか?とあったのですが、ポットやスイッチの不具合の場合、操作した時や触った時に「ぱちっ!」「がりっ!」などの瞬間的なノイズが出ると思います。
今回のような継続的なノイズの場合は、ポットやスイッチの可能性は(ないと言う訳ではありませんが)低いと思われます。

今回は、ここまでです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました(^_^)

ポップギターズでは、ギターのメンテナンス、調整、リペア/カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。

ポップギターズはきっとあなたのお役に立ちますよ〜(^_^)

メンテナンス、リペア、配線カスタマイズなどのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
問い合わせフォーム

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*TLのピックガードを変えてドレスアップ

今回は、テレキャスターのピックガードを変えて、ギターのムードを変えてみましたー(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

前回は、ピックガードを交換する際にネジ穴が合わない場合をご紹介しましたが、今回は、ネジ穴など互換性のあるものでスムーズに交換出来る場合をご紹介します。

今回、ピックガードを交換するのはこのテレキャスターです。

元々はホワイトの3プライのピックガード。
スタンダードな感じで悪くないのですが、気分を変えてゴージャスなパール柄に変えてみたいと思います。
どれくらい雰囲気が変わるか楽しみです(^_^)


↑これが新たに取り付けるピックガード『クリームパール』


当店で取り扱っているUSA Custom Pickguard製のテレキャスター用ピックガード『クリームパール』素材。
使い込んで色あせたような仕上がりがいい感じでしょー??
合わせてみるとこんな感じ。
これに交換したいと思います(^_^)b


テレキャスターのピックガード交換は、他のギターと比べても比較的簡単です。
今回は、ネジ穴が8穴のタイプですので上の写真の8カ所のネジを外すとピックガードが外せます。


今回ピックガードを交換するテレキャスターは、ネックピックアップが、ボディに直接取り付けられているタイプですので、ピックガードの取り付けネジを外すとピックガードが外せるのですが、ネックピックアップが、ピックガードに取り付けられているタイプもあります。


その場合は、上の写真の辺りにあるピックアップ取り付けネジも外して、ピックアップも新しいピックガードに取り替えます。


ピックガードを外した状態のテレキャスター。。
クリアーのピックガードにしたらこんな感じなんでしょうね。
これはこれでクールかもですね〜


では、新しいピックガードを取り付けます。
ネジ穴もばっちり同じなので、ネジ止めすれば交換完了!


クリームパール柄になってビザール感がアップしたと言うか、かっこ良くなりました!!

ピックガードは、お手軽にドレスアップ/グレードアップ出来るカスタムの第一歩。
お気に入りのギターに何かカスタムしたいなー。。ってお悩みのあなたにおすすめかも知れませんよー。

今回は、以上です。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ポップギターズでは、ギターのメンテナンス、調整、カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。

ポップギターズはきっとあなたのお役に立ちますよ〜(^_^)

カスタムピックガードのページはこちらです。

メンテナンス、リペア、配線カスタマイズなどのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
問い合わせフォーム

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*ピックガード交換時のネジ穴問題(後編)

今回は、前回に引き続きピックガードを交換する時のネジ穴の問題についてです(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

ピックガード交換はギターの雰囲気がガラッ!と変わるので、ギターのグレードアップ/ドレスアップとしておすすめのカスタムです!

しかし!

ピックガードは(と言うか、ギターは)モデルや作られた工場、製造年などで、微妙に、または大幅に形が違ってたりします・・・

もちろんピッタリ合った交換用のピックガードもあり、その場合は、交換もスムーズなんですが、ピッタリじゃーなかったら・・・
特にピックガード固定用のネジ穴の位置が違うとボディに取り付け穴を追加する作業が必要になります。

(今回は、ここから)

・・・って訳で、ピックガードを交換する時に元々のネジ穴と新しいピックガードのネジ穴の位置が違う!!って場合のネジ穴の埋木&再度穴あけについての続きなんですが・・・

前回は、下の画像の様に元々のネジ穴に埋木をして、接着剤が固まるのを待っている状態でした。

で、接着剤も固まりましたので、彫刻刀(のみでも可)を使って、埋木した材の出っ張りをカットします。


上の画像のようにボディの面と合わせて埋木をカットします。


こんな感じ。
埋木材をカットする時はボディを傷つけないように慎重に行います。


埋木が完了したら、実際にピックガードを合わせて、マスキングテープなどで固定して、ネジ穴の位置を印していきます。

上の写真は、ピックガード穴に合わせてキリで印をつけた状態。
同じ様に全てのネジ穴に印をつけます。

この後、ピックガードを一旦外し、ドリルなどで下穴を開けていきます。(写真撮るの忘れてました。。)


で、上の画像は下穴を開けた状態(面取り処理済み)。
下穴をあけて、そのままネジを締めていきますと、塗装が割れてしまう場合がありますので、面取り用のビットや少し大きめのドリルビットで、下穴の表面を軽く面取り処理しておきます。


同じ要領で全てのネジ穴を処理します。


全部の下穴処理が済んだら、新しいピックガードにピックアップ、ポットなどのパーツを取り付けまして・・・


ピックガードの穴に合わせて下穴をあけたので、上の画像のようにネジ穴はばっちりですね(^_^)


こっち側もこんな感じで、ばっちりです。
あとは、ネジ止めするのみ!


今回、ピックガード取り付けネジも新調しちゃいますw


で、ネジ止め完了!


弦を張って作業終了!
ネジも新しくなってピッカピッカです(^_^)嬉しーw

ピックガード交換前と交換後を比べてみますと・・・

ビフォー

アフター

ミントグリーンがいい感じにボディカラーとなじんでますね〜。
なんか存在感(高級感?)がアップしたと思いませんか??
すごく気に入りました(^_^)

ピックガード交換後、何となく手に取る機会が増えて、ストラトを良く弾く様になった今日この頃ですw

今回は、以上です。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ポップギターズでは、ギターのメンテナンス、調整、カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。

ポップギターズはきっとあなたのお役に立ちますよ〜(^_^)

メンテナンス、リペア、配線カスタマイズなどのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
問い合わせフォーム

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*ピックガード交換時のネジ穴問題(前編)

今回はピックガードを交換する時に遭遇するかも知れないネジ穴の問題についてです(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

ピックガード交換はギターの雰囲気がガラッ!と変わるので、ギターのグレードアップ/ドレスアップとしておすすめのカスタムです!

しかし!

ピックガードは(と言うか、ギターは)モデルや作られた工場、製造年などで、微妙に、または大幅に形が違ってたりします・・・

もちろんピッタリ合った交換用のピックガードもあり、その場合は、交換もスムーズなんですが、ピッタリじゃーなかったら・・・
特にピックガード固定用のネジ穴の位置が違うとボディに取り付け穴を追加する作業が必要になります。

今回は、そんな時のネジ穴の追加と元の穴の穴埋め処理について書いてみます。

*ピックガードを交換するのはこのストラトです。

このストラトのピックガード(現状はホワイト3プライ)を下の画像のミントグリーンのものに変えたいと思います。

ちなみにこのストラトのボディは、フェンダー製と言う事で(中古で)手に入れたのですが、付いていたパーツ類からトーカイ製だと判明したお気に入りのストラトですw


まずは元のピックガードを外します。
取り付けネジを外しまして・・・


ピックアップ、ポットやスイッチをピックガードから外すとピックガードが外せます。

そして、交換するピックガードをボディに合わせて、各ネジ穴の位置やネックやブリッジなど、各ポイントの対応具合を確認します。

今回は、そもそもネジ穴の位置が大きく違うのが分かっていたので、流用できる穴がいくつあるかの確認と言う感じで、現物と合わせてみました。


上の画像のようにピックガードのネジ穴とボディのネジ穴の位置がずれてますね。。


こちらは、そもそも穴がない!

結果、今回は、全てのネジ穴を一旦埋めて、新たに穴をあける事になりました(^_^;

そんな訳で、元のネジ穴を埋めていきます。

これがネジ穴を埋める為の丸棒材。
ホームセンターなどで手に入る丸棒材で穴を埋めていきます。


上の画像のように丸棒の先端を斜めに細く削りネジ穴にはめこんでいきます。


全部の穴に埋木しました。


丸棒に接着剤を付けてネジ穴に差し込みまして、接着剤が固まるまで待ちます。

そんな訳で、接着剤が固まるまで、お待ち下さ〜い(^_^)

今回は、ここまでです!

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ポップギターズでは、ギターのメンテナンス、調整、カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。

ポップギターズはきっとあなたのお役に立ちますよ〜(^_^)

メンテナンス、リペア、配線カスタマイズなどのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
問い合わせフォーム

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?

*ジャックのガリ/ノイズの応急処置

今回はエレキギターのジャックのガリ/ノイズについてです(^_^)

ギター・ベース用パーツのポップギターズはコチラです。
http://www.pop-guitars.com/shop/

エレキギターは、ある程度の期間使っているとボリュームやジャック、スイッチなどの電気部品が消耗したり、劣化したりして、アンプに繋いだ際にガリやノイズが出たりしますよね。。

このノイズは、ギターを大事に取り扱っていたとしても、よく使えば使うほど出やすくなってきちゃうんです。。

ボリュームやジャックなどの電気部品は、ガリ/ノイズなどの症状がでた場合、根本的な解決方法としては「交換」が基本なんですが、症状が軽い場合は応急処置で「しばらく」乗り切れたりします。※あくまでも応急ですので悪しからず。

ガリ/ノイズと言えば、結構気になるのが「ジャック」部分。
ここの具合が悪いとギターを動かすだけで、アンプから「ばりっ!」「ぼふっ!」などのびっくりするノイズが発生します。(これはスピーカーに良くないノイズらしいですよー)

このノイズの原因のほとんどは、ジャックとシールドのプラグの接触不良だと考えられます。

ちなみに、ジャック取り付けネジが緩んでしまっている場合は、しっかり締めておいて下さいね。
緩んだまま使ってると断線して、めんどうな事になってしまいますのでー

このジャック部の接触不良の発生箇所は、たいていの場合、ジャックとプラグのコールド側の接触部だと思われます。
もちろんホット側の接触不良の可能性もありますので、今回は両方に処置してみますねー。


上の画像に処置部分を記しておりますので、ご確認下さい。

ホット側は端子の先端部分、コールド側はネジの内側と言うか筒の部分です。

まずはジャックの接触部を目視して極端にサビていないか、見るからに接触部が歪んでいないかなど確認し、問題がなさそうなら処置に入ります。
当然ですが、目で見て明らかに傷んでいる場合は、交換した方が良いと思いますので(^_^;


処置の準備としまして、画像の様に綿棒にCRCをしみ込ませます。
この綿棒でジャックのコールド側接触部(及びホット側端子部)にCRCを塗布し、綿棒の反対側(要するにCRCをしみ込ませていない側)で軽く吹き上げると言う訳です。


ギターのジャックプレートのネジを外し、CRCを塗布しやすくし・・・


ジャックのコールド側接触部分にCRCをしみ込ませた綿棒で全面にCRCを塗布し、綿棒の反対側で拭き上げます。


ホット側接触部分にも綿棒でCRCを塗布、その後、綿棒の反対側で拭き上げます。

この時に、シールドのプラグにも同じ様にCRCを塗布すると効果倍増ですね。

肝心のプラグがピンボケになってしまいましたね。。


ホット部、コールド部共にCRCを塗布&吹き上げします。

最初にも書きましたが、バリ/ノイズが出る原因は、コールド側の接触部のサビや汚れの場合が多いので、ここは重点的にコスコスっと処置しましょう↓↓↓

今回は、CRCでジャック部の接点復活の処置を行ってみましたが、最初に書きました様にあくまでも応急処置なので、またノイズがすぐに復活したり、症状が改善しないって場合は、ジャックを交換しましょうねー。

SwitchCraft製ジャックは、コチラで販売中!

今回は、以上です!

最後まで読んで頂いてありがとうございました(^_^)

ポップギターズでは、ギターのメンテナンス、調整、カスタマイズなどなど承ります!
ご相談はお気軽にどうぞ。

ポップギターズはきっとあなたのお役に立ちますよ〜(^_^)

メンテナンス、リペア、配線カスタマイズなどのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
問い合わせフォーム

あなたが知りたいギターリペアに関する情報はなんですか?